ビジネスローン 資金調達

【2021最新】ジャパンネット銀行(現:PayPay銀行)のビジネスローンを徹底解説!借り方や審査のポイントを調査

ローン

ジャパンネット銀行(現:PayPay銀行)のビジネスローンを利用したいと考えているけど、どんな特徴があるのかイマイチよくわからない。

資金調達をするにあたって、上記のような悩みをお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。資金調達の悩みを抱える方に向けて、本記事ではジャパンネット銀行のビジネスローンを徹底解説します!

併せて、資金の借り方や審査のポイントも解説します。資金調達にお困りの方はぜひお役に立ててくださいね。

他のビジネスローンと比較してみたい方は、おすすめのビジネスローン14選をご覧ください。


利用限度額の範囲内でなら、何度でも繰り返し借入れ可能!来店・担保・保証人不要で借りやすい!
返済は月々1万円~10万円から始められるビジネスローン!

ジャパンネット銀行(現:PayPay銀行)のビジネスローン詳細はコチラ

2021年4月更新
※本記事にある「ジャパンネット銀行」は2021年4月5日に「PayPay銀行」へ社名変更致しました
本記事では、そのまま「ジャパンネット銀行」として記載表現をさせていただきます

また、簡単査定ができるファクタリング業者「資金調達.com」もおすすめ!
「資金調達.com」は、最短即日・スピード資金調達が強み。全国どこでもOKで、最大1億円の資金調達が可能となっています。

資金調達.com

 

資金調達とは

資金調達とは

事業の運営には資金調達が必要です。事業を運営するにあたっては、一般的に事業の初期段階で大きなお金が必要になります。これは、事業を運営するにあたって、どの分野の事業においても初期段階での設備投資をするためです。

本項では、個人事業主が資金調達をする必要性について解説していきます。併せて個人事業主におすすめの資金調達におすすめの方法やサービス等を紹介していきます。適切に資金調達を行い、事業の運営を進めていきましょう。

資金調達をする理由

事業を始めるにあたってはある程度の資金調達が必要です。個人事業主は特に開始資金が必要であり、あらゆる方法を使って資金調達をすることになります。

ビジネスを中長期的な観点で捉えた場合、総合的にキャッシュフロー計算書のバランスがとれていなければなりません。しかし、融資は毎月返済を行わないといけないため、資金の調達は月単位で行う必要があります。

中長期的なバランスを行うために、短期間の資金の融通を行うのが資金調達の役割となるのです。

資金調達の注意点

資金調達をする際は2点注意する必要があります。

1つは、必ずしも資金を調達できるというわけではないということです。お金を貸す側からすると、お金を貸したのに貸したお金が返ってこないリスクがあり、これを貸し倒れと言います。

もう1つは、負債というかたちで資金調達した場合、利子を含めて返済する必要があることです。お金を借りた期間の分だけ、リスクの対価として利子を払う必要があります。また、指定した期日までに返済することができなければ、信用状況に傷がついてしまいます。

資金調達の方法

資金調達の方法

個人事業主が資金調達をするにはどのような手段があるでしょうか。

資金を調達するには、大まかに分けて利子を伴って借入れを行う方法と、資本の流入を伴って資金を増やす方法があります。

金融機関から借り入れる

資金調達を行うための手法としては、負債として金融機関から借り入れる方法があります。負債(Debt)として資金調達する手法をデットファイナンスと呼び、借入れに伴って利子の支払いが発生することが特徴です。

お金を借りることが金融機関の代表例は銀行です。銀行では資金調達を行う事業者に融資を行うという役割があります。事業をするために資金を欲する事業者は借り手となり、調達した資金を事業運営に充ててビジネスを成長させるのです。

投資を募る

投資を募る

株主資本(Equity)の発行で資金調達をすることをエクイティファイナンスといいます。

株式会社が株主を募り、資金の調達を行います。資本金とした払い込まれた資金は負債ではなく自己資本となるため、返済の必要はありません。資本金を手厚くすると、資金調達ができるだけでなく財務体制が強固になり、企業としての信用が増すという効果があります。

資産を現金化する

手持ちの資産(Asset)を現金化することにより資産化する方法をアセットファイナンスといいます。

代表的な例がファクタリングです。ファクタリングでは、売掛金などの債権を即時に現金化することで資金調達を行います。通常現金化するまでに時間のかかる資産を現金化するサービスでタイムリーな資金繰りが可能になるのです。

銀行融資は審査落ちばかり?ノンバンクのビジネスローンを検討するならこちらもご覧ください!

