ビジネスローン

三井住友銀行のビジネスセレクトローンとは?審査に通る方法を解説!

ビジネスローン

事業の運営に欠かせないものがお金。先立つものにはお金が必要であり、事業の運営に必要なものには全てお金が関わってきます。

お金を揃えることが出来る事業が継続への絶対的条件となるのです。

そこで事業運営に必要なお金を工面するのに役立つのがビジネスローン。この記事では、ビジネスローンの特徴や使い方、審査に通る方法について解説していきます。

ビジネスローンの中でも特におすすめなのが、三井住友銀行の「ビジネスセレクトローン」です。

ビジネスセレクトローンでは最大1億円まで融資可能、スピード対応で中小企業者を徹底的にサポートします。

三井住友銀行のビジネスセレクトローンで資金調達

また、簡単査定ができるファクタリング業者「資金調達.com」もおすすめ!

「資金調達.com」は、最短即日・スピード資金調達が可能です。また、全国どこでもOKで、最大1億円の資金調達が可能となっています。

ビジネスローンで事業資金を調達!

ビジネスローン

ビジネスローンで事業資金を調達することは、事業をうまく回すために一つの手段となります。緊急で資金が必要となる場合、事業資金を適切に調達するために重宝するのです。

まずは、ビジネスローンの特徴について見ていきましょう。

ビジネスローンとは

ビジネスローンとは、事業(ビジネス)の用途に限ったローンのこと。

ビジネスローンの役割とは、主に運転資金の調達、設備投資資金の調達という役割があります。

ビジネスローンの役割

  • 運転資金の調達
  • 設備投資資金の調達

運転資金の調達

運転資金とは、事業を継続的に運営するために必要な資金のこと。ランニングコストともいいます。

運転資金の内容としては、仕入れ先への支払い、従業員への給与支払い、水道光熱費などの支払いなどが挙げられます。

これらの費用は事業を継続させるために必要な支出であり、これを滞ってしまうと事業者としての信用を失ってしまいかねません。

運転資金は即時的な支払いを求められることも多いため、すぐにお金を借りることのできるビジネスローンは重宝するでしょう。

設備投資資金の調達

ビジネスローン

設備投資資金とは、事業を運営するために必要な設備を整える資金のこと。イニシャルコストともいいます。

設備投資は1度購入すれば長期的に使えるものであり、資産性のある投資です。

設備の取得にはある程度まとまった資金が必要になるため、ビジネスローンなどの手段で資金調達することが求められます。

事業の初期段階をはじめ、事業を拡大する場面においても積極的な設備投資が必要になるでしょう。

ビジネスローンにおいては、まとまった資金を調達するほど低金利でお金を借りやすくなる傾向があります。

利益を生み出すビジネスモデルを創り上げることが出来れば、有利な条件でお金を借りることができるでしょう。

キャッシュフローの改善

ビジネスローンにはキャッシュフローを改善する役割もあります。

キャッシュフローとは、事業の運用をキャッシュすなわち現金の動きで管理する経営手法のこと。

事業にとってお金の存在は生命線といえるもの。事業を存続させるためには、仕入れ先や従業員に必要なお金を払う必要があります。

払うべきお金を払えないような経営状況になってしまうと、事業としての信頼も失ってしまいます。

事業にとって生命線であるお金がなくなってしまうとゲームオーバー。

事業を継続させるために、お金を切らさないようなキャッシュフローの管理は必要になってくるのです。

なお、ビジネスローンの選び方については別記事で解説していますのでそちらをご一読ください。

三井住友銀行のビジネスセレクトローンでお金を借りよう!

