未分類

儲かるフランチャイズのコツとは?フランチャイズで儲かる業界5選を紹介!

ビジネスマン

「一念発起して、経営者になりたい。フランチャイズって聞いたことがあるけれど、実際儲かるんだろうか。」

フランチャイズのイメージといえば、コンビニが代表的ですよね。
では実際、どんな仕組みで収益が成り立つのでしょうか。

本記事では、フランチャイズの基礎からリスクヘッジの方法、収益の仕組みや、失敗しないために気をつけるべき点まで徹底的に解説します!

フランチャイズについてしっかり学び、どんな業界で開業に挑戦するかを決めるための参考にしてください。

フランチャイズ開業で年収1,000万も夢じゃない!「フランチャイズの窓口」では開業の悩みをサポートしてくれますよ。併せてご覧ください。

フランチャイズとは

鍵

フランチャイズとは、フランチャイズ本部となる法人が加盟者にお店のブランドや経営ノウハウなどを提供して収益をあげる経営形態です。

身近な例で挙げられるのが、コンビニなどのチェーン店

コンビニではフランチャイズ本部となる法人が、加盟店となる事業者にコンビニの名前や仕入れルートやマニュアル教育などの経営ノウハウを提供します。

フランチャイズの加盟店は、フランチャイズ本部に手数料(ロイヤリティー)を支払う代わりに、お店の看板や経営ノウハウを活用して店舗経営を行います。

フランチャイズによる店舗経営では少ない資金で始めることが出来るため、店舗経営が初めてだという方にも人気の経営形態となっています。

本項では、フランチャイズ経営で儲かるためのコツや、フランチャイズ経営で儲かる業界を解説していきます。

フランチャイズ経営のノウハウを学び、店舗経営の参考にしてください。

フランチャイズ開業をするにあたり、人気の業種や注意点を知りたい方はこちらも併せてお読みください!