ジャパンネット銀行(現:PayPay銀行)のビジネスローン

ジャパンネット銀行のビジネスローン

個人事業主が資金調達を行う際に便利なのがビジネスローン

ビジネスローンとは、個人事業主などが事業を運営するために借入れを行うローンのことです。ビジネスローンは様々な種類があり、個人事業主が気軽に資金調達を行える手段として人気があります。

一般的に、ビジネスローンは銀行などで融資を行う時に比べると金利が高く設定されています。しかし、その分迅速な資金調達が可能であり、すぐにでも資金調達が必要という個人事業主にとって大きな味方ですね。

今回おすすめするのがジャパンネット銀行のビジネスローンです。

ジャパンネット銀行で資金調達

ジャパンネット銀行で資金調達

ジャパンネット銀行は大手のネット銀行のパイオニア的存在であり、オンライン上で完結する様々な金融サービスを展開しています。

ネット銀行ならではのサービスが充実しており、利便性の高いサービスが魅力です。

ジャパンネット銀行のサービスでは個人事業主向けのビジネスローンを利用することができます。

ジャパンネット銀行の特徴は気軽に利用できることです。オンライン完結で融資の申し込みが可能で、来店不要で資金調達をすることが可能。

ジャパンネット銀行のビジネスローン詳細はコチラ

気軽に利用できる

ジャパンネット銀行では申し込みやすい、借りやすいビジネスローンを利用できます。融資の枠としては10万円から500万円までの申し込みが可能です。

本人確認書は郵送、あるいはアップロードで認証されるため来店不要で資金調達が可能です。確定申告書や財務諸表、事業計画書の提出もオンラインで行うため、全ての手続きが来店不要で進められます。

単なる金融サービスだけでなく、様々な観点から個人事業主の事業をサポートしてくれる金融サービスを提供しているのがジャパンネット銀行の特徴です。

借りやすく、返しやすい

ローン

ジャパンネット銀行は借りやすく、返済しやすいことも魅力です。

一定の限度額内であれば、オンラインシステムを利用していつでも融資をすることができます。これもネット銀行ならではの特徴といえるでしょう。

ビジネスにはスピード感のある資金調達が必要不可欠です。例えば、事業を運営するにあたっては予測できない出費が発生することがあります。

必要なときに必要なだけ借入れを行えるジャパンネットのビジネスローンは、迅速な資金調達が必要な個人事業主の大きな味方ですね。

ジャパンネット銀行ビジネスローンの使い方

ジャパンネット銀行のビジネスローンの使い方

ジャパンネット銀行のビジネスローンの使い方を詳しく見ていきましょう。

ネットで申し込み

ジャパンネット銀行は来店不要で、ネットで申し込み事項を記入するだけで融資を受けることができます。

申し込みをするには、ジャパンネット銀行のホームページで必要事項を記入することで融資の手続きが進められます。

本人確認証(マイナンバーカード、健康保険証、運転免許証)の提出を郵送あるいはアップロードで行うことにより、本人確認を行います。

また、ビジネスローンを利用する際には専用のビジネスアカウントが必要です。ビジネスアカウントを作成することで、様々なサービスを並行して受けられるようになるので、積極的に活用していきましょう。

融資の審査

融資を受けるには所定の審査を受ける必要があります。

一般に、ビジネスローンは銀行などの融資に比べると金利が高く設定されています。その分、迅速な資金調達が可能になるため、審査のスピードもスムーズに行われるのが特徴です。

審査を通過するためには、資金繰りの正当性や財務の健全性で返済能力があることを示す必要があります。借りたお金をしっかりと返済できることを証明することが審査を通過する際に求められるでしょう。

借入れや返済のシミュレーションができる

借入や返済のシミュレーション

金利や借入額を入力することで返済のシミュレーションができます。

利用する予定の借入額や金利によって返済のシミュレーションが可能です。シミュレーションをすることによって、どのように資金繰りをしていけばいいかを計画立てることができます。

事業運営においては資金繰りの計画は欠かせません。いくらお金を借りるべきか、どのようにお金を返していくかシミュレーションをすることにより資金面で計画性のある事業の運営が可能になるのです。

自動融資

申し込み時に自動融資を設定することにより、残高が不足していた場合に自動で借り入れが行われ、不足した残高の補充をすることが可能です。

自動融資とは、口座から引き落とし時に残高が不足している場合に自動的に不足額を借り入れることで資金の補充を行うことです。資金繰りの調整が追い付かない時も自動で借り入れることができるため、安心のサービスとなっています。

資金調達サービスを活用してビジネスを成功させよう

資金調達の活用

個人事業主は資本力の面で銀行から融資を受けることが難しいケースもあります。そうした場合に、ビジネスローンの活用が効果的です。

ビジネスローンでは、タイムリーな資金調達が可能になるため、今すぐに資金調達が必要な個人事業主の心強い味方になるでしょう。

ジャパンネット銀行などのビジネスローンなど、個人事業主の強い味方を活用しながら事業を効率的に運営していきましょう。

ジャパンネット銀行
利用限度額の範囲内でなら、何度でも繰り返し借入れ可能!来店・担保・保証人不要で借りやすい!
返済は月々1万円~10万円から始められるビジネスローン!

ジャパンネット銀行のビジネスローン詳細はコチラ

-ビジネスローン, 資金調達
-, , , ,

© 2021 President Note Powered by AFFINGER5