ビジネスローンでおすすめなのが、三井住友銀行の「ビジネスセレクトローン」。

ビジネスセレクトローンでは、中小企業向けのビジネスローンを実施。最大1億円まで融資可能と大きな設備投資を実現可能になります。

ビジネスローンならではのスピード感も魅力でありながら、低金利を実現。借りやすいビジネスローンは中小企業経営者の大きな味方になってくれるでしょう。

三井住友銀行のビジネスセレクトローンで資金調達

三井住友銀行のビジネスセレクトローンの特徴

ビジネスセレクトローンの特徴は、最大1億円までワイドな融資が可能であること。

また、低限金利が2.125%〜と、銀行融資と遜色ない条件で融資を受けることが可能です。

ビジネスセレクトローンの特徴

  • 最大1億円までワイドな融資
  • 低限金利が低い

最大1億円まで融資可能

ビジネスセレクトローンは最大1億円までと、ワイド融資を実現。

通常のビジネスローンは数百万円から1,000万円という条件のサービスが多い中で、1億円まで融資が可能という条件は他社のサービスと比べても圧倒的な条件です。

低限金利が低い

ビジネスセレクトローンは低限2.125%~という条件で利用可能。

通常のビジネスローンの低限金利は3%~という条件が多く、2%台から利用できるのは魅力です。

金利が低ければ、それだけ資金調達を抑えることが出来ます。特に多額の借り入れをする場合、その分だけ金利を負担しなければなりません。金利が低いサービスを選ぶことは、事業の運営においてもプラスにはたらくでしょう。

メガバンク系のサービス

ビジネスローン

三井住友銀行はメガバンクの一角であり、メガバンクならではのノウハウを活かした金融サービスを展開しています。

ビジネスセレクトローンは通常の銀行融資と比べても近い条件で利用することが出来るため、メガバンク系ならではの好条件でお金を借りることが出来ます。

一方で、審査には厳格な手続きが必要とされるため、一般的なビジネスローンと比べると少し敷居が高いサービスといえるかもしれません。

今すぐにお金が欲しい、という方には難しいサービスですが、長期的な資金運用を考えるときに検討したいビジネスローンです。

無担保・無保証

ビジネスセレクトローンは好条件の融資ですが、無担保・無保証で利用可能。

さらに、担保を設定することによって最大3億円まで利用限度を拡げることが出来ます。

来店が必要

ビジネスセレクトローンは厳格な審査が必要になるため、Web申し込み完結というわけにはいきません。

利用の申し込みには来店が必要であり、窓口で直接手続きを行う必要があります。

三井住友銀行ビジネスセレクトローンの商品概要

三井住友銀行ビジネスセレクトローンの商品概要は以下の通りになります。

担保は不要で利用することが出来ますが、担保を設定すれば3億円まで融資を受けることが可能です。

ビジネスローンでありながら、銀行融資と同等の好条件で利用することが出来るサービスです。

金利 2.125%~
借り入れ期間 最長7年
担保 不要
保証人 第三者保証不要
借り入れ限度額 1億円

利用条件

ビジネスセレクトローンでは以下のような利用条件が設定されています。

申し込みに関しては所定の審査が必要であり、審査に通過した場合にビジネスローンを利用することができます。

ビジネスセレクトローンの利用条件

  1. 業歴2年以上であること
  2. 三井住友銀行の取り扱い窓口が可能な地域であること
  3. 最新決算において債務超過でないこと
  4. 税金の未納がないこと

銀行融資かビジネスローンか

ビジネスローン

ビジネスローンとよく似た資金調達の手法として、銀行融資があります。

銀行融資とは、事業者が銀行に直接融資を申し込む方法。一方で、ビジネスローンは金融機関が取り扱う金融商品の一種であり、この2つは似て非なるものといえます。

一般的にビジネスローンは銀行融資も審査基準が甘く、借りやすい傾向にあります。

その一方で、ビジネスローンは銀行融資よりも金利が高めに設定されている傾向にあります。

融資のスピードを重視したいならビジネスローン、金利の低さを重視したいなら銀行融資という具合に、用途に応じて両者を使い分けるのがいいでしょう。

借りやすさの違い

ビジネスローンは銀行融資よりも審査のスピードが速く、借りやすい資金調達手段であるといえます。

通常、銀行融資でお金を借りるには1週間から1ヶ月ほど審査の期間を要します。

一方で、ビジネスローンを利用する場合には5日〜1週間ほどで審査が終わり、お金を借りられるようになります。

また銀行融資よりもビジネスローンの方が、審査に通りやすい傾向にあります。

銀行融資よりも気軽に、スピーディーに資金調達を行えるのがビジネスローンの特徴です。

金利の違い

ビジネスローン

ビジネスローンは銀行融資よりも金利が高い傾向にあります。

お金を借りやすい反面で金利が高めに設定されているのです。

金利とは?