フランチャイズで儲かるためのコツ

協力

フランチャイズで儲かるためにはどのようなことに注意すればいいでしょうか。

ビジネスで成功するためには少ない費用で高い収益を出すことが必要です。

フランチャイズ経営による店舗運営においては、高利益を実現することが可能です。

リスクを恐れない

ショッピング

フランチャイズ経営に限りませんが、ビジネスで重要なのはリスクを恐れないことです。

失敗は成功の基」と言いますが、ある程度リスクを覚悟しなければビジネスの成功は生まれません。

ビジネスには先行投資という考え方があります。これは、成果を出すことを期待して先行してお金を使うことです。

高い収益を出すことを期待して、建物を購入したり人材を確保することは先行投資の例でしょう。

先行投資が無ければ、収益を出すこともできません。リスクを背負わなければビジネスでの成功も生まれないでしょう。

フランチャイズで成功するには、こうしたリスクを恐れないことが重要です。

お店を開くには多額の開業資金が必要になります。こういった投資もビジネスで収益を出すための先行投資。

失敗することを恐れず、挑戦していくマインドがフランチャイズ経営に求められるのです。

フランチャイズならではのリスクヘッジ

ビル

リスクを恐れずに挑戦することは、同時にリスクをケアすることも重要です。

店舗経営で損失が発生したときなどは、その損失を補填するためのリカバリーを考えなければなりません。

例えば、天災等により営業損失が発生した場合は、損害保険に加入することによりその損失をリカバリーすることが可能。

フランチャイズ経営を始めるにあたっては、一定の開業資金が必要になります。

開業資金として挙げられるのが、金銭以外にも店舗を用意するための建物や従業員などの採用コストなど。

フランチャイズ経営では、フランチャイズ本部のサポートにより開業に必要なものを調達可能です。

フランチャイズならでのリスクヘッジがフランチャイズ経営の成功へと結びつくでしょう。

スタートダッシュを成功させやすい

一般的に、ビジネスの開業はスタートダッシュは難しいです。お店を開くとなると、お店の知名度もなく、集客に苦労します。

集客だけでなく、スタートアップ期には経営のノウハウもなく、思ったように店舗経営が捗らないでしょう。

フランチャイズ経営では、フランチャイズ本部のブランド力やノウハウを生かしたスタートダッシュを成功させることが可能です。

例えば、コンビニを例にとると、生活圏に知っているコンビニが開業した場合も安心して利用することができます。

また、フランチャイズ本部の経営ノウハウによってマニュアルが完備されており、スムーズに店舗経営が可能に。

このように、フランチャイズ経営ではスタートダッシュを決めやすいのが特徴です。

収益の仕組みを理解する

挑戦

フランチャイズの加盟店はフランチャイズの看板や経営ノウハウを使用する代わりに、本部へ手数料としてロイヤリティーを支払います。

フランチャイズ本部はロイヤリティーを活用して、さらなる経営効率化を続けるという資金の循環を実現。

これがフランチャイズ経営の収益の仕組みです。

店舗にとってロイヤリティーを支払うことは経営の足かせに思うかもしれません。

しかし、ロイヤリティーをフランチャイズ本部に支払うことで更なる経営資源の投入を期待できるのです。

こういった経営資源を有効活用して、更なる業績向上に繋げましょう。

競合を避ける

レストラン

開業する場所を選ぶことで競合を避けることが重要です。

ビジネスでは競合する会社が限られた顧客を取り合うことになります。

こういった競合を避けるのがフランチャイズ経営において重要な戦略でしょう。

例えば、同じエリアに複数のコンビニが設立されると同じエリアの顧客を奪い合うことになります。

こうした競合を避けるために、あらかじめ競合するライバルが同じエリアにいないか、リサーチしておくなどの対策も必要になるでしょう。

需要の高い業種を選ぶ

ショッピング

フランチャイズ経営で儲かるためには、需要の高い業種を選ぶことが必要です。需要の高い業種は集客力も高く、収益を伸ばしやすいのです。

需要の高い業種を選ぶためには、入念な市場調査が必要です。

どれだけの潜在顧客がいるか、競業他社はどのぐらいいるかなど、しっかりと調査しましょう。

一般的に、競業の多い業種(レッドオーシャン)よりも競業の少ない業種(ブルーオーシャン)のほうが利益を出しやすいと言われています。

競合の少ない業種で勝負するには相応のノウハウを用意しなくてはなりません。

フランチャイズ経営ではこういった競業の少ない業種でも生き残っていけるように経営ノウハウを学ぶことができます。

失敗しないフランチャイズ開業

挑戦

フランチャイズ開業で失敗しないためにはどのようなことに注意すればいいでしょうか。

具体的な注意ポイントを何点か紹介していきます。

フランチャイズ契約の内容を確認する

契約書

フランチャイズ契約においてはフランチャイズ本部との契約内容必ず確認してください。

特に金銭面での契約事項は入念に確認する必要があります。具体的に確認するべき事項を見ていきましょう。

ロイヤリティーに見合う対価を得られるか

フランチャイズ契約においては、ロイヤリティーに見合う対価を得られるかが重要です。

対価の内容としては、本部からのサポートがあるか、ロイヤリティーが不当に高くないかなど。

本部からのサポートが無いのに、ロイヤリティーだけとられるという契約は避けなくてはなりません。

