ビジネスアイデア

フランチャイズ開業に人気の業種5選を紹介!フランチャイズ開業で気を付けるべき点とは?

フランチャイズとは

スーパー

フランチャイズとは、親企業となる本部がお店の看板やノウハウなどを加盟店に提供して店舗経営をするビジネススタイルです。お店の看板などを提供する本部を「フランチャイザー」と呼び、加盟店を「フランチャイジー」と呼びます。

フランチャイズの仕組み

フランチャイズ経営においては、加盟店は本部にロイヤリティーとしてブランドの使用料を払います。支払ったロイヤリティーの対価として、本部のブランドや経営ノウハウなどの経営資源を活かして店舗を経営することができる、というのがフランチャイズ経営の仕組みです。

加盟店としては、本部のブランドで集客が可能で本部の仕入れルートを活用できるため、少ない費用で高い利益の効果を期待できます。

本部としては、加盟店から本部に支払われるロイヤリティーで収益をあげることが可能です。ロイヤリティーを獲得したことで更なるサービス向上のために投資を行い、加盟店の収益改善に役立てます。

このように、フランチャイズ本部が提供した経営資源を活用して加盟店は店舗運営を行い、加盟店からフランチャイズ本部へ支払われたロイヤリティーを元に更なる経営改善が行わるという具合です。このような収益の循環により、フランチャイズ制は収益を産出しています。

直営店との違い

フランチャイズ店と似たものとして、直営店という経営形態があります。直営店とは、本部が直接出資して経営する店舗。直営店では本部の人間が経営することになるため、本部の統制が効きやすいことが特徴です。

フランチャイズ店との違いは、直営店が本部が運営するのに対して、フランチャイズ店は加盟者が運営するため、間接的な運営になるという点。どちらの運営形態でもメリットとデメリットがありますが、フランチャイズ店では店舗展開がしやすいという点が本部としては大きなメリット。

フランチャイズのメリットとデメリット

飲食店

フランチャイズによる店舗経営においては、フランチャイズ本部の経営資源を利用できる一方で、利用するにあたっての注意点にも留意しなければなりません。

フランチャイズ経営で開業をする際におけるメリットとデメリットについて、それぞれ詳しく見ていきましょう。

フランチャイズのメリット

加盟店にとって、フランチャイズ経営のメリットは低リスクで開業できるということ。店を開く際には多額の開業資金が必要になることがありますが、フランチャイズ経営ではそうしたリスクを軽減することが可能。

ブランド力を利用できる

コンビニ

フランチャイズ経営ではブランド力を活かしたネーミングバリュー集客を期待しやすくなるというメリットがあります。多くの人が知っている店というのは、それだけ利用者を呼び込めるのです。本部のマニュアルを導入していることにより、標準化されたサービスを提供できるというのは利用する顧客にとっても安心を与えるものでしょう。

顧客にとって、同じサービスを利用するのであれば、標準化されたサービスを期待できるブランド力のあるサービスを選ぶというケースが多いです。このように、フランチャイズ経営においてはブランド力を利用した集客が可能になります。

開業資金の調達がしやすい

打合せ

店舗を開業する時にネックになるのが開業資金。開業するには加盟金や設備投資など多額の資金が必要。開業するための資金は自己資本で賄えることが理想ですが、それだけの資金を自分で調達できないという場合も多いでしょう。

開業するのに足りない資金は、銀行などの金融機関等から融資、あるいは支援を受けることになります。フランチャイズで開業する場合、融資に必要なサポートを本部がしてくれる場合があります。設備投資の面でも、本部の設備を利用することにより調達コストを抑えられるでしょう。

人材育成という面でも、本部のノウハウに即したマニュアル教育を行えるため、従業員の教育をしやすいというメリットも。

このように、開業をする際にネックとなる開業資金の調達がしやすいというのがフランチャイズ経営のメリットといえるでしょう。

フランチャイズのデメリット

買い物

フランチャイズ経営にはメリットがある一方で、デメリットも考慮しましょう。フランチャイズ経営においては、マニュアルに従わなければならないことから生じる自由度の低さや、本部にロイヤリティーを支払う必要がある点などが経営に大きく影響。

