ビジネスローン

プロミスのビジネスローンの審査は甘い?厳しい?審査の通り方を解説!

ビジネスローン

事業の運営にはお金が必要不可欠です。そこでおすすめなのが、ビジネスローンを借りる際におすすめなのがプロミスのビジネスローン。

この記事では、ビジネスローンの仕組みや審査に通るための方法について解説していきます。

プロミスは、即日融資やWeb完結で申し込みができるビジネスローンです。

ビジネスローンを有効活用し、事業の運営に役立ててください。

なお、ビジネスローンの選び方については別記事で解説していますのでそちらをご一読ください。

また、簡単査定ができるファクタリング業者「資金調達.com」もおすすめ!

「資金調達.com」は、最短即日・スピード資金調達が可能です。また、全国どこでもOKで、最大1億円の資金調達が可能となっています。

プロミスのビジネスローンで資金調達!

プロミス

事業を運営していくにはお金は欠かせません。

材料の仕入れ費用、機会設備の購入費用、従業員への給料支払いなど、事業を動かすには様々なものにお金を支払う必要があるのです。

適切なタイミングで必要なお金を工面するには資金調達が必要。プロミスのビジネスローンでは圧倒的な借りやすさで事業の資金調達に活用できます。

ビジネスローンとは

ビジネスローンとは、事業性の用途のため借りるローンのこと。

個人でお金を借りる際は、用途が自由なフリーローンというものがあります。しかし、ビジネスローンは事業者が事業の用途にのみ使うことができるローンです。

ビジネスローンの用途としては主に設備投資、運転資金の2通りがあります。

設備投資

事業の運営にはまとまった設備が必要。

例えば、店舗を運営する場合に不動産の取得費用、工場を運営する場合に機械設備の取得費用など、事業の初期段階にまとまったお金が必要になります。

自分で初期費用を捻出出来ればいいですが、多くの場合はお金を借りるなどの方法で資金調達をしなければなりません。

こういった初期費用のことを「イニシャルコスト」と呼び、ビジネスローンを活用すれば、まとまったイニシャルコストを調達することが可能です。

運転資金

運転資金とは、事業を継続させるために必要なお金のこと。

例えば、仕入れ先への支払いや従業員の支払い、光熱費の支払いなど、継続的に支払いが生じるお金です。

こういった継続的な支出が出来ない状態だと、事業者としては支払い能力が無い者であるとして信用を失ってしまいます。

信用を失ってしまうと、事業者として物資や人材の調達ができなくなり、事業は立ち行かなくなってしまうでしょう。

継続的に支払う必要がある運転資金のことを「ランニングコスト」と呼びます。

キャッシュフローの改善

ビジネスローン

事業の運営にはキャッシュフローの管理が必要。

キャッシュフローとは、事業の動きをキャッシュ、すなわち現金の動きによって管理することです。

通常、ビジネスが利益を獲得するためには売上など収益をあげる必要があります。しかし、収益を出すためには先んじて設備投資や仕入れ費用の支払いなどが必要で、これらの支出は売上収入より先に支払うことがほとんどです。

すなわち、事業においては「先にお金を払って、後からお金が入ってくる」状態になります。

払うべきお金が底を使わないようにするために有効なのがキャッシュフローの管理であり、キャッシュフローを改善するためにビジネスローンなどの方法で資金調達を行うことが有効です。

プロミスのビジネスローンの特徴

プロミス

ビジネスローンでおすすめなのがプロミス。

プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスの消費者金融サービスを展開。「パッと!ピッと!プロミス!」のフレーズの通り、全国的に利用者の多いサービスです。