金利とは、お金を借りる際の手数料のようなもの。

ビジネスローンなどの金融商品の場合、金利は借りた時間に応じて設定されます。

例えば、年利15.0%のビジネスローンがある場合、1ヶ月あたりの金利は1.25%。1ヶ月で10万円を借りると1,250円の金利手数料がかかる計算になります。

金利は借りやすさとトレードオフ

金利と借りやすさはトレードオフ関係にあるといえます。

すなわち、借りやすい金融サービスほど金利が高く設定される傾向にあり、厳密な審査が必要な金融サービスは金利が低く設定される傾向にあります。

金利手数料はお金を貸してくれる金融機関に支払うサービス料のようなもの。

借りやすい金融サービスには、それだけ高い金利手数料を支払う必要があるのです。

融資限度額

一般的に、ビジネスローンは銀行融資よりも融資限度額が低めに設定されています。

ビジネスローンでは銀行融資と比べると審査が簡易的に進められる傾向にあります。そのため、融資の限度額も低めとなっているのです。

ビジネスローンで利用するべき点は、すぐにでもお金を借りたいといったことがメインです。

多額のお金を低金利で調達したい、という時にはビジネスローンと合わせて銀行融資の利用も検討してみてください。

ビジネスローンの審査に通るには?

ビジネスローン

ビジネスローンを利用するには所定の審査を受けなければなりません。

審査の内容としては、お金を返す体力があるか、お金を返す計画に妥当性はあるかといったことを確認します。

財務力を上げる

ビジネスローンの審査に通りやすくするには、財務力を上げることが重要。

財務力とは、企業が持つ資本の厚さを表すもの。

財務力が高いほど、借金の返済能力に優れるとされるため、審査に通るには財務力を上げることが重要です。

株式会社などの場合には、資本金を注入して財務諸表上の資本金の数値を上げることが重要です。

貸し倒れリスクの軽減

貸し手である金融機関にとって、貸した相手が倒産するなどの理由で貸したお金が返ってこないこと、つまり貸し倒れるリスクのことを貸し倒れリスクといいます。

多くの金融機関では、お金を貸すか貸さないかの判断は「貸し倒れリスクがあるかどうか」ということを判断材料とします。

貸し倒れリスクが高い企業、すなわち財務力が不安定な企業には融資の審査は通りづらくなるでしょう。

裏を返せば、財務力を高めて貸し倒れリスクを軽減することで、お金を借りやすくなるということもできるのです。

事業計画を立てる

お金を借りる際には綿密な資金調達の事業計画が必要。

将来どのように事業を拡大して伸ばしていくか、あるいは借りたお金をどのようにして返済していけるかといった点が事業計画の重要ポイントになります。

通常、ビジネスローンの申し込みにあたって事業計画書の提出は必須ではありませんが、事業計画を作成することは事業運用の指針にもなります。

適切な資金計画をするべく、事業計画を見直してみましょう。

事業の成長性

ビジネスローンなどで資金調達をする際は事業の成長性を示す必要があります。

事業の運営には安定した収入が必要不可欠。安定した収入を生み出すためには、収益性の高い事業を育てなければなりません。

借りたお金をどのように運用して、どのように収益化に結びつけていくかという見通しが必要です。

単に目先の支払いのために資金調達をするのではなく、将来的に事業をどう成長させていくかというビジョンを持つことで経営者に求められるでしょう。

返済計画

借りたお金は必ず返済する必要があります。借りたお金をどう使うかだけではなく、どう返すかという計画が重要です。

設備投資をする場合は、どの程度の時間を要して収益化するのか、無理のない返済にはどの程度の額を返済していけばいいかを具体的に示す必要があるのです。

ビジネスローンを有効活用して事業を進めよう!

ビジネスローン

ビジネスローンの特徴やビジネスローンの使い方を見ていきました。

事業を運営していくうえで大きな課題になるのがお金の問題です。

ビジネスローンを有効活用することによって、迅速な資金調達が可能になり、事業運営の効率が増していくでしょう。

ビジネスローンでおすすめなのが、三井住友銀行のビジネスセレクトローン。低金利で最大1億円というワイドな融資を受けることができます。また、低金利で銀行融資と遜色ない条件で利用することが可能です。

事業を運営していくには、資金調達が絶対に必要。

ビジネスローンを選ぶときは、低金利で多額の融資を受けるサービスを検討してみてください。

三井住友銀行のビジネスセレクトローンで資金調達

-ビジネスローン
-,

© 2021 President Note Powered by AFFINGER5