資金調達

中小企業が資金調達をするには?資金調達に使えるサービスを紹介

オフィス

最短即日で資金調達|おすすめファクタリング会社3選

  1. 株式会社ウィット|個人事業主でも利用可能、完全非対面で利用OK
  2. いーばんく|最短で即日の入金が可能、審査通過率90%超
  3. ファクタリングZERO|福岡~大阪の西日本に特化、保証人不要

即日現金化したいなら、簡単査定ができるファクタリング業者「資金調達.com」がおすすめ!
「資金調達.com」は、最短即日・スピード資金調達が強み。全国どこでもOKで、最大1億円の資金調達が可能となっています。

 

中小企業の資金調達

オフィス

企業の経営には資金調達が必要です。適切な資金調達が事業を動かし、事業利益を生み出す活力となるのです。

本項では、中小企業が資金調達をする時の観点から、資金調達をする目的やおすすめのサービスを紹介していきます。適切に資金調達を行い、事業を成功に導いていきましょう。

資金調達をする理由

事業を進めていくには資金が必要になります。事業の運営やサービスの提供することには設備投資が必要であり、設備投資の費用を賄うためには相応の資金準備が必要になるからです。

事業の運営においてはキャッシュフローの考え方が有用です。キャッシュフローとは、事業の運営に必要な資金の出入りを管理する目的で資金管理をしていくことを表します。設備投資や従業員への支払いなど、資金の流出が伴うことをキャッシュアウトといいます。一方で、事業が収益をあげて売上金など資金の流入が伴うことをキャッシュインといいます。

キャッシュフロー計算を長期的に考えると、事業の初期段階が多くなります。初期段階では事業が収益化せずに、キャッシュアウトが多くなり財務的な赤字を伴うことになります。適切に資金調達を行うことにより、事業の初期段階でのキャッシュを確保するのです。キャッシュインとキャッシュアウトの時期的なズレを補正するために資金調達を行うのです。

キャッシュフローで赤字を生まないためには、長期的に事業を運営する観点が必要です。

 

資金調達の種類や方法を知りたい?資金調達のサービスまとめはこちら!

中小企業の資金調達方法

オフィス

資金調達をするにはどのような手段があるでしょうか。

資金を調達する方法としては、自己資本を増やす方法と負債を引き受けて資金を増やす方法の2通りがあります。また、補助金や助成金を活用して事業資金にする方法もあります。それぞれについて、具体的に見ていきましょう。

自己資本を増やす

株式の発行により自己資本を増やすことで資金を調達する手法をエクイティ・ファイナンス(Equity Finance)といいます。エクイティとは資本を表す意味であり、文字通り資本金を増やすことで財務体制を厚くすることが可能です。

自己資本とは借金と違い、企業が返済をする義務が伴うものではありません。しかし、投資家が経営権を持つことに注意する必要があるでしょう。

株式を発行する

資金調達

エクイティファイナンスの代表的な例は株式の発行です。株式会社の場合、株式を発行することで投資家などから資本の流入を図ります。資本を増加することで、有事の際に対応できる資本力が増えるため、投資家や債権者からの信頼が厚くなるという効果があります。

一方で、エクイティファイナンスのデメリットとしては、経営に口を出される可能性があることです。資本金を投入し、株主となった投資家は会社の経営権を保有することになります。株主は事業利益を出すことを最優先と考えるため、時として経営層と対立することもあるでしょう。また、株主へ配当金を支払う必要があるなど、資金面での負担が生じることにも注意しなければなりません。

スタートアップ期のベンチャー企業に積極的に投資をするベンチャーキャピタルという存在も注目されています。ベンチャーキャピタルとは、主にベンチャー企業などを対象にハイリスクハイリターンな投資を実行する投資家です。ハイリスクな投資を行う反面、事業で大きな成果を求められるなど経営面にも大きく関与されます。

ベンチャーキャピタルに限らず、株式を発行した相手から株式を買い戻すことは容易ではありません。エクイティファイナンスによって資金調達をする際は、経営面での関与される点に注意する必要があるでしょう。