消費者金融系のプロミス

ビジネスローンには「銀行系ビジネスローン」「信販系ビジネスローン」「消費者金融系ビジネスローン」の3区分があります。

プロミスは「消費者系金融ビジネスローン」の括りであり、銀行系の運営でないことから「ノンバンク系」の金融機関であるともされます。

ノンバンク系の金融機関は、金利が高めに設定されています。

貸金業法による規制

ノンバンク系の金融機関は「貸金業法」という法律によって融資を行うことを義務付けられています。

貸金業法とは、お金を借りる消費者を守るための法律のこと。

内容としては、お金の貸しすぎの規制(総量規制)、金利の上限設定などがあります。

総量規制とは、年収の3分1以上を貸し付けてはいけないという決まりごと。無理な融資で返済が困難になることがないように定められたルールです。

参考:https://alphardic.com/media/promise-examination/

ビジネスローンは総量規制の対象外

貸金業法による総量規制の対象になるのは、個人利用者の場合です。

ビジネスローンの名目でお金を借りる場合は、総量規制の対象外となる場合があるため、年収の3分1以上のお金を借りることができます。

審査が速い!

プロミスの特長は審査の速さにあります。

通常、金融機関でお金を借りるときは審査を受けるために一定の期間が必要です。1週間から半月程度待たされる場合も多く、借りたいときにお金を借りることが難しいという場合もあるでしょう。

プロミスでは独自の審査システムを有しており、申し込みから最短即日で融資を受けることが可能です。

申し込みはWeb完結で簡単に可能。必要な本人確認書類を用意すれば、申込を完了することができます。

万が一に備えられる!

ビジネスローン

事業を進めていくうえで、急な出費が必要になるというケースは珍しくありません。

事前の審査に通過していれば、必要なときに必要な額だけ借り入れられるプロミスのビジネスローンは、万が一のときの備えとして準備しておきたいサービスです。

30日間利息ゼロ!

プロミスは初めてのご利用なら最初の30日間利息ゼロで利用可能。

通常、お金を借りるためには利息がかかります。利息とはお金を借りるための金利手数料のことで、借りた日数に応じてかかる利息が計算されます。

例えば、年利18.0%で30万円を借りるという場合、1ヶ月あたり4,500円という利息が必要です。

プロミスなら初めてご利用の方に限り、利息が不要です。プロミスの便利なサービスを体感してみてはいかがでしょうか。

自営者カードローン

プロミス

プロミスの自営者カードローンは個人事業主向けのビジネスローン。

自営者向けのビジネスローンですが、事業費のみならず生活費としての用途にも活用できます。

利用限度額の範囲で出し入れ自由!

プロミスの自営者カードローンは、利用限度額内であればいつでも借り入れ可能。全国のプロミスATMや提携先のATMを利用すれば、欲しいときに出し入れできます。

急な出費にも対応できるため、万が一のときの備えとして重宝するでしょう。

商品概要

プロミスの自営者カードローンの商品概要は以下の通りです。

ビジネスローンであるものの、事業費だけでなくプライベートな費用としてもご利用いただけます。

金利 6.3%~17.8%
借り入れ期間 6年9か月
担保 不要
保証人 不要
借り入れ限度額 300万円
用途 事業費および生活費

個人事業主がビジネスローンを利用する方法

ビジネスローン

株式会社などの法人だけでなく、個人事業主もビジネスローンを利用できます。

個人事業主とは、個人として事業を営む人のこと。近年ではフリーランスと呼ばれる働き方も注目されており、個人事業主の存在が社会的に大きな注目を集めています。

個人事業主がビジネスローンを利用するためには、開業届を出す、確定申告を出すことで有利にお金を借りることが可能です。

開業届を出す

ビジネスローンを利用する時には公的な書類があると有利になります。

個人事業主が用意するべき書類として挙げられるのが、開業届。開業届とは、税務署宛に事業者として開業したことを申告するための書類。

開業届があると、事業者としての情報を証明でき、事業としてお金を借りる際の証明書類として大いに役立つものです。

開業届自体は税務署で簡単に作成出来るものであり、必要があればWeb上で手続きを完結することも可能です。開業届を提出していると、お金を借りやすくなる他にも税務面で優遇されるなど様々なメリットがあります。

ビジネスローンの利用をご検討の個人事業主の場合は、まず開業届を提出してみましょう。

確定申告をする

事業者として確定申告をすると決算書類を作成することになります。

決算書類とは、事業の成績を証明する書類。1年の中でどれだけの利益を出すことができたかという実績を証明する書類です。

金融機関で書類の手続きを進めるうえでは、様々な公的書類が必要になります。確定申告をすることで決算書類を準備しておくと、公的な証明に役立つことが多いでしょう。

青色申告

青色申告とは、日々の会計取引を確実に帳簿に記して確定申告を行うこと。

青色申告は実務上手間がかかるものの、確実に決算書類を残すことが可能です。また「青色申告特別控除」を受けることが出来るなど、税制面でも優遇されるというメリットがあります。

ご自身の事業成績を確認する意味でも、青色申告でしっかりと帳簿を管理しておくことをおすすめします。

プロミスの審査に通る方法!

