ビジネスローン

横浜銀行のビジネスローンは審査が厳しい?ビジネスローンの利用方法を解説!

ビジネスローン

事業の成長には資金調達が必要不可欠。

先立つものにはお金が必要であり、事業を続けていくうえでお金をいかに調達するかということが経営課題としてあげられます。

そこで、迅速な資金調達に便利なのがビジネスローン。

横浜銀行のビジネスローンでは個人事業主向けのビジネスローンや法人向けのビジネスローンが充実しています。横浜銀行をはじめとするビジネスローンを有効活用し、ビジネスの成長に役立ててください!

なお、ビジネスローンの選び方については別記事で解説していますのでそちらをご一読ください。

また、簡単査定ができるファクタリング業者「資金調達.com」もおすすめ!

「資金調達.com」は、最短即日・スピード資金調達が可能です。また、全国どこでもOKで、最大1億円の資金調達が可能となっています。

ビジネスローンで事業資金を調達!

ビジネスローン

事業用のお金を借りるのに便利なのがビジネスローン。

ビジネスローンは事業用の資金を借りることの出来るローンのこと。銀行融資よりもスピーディーな資金調達が可能です。

ビジネスローンとは

ビジネスローンとは、事業の用途に限ったローンのこと。

一般的なフリーローンは、生活費の用途など自由に使えるものが多いことに対して、ビジネスローンは事業の用途のみに使うことができると制限されています。

事業を進めていくうえで、資金調達は必要不可欠。

事業資金には、運転資金と呼ばれる継続的に支払うお金と、設備投資資金というまとまって支払うお金の2種類に大別されます。

事業資金の種類

  • 運転資金(ランニングコスト)
  • 設備投資資金(イニシャルコスト)

運転資金を調達

運転資金とは、毎月の仕入れ費用や従業員への給与支払いなど、継続的に支払いが生じる費用のこと。ランニングコストともいいます。

運転資金の支払いは事業の信用力にも直結します。例えば、従業員へ給料を支払うことができない経営者は、従業員からの信頼も失って事業も立ち行かなくなってしまうでしょう。