手持ちの資産を現金化する

資金調達

建物や土地など、手持ちの資産を担保に現金を調達する手法をアセットファイナンスといいます。

アセットファイナンスの例としては、不動産を担保とした融資などが挙げられます。アセットファイナンスでは即時に現金資産に換えられるため、固定資産を流動資産として扱うことが可能です。固定資産を担保としているため、融資を受けられる可能性が高くなるでしょう。

ファクタリングといったサービスもアセットファイナンスの一例です。ファクタリングでは、売掛金という債権を担保に現金を調達できるサービスです。将来的に現金資産に換えられるものを現金化するため、資産の流動性が高くなります。

アセットファイナンスで注意する点としては、サービスを利用することにより手数料がかかることです。それでも、銀行などの融資に比べると資産の担保があるため、手数料率は低い傾向があります。安いものでは手数料率が1.0%や2.0%で現金化できるため、おすすめのサービスです。

融資を受ける

負債

負債を引き受けて、利子を払って融資を受けることで資金を調達する手法をデット・ファイナンス(Debt Finance)といいます。デットとは負債を表すもの。負債を引き受けるかたちになるので、利子の支払いが発生しますが、経営権は守られます。

融資を受けるためには一定の審査を通過する必要があり、金融機関などに融資の正当性を理解してもらう必要があります。

金融機関から融資を受ける

融資により資金調達をするには銀行が代表例として挙げられるでしょう。

銀行は資金調達を欲している企業に融資を行うことで事業の成長を促し、経済の健全な発展を促す役割を担っています。資金調達をする企業にとって、銀行は味方であり、適切な事業資金を調達することが可能です。

金融機関から融資を受けるには所定の審査が必要であり、審査を受けるために事業の成長性を示す必要があります。また、資金調達の用途についても確認されるため、事業についての深い理解が必要となるでしょう。

政府から融資を受ける

資金調達

日本政策金融公庫などの政策金融機関は中小企業に積極的に融資を行っています。

政策金融機関は、公益性の高い企業や中小企業などに融資を行うことで、地域経済の活性化を促す機関です。民間の金融機関では融資が難しいような案件であっても、事業の成長力を示すことで融資を受けることが可能です。

補助金・助成金

補助金や助成金政策的な観点から給付されるお金です。中小企業を支援する目的で補助金や助成金を出すという公共性があり、中小企業の資金調達には補助金や助成金の情報について入念に確認しましょう。

負債とは違い、返す必要がないお金であるため、ゆとりを持った資金繰りが可能になります。一方で、国の税金から出資されるため、厳密な審査をされることに注意。審査には時間がかかることが多いため、スピーディーな資金繰りという観点では注意する必要があるでしょう。

補助金や助成金は地元の財団などから拠出されます。給付を受けられる補助金や助成金があるかどうか、ホームページなどで適宜確認を行っていきましょう。

 

資金調達には自社に合った融資プランや投資家が必要。資金調達のおすすめマッチングをまとめています。

中小企業がお金を借りるときの注意点

ローン

企業の運営にはスピーディーな資金調達が必要です。資金調達を手早く行うためには、銀行などの金融機関などから融資を受けるのが一般的でしょう。

中小企業は大企業と比べると資本力が高くなく、一般的に審査を通ることが難しいとされています。しかし、中小企業やスタートアップ期の企業だからこその強みもあり、融資を受ける際にはそういった強みを活かして資金調達の必要性を訴えることが効果的です。

中小企業がお金を借りるときにはどのようなことに注意すればいいでしょうか。審査を受ける際に重要になることを具体的に見ていきましょう。

自己資本を増やす

返済のための元手となる自己資本を増やすことで審査が通りやすくなります。

自己資本を増やすためには、株主資本を増やす手段や投資家から投資を募るという方法があります。

自己資本とは、返済力を示すものです。資本が厚いほど企業の返済能力が高いと見られるため、融資の審査を受ける際には資本力の厚さが重視されるのです。

資本力の厚さを測る指標としては、自己資本比率が挙げられます。自己資本比率とは、総資産(負債+純資産)のうち資本金がどれぐらいの割合を占めるかを表した指標です。例えば、総資産が1,000万円で資本金が400万円という企業の場合、自己資本比率は400万円÷1,000万円=40%になります。

自己資本比率の相場は業種によって異なりますが、概ね10%~40%ぐらいあることが望ましいとされています。有事の際に返済能力を表す自己資本比率が高いほど、融資を受けやすい企業といえるのです。