本部の経営資源を利用するには、こうした制約についても事前に認識しておく必要があるでしょう。

自由度が制限される

フランチャイズ経営ではマニュアルが標準化されているため、店舗ごとに裁量が認められるケースが少ないことがデメリット。例えば、人手不足等の事由により24時間営業が難しい場合に、本部が24時間営業を義務としているのであれば24時間営業をしなくてはなりません

本部の経営ノウハウを活用できるというのは、店舗経営の経験がない人には有用。しかし、自由度が制限されるという意味では店舗経営の足枷となる場合もあるのです。

加盟店手数料(ロイヤリティー)を払う必要がある

お金を払う

フランチャイズ経営では、加盟手数料としてロイヤリティーを本部に支払う必要があります。ロイヤリティーはそれぞれのお店の契約内容にも左右されます営業利益の何割かを本部へ支払う契約、あるいは毎月決まった額を支払うという契約が一般的です。

ロイヤリティーは本部のブランド力や経営ノウハウを利用するための必要経費ともいえますが、店の経営状況によってはロイヤリティーを支払うことが難しいというケースも。フランチャイズ制度で開業を考えている方は、ロイヤリティーを支払う必要があるという点に留意してください。

フランチャイズの中にはロイヤリティーを支払わなくてもいいというケースも。そのような場合ではロイヤリティーの代わりに仕入れコストが高いなど、十分なサポートが受けられない場合があります。ロイヤリティーの分については十分に契約内容を確認したうえで開業の準備をしてください。

 

フランチャイズの始め方を知りたい方はこちらもご覧ください!

ランチャイズ開業に人気の業種は?選び方について解説

バナナ

フランチャイズ開業にはどのような業種が人気でしょうか。フランチャイズ開業における業種の選び方や、気を付けるべき点について詳しく見ていきましょう。

フランチャイズ開業の分野を選ぶときに気を付けること

フランチャイズで業種を選ぶときは、事業のリスクや収益性、あるいは自分の適性を考慮して業種を決めるべき。ビジネスにおいて利益を求めるには、コストを抑えて収益を出すことが求められます。フランチャイズ開業で成功する際にも、そういった観点に着目することがビジネスの成功に繋がるのです。それぞれについて詳しく見ていきましょう。

初期費用を回収できるか

開業の際に最も気を付けたいのが初期費用を回収できるかどうかです。開業に当たって投資した初期費用は、開業後の事業で収益を出すことにより回収しなければなりません。開業しても収益を出すことが出来ずに店を閉めることになってしまうと、初期費用が回収できずに負債というかたちで残ってしまいます。開業にあたっては、初期費用を回収できる可能性が高くなるような分野を選ぶ必要があるでしょう。

事業の収益性

机

店舗を経営するにあたっては、事業にかかる費用を上回る収益を出すことが重要。

店舗経営においては、従業員を雇うための人件費の他に商品等を仕入れるための変動費用などがあります。また、店舗を賃貸する場合は賃貸料などの固定費用も考慮に入れなければなりません。

店舗の運営には、これらの事業費用に見合うだけの収益をあげなければなりません。

自分の適性

店舗を経営するにあたっては経営者自身の適性も考慮する必要があります。継続してビジネスを続けていくには忍耐が求められます。経営者自身が興味と関心のある分野でなければ事業を続けることは難しいでしょう。

事業の継続にはモチベーションも重要です。自分の適性に合った分野を選ぶことが事業の成功に繋がるはず。

リスクを抑えて収益性を上げることが重要

リサイクル

ビジネスにおいてリスクは切っても切れない存在といえます。リスクをとらなければビジネスチャンスは生まれず、多少の事業リスクを覚悟して経営していくことが求められます。事業リスクをケアするには、損害保険などの保険に加入することも必要になるでしょう。

低リスクで高い収益を出すことが、効率的な経営であるといえます。効率的な店舗経営はビジネス成功に重要な考え方。

人気のフランチャイズ業種5選を紹介!