ビジネスローン

ビジネスローンには審査が必要。

法律により、金融機関がお金を貸す際は必ず審査をしなければならないと義務付けられているのです。

審査に通るコツ

審査に通るにはどのようなことに注意すればいいでしょうか?

ビジネスローンの審査に通るうえで気を付けたいのが2点、財務状況を改善することと事業計画を作成することです。

ビジネスローンの審査で注意する点

  • 財務状況の改善
  • 事業計画の正当性

財務状況を改善する

審査に通るには財務状況を改善することが必要。財務力が高いことは、返済能力が高いとされて審査も通りやすくなります。

逆に、財務力が高くないと貸し倒れのリスクがあると懸念され、審査が通りづらくなってしまうでしょう。特に、債務超過の状態になっていると、審査が通りづらくなってしまいます。

事業計画を作成する

お金を借りるには計画性が必要。

やみくもにお金を借りるのではなく、正当な理由で、正当な返済計画を立ててお金を返していくことが求められるのです。

借りたお金をどのように使っていくのか、返済計画はどのように立てていくのか、しっかりと計画立てていくことで事業計画に正当性が生まれます。

自身の事業をどのように運営していくのか計画する意味でも、正当な事業計画の作成に努めましょう。

信用情報をチェック

審査は過去に金融トラブル(クレジットカードの滞納など)、他社からの借入状況などの信用情報に基づいて行われます。

各個人の信用情報については、金融機関だけではなく一般の利用者も閲覧することができます。

ご自身の信用状況が気になる方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

信用情報機関で信用情報を確認することができます。

»https://www.jicc.co.jp/

複数の金融機関からお金を借りない

お金を借りすぎてしまうと、審査が通りづらくなってしまいます。

信用情報機関には他社からの借り入れ状況も登録されます。計画立てて借り入れを行いましょう。

プロミスの審査の流れ

ビジネスローン

プロミスの審査は以下のようなフローで行われます。

申し込みはWeb上で完結可能、来店不要でビジネスローン利用の申し込みを行えるので、今すぐにお金が欲しいという利用者にとって便利なサービスといえます。

プロミスのビジネスローン申し込みの流れ

申し込み

審査

融資実行

申し込み

プロミスのビジネスローンはWeb上で申し込み可能。

来店不要で利用することが出来るため、来店の時間が取りにくいといった事業者の方にとっても使いやすいサービスです。

本人確認書類については、郵送のほかにWeb上で電子ファイルを送ることでも手続きが進みます。

審査

所定の審査に基づいてビジネスローンの利用可否が判断されます。

ご本人の資産状況や、事業の状況に合わせた審査が進められていきます。

融資実行(最短即日!)

審査が終わったら融資実行!

プロミスでは審査が終わり次第、最短即日でローンの利用が可能です。プロミスのATMや提携先の銀行ATMなどから24時間いつでもお金を引き出すことができます。

プロミスのビジネスローンを活用しよう!

ビジネスローン

プロミスのビジネスローンについて見ていきました。

ビジネスにおいて資金調達は必要不可欠。資金調達をサポートしてくれるのがビジネスローンです。

中でもプロミスのビジネスローンは来店不要、Web申し込み完結で即日融資可能など、今すぐにでも事業資金が欲しいという事業者にとって大きな味方といえる存在でしょう。

プロミスのビジネスローンを有効活用し、事業の成長に役立ててください。

プロミスの自営者カードローンを利用する

-ビジネスローン
-,

© 2021 President Note Powered by AFFINGER5