資金繰り計画を立てる

契約

融資を受けるには、適切な資金繰りの管理が求められます。何故資金を調達する必要があるのか、調達した資金は何に使うのか、融資の必要性をストーリー立てて納得性のあるものにする必要があるでしょう。

お金を貸す側としては、用途が分からない事業にお金を出すことは避けたいものです。資金を調達する目的についてしっかりと理解することが適切な融資を受けることに繋がるでしょう。

お金を借りるときは、借りる側が正当性を理解する必要があります。漫然とお金を借りるのではなく、お金の使い道や返済する目途が立つことを綿密に計画立てて、ビジネスの成長に導く意思が重要になるでしょう。

事業の成長性を示す

融資を受けるために重要なのが、借りたお金をきちんと返すことができるかどうかです。

事業の運営により稼げるビジネスに成長することで、借りたお金を返済する力が備わります。融資をすることで事業が成長する確固とした理由を示すのです。

事業の成長性を示すには、事業者自身が事業の特性や強み、市場における差別化ができているかを明確に理解する必要があります。自分の事業の成長性を見通せていないと、融資の担当者にも資金繰りの必要性は伝わらないでしょう。

自身のビジネスを深く理解することが資金繰りの正当性、ひいては事業の成長に繋がるのです。

資金調達に便利なサービスを紹介

ローン

中小企業が資金調達を行っていくにはどのようなサービスがあるでしょうか。

資金調達をするにあたって有用になるサービスを何点か紹介していきます。

ファクタリング

ウィット

ファクタリングとは、売掛金などの債権を担保に資金調達を行うことです。

企業間の商取引は一般的に掛取引で行われるため、売上金が現金化されるまで一定のタイムラグが生じます。一般的に、サービスの提供をしてから入金するまでに1ヶ月から3ヶ月という期間を所要します。タイムリーな資金繰りが必要な企業にとっては、その期間の資金繰りが致命傷になることもあるのです。

ウィット」では中小企業など小口のファクタリングを中心にしたファクタリングを提供しています。その特徴は迅速でかつスピード感のある対応であり、オンライン上で簡単に利用することが可能です。迅速な資金調達が必要な中小企業の味方となる存在でしょう。

ビジネスローン

ジャパンネット銀行

中小企業向けのビジネスローンで資金を調達するという方法もあります。

ビジネスローンは迅速な事業資金を実現するために役立つものです。

「ジャパンネット銀行」のビジネスローンでは、インターネット上のみで完結できるビジネスローンの申し込みが可能です。借入れ限度額内であれば、オンラインシステム上でいつでも融資を受けることができるため、スピード感のある資金繰りが求められる中小企業にとって大きな味方であるといえるでしょう。

クラウドファンディング

クラウドファンディングで資金を調達するという企業が増えています。

クラウドファンディングとは、インターネット等を経由して不特定多数の出資者から資金を募る資金調達方法です。

出資者は事業の将来性や成長性に期待して出資を行い、事業の成長と見返りに対価として商品のサービスを得ることができます。出資による支援が目的であるため、企業の成長を持って出資の見返りとします。

融資性のあるクラウドファンディングという形態も注目されており、様々な方法で資金調達が可能です。

資金調達を行って事業を成長させよう

資金調達

中小企業が資金調達を行う必要性や手段について見ていきました。

資金調達は事業を運営するにあたって重要な考え方です。事業を運用するにあたっては、適切な資金繰りが必要になります。しかし、事業には想定し得ないトラブルがつきものであり、イレギュラーな事象に対応するための資金繰りが求められるのです。

中小企業が資金調達を行う方法としては、銀行から融資を受ける方法が挙げられます。また、ファクタリングなどのサービスを利用することにより、手持ちの資産を即座に現金化することができます。

様々な手法を用いることを考慮に入れながら、適切な資金繰りを行って事業を成長させていきましょう。

おすすめのファクタリング会社TOP3

  1. 株式会社ウィット|個人事業主でも利用可能、完全非対面で利用OK
  2. いーばんく|最短で即日の入金が可能、審査通過率90%超
  3. ファクタリングZERO|福岡~大阪の西日本に特化、保証人不要

-資金調達
-, , , , , ,

© 2021 President Note Powered by AFFINGER5