運転資金は短い資金サイクルで支払う必要があり、必ずしも売上金から捻出できる時ばかりではありません。

運転資金を支払うために、ビジネスローンなどの手段で資金調達をすることが求められるのです。

設備投資資金を調達

設備投資資金とは、事業の初期段階や事業の転換期などにまとまって支払うお金のこと。イニシャルコストともいいます。

設備投資には資産性があり、すなわち1度投資した設備には継続的に利益を生み出す効果があり、設備投資をした分だけ利益の向上が期待できるのです。

設備投資は新たな事業をはじめるにあたって利益を獲得するための原動力ともいえます。

積極的に設備投資を行うためにも、ビジネスローンなどの手段で資金調達が求められるでしょう。

キャッシュフローの管理

ビジネスローン

事業を進めるうえで、キャッシュフローの管理が必要です。

キャッシュフローとは、キャッシュすなわち現金を管理することで事業の動きを管理する経営手法のこと。

事業の継続にはお金が必要。継続的な取引には支払いが必要であり、取引先や従業員への支払いが滞ってしまうと事業者としての信用を失ってしまいます。

キャッシュを常に管理しておくことで、絶え間ない事業の継続を実現可能。キャッシュの調達に便利なのが資金調達です。

ビジネスローンの活用によって継続的な事業の管理に役立つことは間違いありません。

黒字倒産の回避

キャッシュフローを管理することで、黒字倒産を避けることが出来ます。

黒字倒産は、事業利益が出ているのにキャッシュが足りなくて倒産してしまう現象のこと。

帳簿上は利益が出ているのに、手持ちの資金が足りなくて取引先への支払いや借金の返済が滞ってしまうことで、事業継続に必要な物資の調達が出来ず、倒産してしまいます。

黒字倒産とならないために、計画的な資金の運用が必要であり、ビジネスローンなどの手法を活用して黒字倒産を避ける必要があります。

横浜銀行のビジネスローンを活用しよう

横浜銀行

神奈川県近郊にお住まいの方は、横浜銀行のビジネスローンを活用しましょう。

横浜銀行は神奈川県を中心に地域経済に根差した地方銀行。地方銀行ならではのサービスで、事業者の経営を効率的にサポートしてくれます。

横浜銀行とは

横浜銀行は神奈川県および東京都町田市に拠点を置く地方銀行。コンコルディア・フィナンシャルグループの一員で、東日本銀行と経営を提携しています。

「地方銀行の雄」とも言われており、長年地方銀行の総資産高で全国トップに位置しています。

地方銀行の雄

横浜銀行は神奈川県の横浜市・川崎市を始めとする日本有数の経済圏に地盤を置き、地方銀行の中でも有数の存在です。

地方銀行では地域の経済に根差したサービスに特徴があり、都市銀行とは違ったサービスを提供しています。

横浜銀行のビジネスローン

横浜銀行は融資だけでなく、カードローンやビジネスローンといった商品を展開。

特に、ビジネスローンでは最短1週間で融資可能など、銀行系でありながらスピーディーな借り入れが可能です。

個人事業主におすすめの横浜銀行ビジネスフリーローン

横浜銀行のビジネスフリーローンは個人事業主向けのビジネスローン。

最大500万円、金利は4.8%からとお得に利用できます。

担保・保証人不要であり、最短1週間で利用可能。審査結果は最短翌日で答えが出るので、迅速な借り入れが可能です。

横浜銀行ビジネスフリーローンの申し込みはこちら

金利 4.8%~
担保 不要
保証人 不要
借り入れ限度額 500万円
用途 事業資金

スピーディーな借り入れ!

横浜銀行のビジネスフリーローンはスピーディーな借り入れが可能!

最短1週間程度での融資実行、審査結果の連絡は最短翌日からと、迅速に手続きを進めることができます。

申し込みの流れ

申し込みはWebかFAXで。必要書類をご持参のうえ、窓口でのご契約となります。

申し込みの流れ

申し込み(Web or FAX)⇒審査結果の連絡⇒ローンの契約!

※審査結果の連絡は最短翌日!

面倒な手続き不要!

横浜銀行のビジネスフリーローンは面倒な手続き不要。

担保・保証人不要、所得確認資料などの提出が不要で手続きを進めることが出来ます。

複数のローンをまとめる

他社のローンをまとめて1つのローンにすることが可能。

他社からの借り入れがある場合、返済の管理や返済の負担を軽減できます。

例えば、A社から10万円、B社から20万円の借り入れがある場合は横浜銀行のビジネスフリーローンにまとめることで返済が楽になります。

複数の会社から借り入れがある場合、返済のスケジュール管理が大変です。効率的な返済管理を進めていきましょう。

事業用なら使い道自由

横浜のビジネスフリーローンは事業用のローン。

事業用なら使い道自由で利用可能です。従業員への支払いなどのランニングコスト、設備投資などのまとまった資金の調達に役立ちます。

クラウド会計提携スーパービジネスローン

freee

クラウド会計ソフト「freee」と提携した便利なビジネスローン。

freee利用者専用のビジネスローン。通常のビジネスローンから0.25%の金利差し引きがあり、お得にローンを利用できます。

クラウド会計提携スーパービジネスローン

クラウド会計ソフト「freee」とはクラウドで利用できる会計ソフトのこと。

日々の経理処理を自動化できるため、個人事業主の大きな味方となる存在です。

銀行口座やクレジットカードとAPI連携することにより、経理の取引入力を自動化することができます。

また、入力したデータを元に確定申告の手続きを簡略化。Web上で確定申告を簡略することが出来るので、忙しい事業者の味方となるでしょう。

個人事業主にとって経理処理は頭を悩ませる面倒な事務処理かもしれません。freeeを利用すれば、日々の経理処理や確定申告の書類などを大幅に簡略することが出来ます。

freee利用者ならではの特典

freee利用者なら、ローンの申し込みを簡略化することが出来ます。

freeeに入力している経理データや個人情報などの情報を元に手続きが進められるため、面倒な書類手続きをカット可能。

あた、freee利用者なら金利0.25%の差し引きあり。お得にビジネスローンを活用できます。

中小企業向け(法人向け)のビジネスファストローン

横浜銀行 ビジネスローン

横浜銀行の「ビジネスファストローン」は中小企業法人向けのビジネスローン。

融資限度額最大1,000万円、中小企業のビジネスチャンスをスピーディーに支援します。

横浜銀行のビジネスファストローン

ビジネスファストローン

ビジネスファストローンは中小企業法人向けのビジネスローン。

無担保で利用可能、最大1,000万円まで利用可能で、スピーディーな融資を実現できるでしょう。融資期間は最長5年間で、無理のない返済スケジュールを組むことが可能です。