ショップ

フランチャイズ開業に人気の業種を5つ紹介。フランチャイズ経営における最大のメリットは、本部の経営資源を活用できるという点です。特にフランチャイズ経営が成功しやすい理由などを交えて解説していきます。

①コンビニ

セブンイレブン

コンビニは開業するにあたって最も人気な業種。その理由は、店舗数が多く豊富な経営ノウハウを活用できることにあります。全国的に店舗展開をしているコンビニも多く、万全なサポートを受けられる点が魅力。

コンビニ大手のセブンイレブンでは、独自ブランドの商品を開発しているなど充実した商品力が魅力です。さらに、従業員の採用や教育、経営数値の分析までコンビニ経営に関するあらゆることをサポートする支援力も充実。

「フランチャイズサポート」ではコンビニなどをはじめとするフランチャイズ開業の案件を見つけられます。加盟店オーナーの総収入を保証する制度をはじめ、様々な出店サポート・運営サポートを受けることが可能。コンビニ経営に興味をお持ちの方は、無料で実施している説明会に参加してみましょう。

http://www.fc-japan.biz/

②飲食店

飲食店

飲食店の開業にもフランチャイズ開業が人気です。飲食店を開業する場合にネックになるのが集客力と経営ノウハウ。フランチャイズ開業という形態をとることにより、これらの課題を解決することができます。本部が加盟店の経営サポートをしてくれるため、未経験者の方も充実した支援を受けながら店舗経営をすることが可能に。

例えば、ワンコインの海鮮丼が人気の「丼丸」では丼ぶりに魚の切り身を乗せるだけという簡単なオペレーションで店を切り盛りすることができます。暖簾分けの条件は店名に「丼丸」を入れること、ワンコイン以下の値段で販売することのみと、シンプルな条件です。地域の魚を使用することで地域の強みを活かすことができるため、経営の自由度も効きやすい点も魅力。

「探す!フランチャイズ」では「丼丸」以外にも様々な形態の飲食店のフランチャイズ案件を紹介しています。飲食店の経営に興味をお持ちの方は、まずは資料請求から始めてみましょう。

https://ja.sagasufc.com/

③デリバリー・宅配サービス

デリバリー

デリバリー・宅配サービスは「中食」の人気で市場規模が伸びている注目分野です。中食とは、レストランのような外食と自炊などの内食の中間と位置付けられている分野で、出来上がった料理を家庭などで食べるためのサービスのこと。

中食は大規模な店舗を構える必要がないため、開業の際に準備する店舗などの費用を低く抑えることができます。商品販売についても本部のサポートがあるため、本部のノウハウを活かしたサービスを提供することが可能に。

④学習塾

ITTO個別指導学院

インターネットサービスの発展によりオンライン授業が普及しており、学習塾の需要は高まっています。フランチャイズ開業を検討している事業者向けに研修を実施しているなど、本部のバックアップが充実していることも人気の理由。更に、教育サービスを提供するビジネス形態であるため在庫リスクを抱えないため、フランチャイズ経営で注目されている業種。

ITTO個別指導学院のフランチャイズ支援では、生徒数が20名に達するまではロイヤリティーが発生しないなど、開業資金を少しでも低く抑えられるような制度が用意されています。融資獲得の支援もしており、少ない資金での開業が可能。

「BMフランチャイズ」ではITTO個別指導学院を始めとする、様々な学習塾のフランチャイズ開業を紹介しています。まずは資料請求から検討してみましょう。

https://bmfc.b-mall.ne.jp/

⑤リサイクルショップ

おたからや

リサイクルショップは貴金属やブランド品などの買い取りを行い、専門店へ売却するという事業形態。

リサイクルショップのフランチャイズ経営においては、ネットショップという形態をとることにより土地代を安く抑えられるというメリットがあります。本部が在庫を買い取りしてくれるため、在庫リスクを低くすることが可能です。

まとめ

開業

フランチャイズ経営についての解説や人気の業種の選び方、フランチャイズ開業で人気な業種について見ていきました。

フランチャイズ経営においてはフランチャイズ本部の経営資源を活用して、業界未経験の経営者にとっても効率的な店舗運営が可能。一方で、本部にロイヤリティーを支払わなければならない点に注意する必要があります。

フランチャイズ経営で成功するには、リスクを回避して大きな成果を上げることが必要。コンビニや飲食店、学習塾のような需要の高い業種ではフランチャイズ本部の経営資源を活かして、低コストで高い収益を実現できるでしょう。

 

開業のための資金が必要?資金調達の方法まとめ記事もご覧ください

-ビジネスアイデア
-, , , , ,

© 2021 President Note Powered by AFFINGER5