中小企業のビジネスチャンスを応援します。

ビジネスファストローンの商品概要

金利 2.75%~
担保 無担保
融資期間 最長5年
保証人 必要に応じて代表の方
借り入れ限度額 1,000万円
用途 事業資金

利用対象者

  1. 業歴2年以上かつ直近2年以上の確定申告をしていること
  2. 神奈川県あるいは東京都町田市に本店が所在すること
  3. 利用している金融機関への延滞や未納がないこと
  4. 金融保険業、不動産業、パチンコホール、バー・クラブのいずれでもないこと
  5. オリックス株式会社の保証を受けられること

必要書類

申し込みに必要な書類は、直近2期分の決算書類および資金使途確認書類です。

審査においては、事業者の事業状態などを考慮したうえで利用申し込みを判断します。当然のことですが、虚偽のないように正確な内容を申告しましょう。

申し込みに必要な書類

  • 直近2期分の決算書類
  • 資金使途確認資料

銀行向けビジネスローンの特徴

ビジネスローン

ビジネスローンには大きく分けて「銀行系」「信販系」「消費者金融系」の3つに分類。

ビジネスローンは利用しやすいサービスですが、銀行系のビジネスローンは比較的審査が厳格である一方で金利が低めに設定されているという特徴があります。

また、銀行融資との違いについては借りやすさが魅力であること。

銀行融資と銀行のビジネスローンは同じ銀行が提供する融資であるものの、ビジネスローンの方が借り入れスケジュールに余裕があり、便利に活用することができます。

一方で、銀行融資と比べると銀行のビジネスローンは少し金利が高い傾向にあります。資金の調達スケジュールや、資金の調達額などを考慮しながら臨機応変に金融サービスを選んでください。

ビジネスローンは借りやすい

銀行系のビジネスローンは消費者金融系などと比べると、即日融資が難しく審査に時間がかかります。

しかし銀行融資と銀行系ビジネスローンと比較すると、その借りやすさが際立ちます。銀行融資では一般的に厳格な審査が必要であり、事業計画書の提出など融資の準備にも時間がかかります。

一方で、ビジネスローンの場合には無担保・無保証で提出書類も簡便的であることが多いので、借りやすい金融サービスなのです。

ビジネスローンの金利

ビジネスローンの金利は「消費者金融系」よりも低い傾向にあります。

銀行系ならではの厳格な審査が行われるので、低金利を実現。また、ビジネスローンの性質から即日融資とはいかないものの迅速な借り入れが可能です。

金利とは

金利とは、お金を払う際に金融機関に支払う手数料のこと。

金利はお金を借りた期間に応じて増えていきます。1ヶ月お金を借りるよりも2ヶ月お金を借りるほうが金利負担は大きくなります。

金融機関へ支払う金利はサービスごとに異なります。即日融資など便利なサービスほど金利が高くなる傾向にあります。

金利負担を少なくするためには金利の低い金融サービスを選択する必要があるのです。

ビジネスローンを有効活用して事業を成長させよう!

ビジネスローン

ビジネスローンの活用方法を見ていきました。

事業を継続させるためには、継続的に資金を切らさないことが重要。

また、新たな事業のチャンスを拡大するためには設備投資のために積極的に資金調達を行うことが必要です。

そんな時に企業の資金調達に際して大きな味方となるのがビジネスローン。ビジネスローンではリーズナブルな条件で資金を調達することが可能です。

横浜銀行では個人事業主向け、法人向けのビジネスローンが充実。

横浜銀行は神奈川県を中心に地域に根差した地方銀行であり、カードローンをはじめビジネスローンの利用が可能です。

横浜銀行のビジネスローンにおいては、無担保・無保証、なおかつ最短1週間で借り入れできます。事業の迅速な資金調達に役立つ存在といえるでしょう。

地方銀行は地域で活躍する個人事業主や中小企業を積極的に応援する存在。都市銀行には無い地域密着の金融サービスを利用することができます。

横浜銀行のビジネスローンを活用して、事業の資金調達に役立ててください。

-ビジネスローン
-,

© 2021 President Note Powered by AFFINGER5