ロイヤリティーが極端に少ないという契約では、特にフランチャイズ本部からのサポートの条項を確認しなくてはなりません。

本部からのサポートが無い場合、自前でノウハウを整備する必要があります。

店舗経営の経験が無いという方の場合、サポートが無いまま店舗経営をするというのはリスキーです。

十分なサポートを受けられるよう、事前に契約内容はよく確認してください

開業のリスクを確認する

契約前に開業のリスクについて確認をしましょう。具体的には、開業する際にどれだけ資金の負担を行うかなどです。

フランチャイズ経営では開業資金を加盟社が負担する必要があります。

一方で、開業資金あるいは設備投資の一部をフランチャイズ本部が負担してくれるケースもあります。

開業資金は事業が成功すれば投資額を回収できます。一方で、事業が失敗してしまうと資金は丸損になってしまいます。

開業のリスクを考えたうえでフランチャイズ経営の第一歩を踏み出しましょう。

利益を出しやすいビジネスであるか確認する

鳥

フランチャイズ経営を行う際は、利益を出しやすいビジネスであることを確認しましょう。

市場に成長の見込みがある事業は利益を出しやすいです。フランチャイズ経営をする際には、市場の成長性も見込んだ戦略を立てることが必要です。

フランチャイズ経営においては、ご自身が興味のある分野であると共に、事業として成り立つかも優先して考慮に入れてください。

儲かるフランチャイズ5選

儲かりやすいフランチャイズの特徴を述べてきました。

では、具体的に儲かりやすいフランチャイズにはどのようなものがあるでしょうか。事例を5つ紹介します。

①学習塾

ITTO

フランチャイズ経営でおすすめなのが学習塾です。

学習塾の魅力は、少ない開業資金で開始できること、教材は注文を受けた分だけ発注するため在庫リスクが少ないこと。

学習塾は市場の需要も高く、収益を出しやすい事業モデルといえるでしょう。

学習塾のフランチャイズ経営で代表的なのが、ITTO個別指導学院です。

ITTOは独自の事業でオーナーの成功をサポートしてくれます。

生徒数が20名に達するまではロイヤリティーが発生しないなど、開業資金を少なく抑えた塾の経営が可能です。

BMフランチャイズ」ではITTO個別指導学院をはじめとする様々なフランチャイズ案件が揃っています。

学習塾の経営に興味のある方は、まず資料請求からはじめてみましょう。

②コンビニ

コンビニ

私たちの生活にとって最も身近なフランチャイズ経営のお店といえば、コンビニ

コンビニの経営は最もメジャーなフランチャイズ経営のジャンルといえるでしょう。

コンビニのフランチャイズ経営では、豊富な経営ノウハウを元手に店舗経営が可能。

セブンイレブンの店舗経営では、豊富な商品力を武器にコンビニ経営を実現。

オーナーの総収入を保証してくれるサービス、水道光熱費を本部が8割負担してくれるなど、充実したサポート体制が敷かれています。

こういったサポートを背景に安心した店舗経営を実現できるでしょう。

フランチャイズサポート」ではセブンイレブンをはじめとするコンビニのフランチャイズ案件が揃っています。

無料で説明会を実施しているので、興味のある方は是非参加してみましょう。

③訪問介護

介護

訪問介護はフランチャイズ経営で注目が高まっています。

高齢化が進み、訪問介護の需要が見直されているのです。

医療分野は公共性が高く、国の補助金などサポートも充実している分野。

介護に困っている方を助けることで、社会貢献をする事業を運営することができます。

訪問介護では既存の建物を利用するケースなど、少ない開業資金で事業を始めることが可能です。

探す!フランチャイズ」では店舗経営未経験者も始めやすい訪問介護の案件が多数あります。

興味のある方は資料請求をしてみましょう。

④リサイクルショップ

おたからや

リサイクルショップ貴金属やブランド品などを取り扱うお店です。

その他にも切手やトレーディングカードなどの扱いも豊富です。

リサイクルショップとは、お客様から買い取りした商品を本部へ送付して換金するというビジネスモデル。

趣味やコレクションによる商品は利益率が高く、高い収益性を期待できるのです。

おたからや」では本部の手厚いサポートにより、初期費用を低く抑えた店舗経営が実現できます。

300店舗以上の経営ノウハウがあり、万全な体制で儲かる店舗経営が可能。

買い取りした商品は直接本部が買い取りをするため、在庫リスクが少なく、高収益を出すことが可能です。

⑤飲食店

レストラン

飲食店のフランチャイズ経営では、ブランド力を活かした経営が実現できます。

飲食店の経営においてネックになるのが、集客力

フランチャイズ本部の看板を使用することによって高い集客力を期待できるでしょう。

飲食店の経営においては人材の確保や土地の確保もネック。

その点、フランチャイズ経営では既存店舗の引継ぎも可能で、既に軌道に乗っている店舗を買い取りして開業することも可能。

本部の万全なサポートにより、充実した経営ノウハウを取得しながら店舗運営をすることができます。

フランチャイズによる飲食店の経営では、少ない費用で店舗経営をはじめることが可能です。

儲かるフランチャイズのコツを抑えよう!

パラグライダー

儲かるフランチャイズの仕組みについて見ていきました。

フランチャイズ経営は本部の経営ノウハウを最大限活用することで、高い収益を出すことができます。

フランチャイズ経営で儲かるためには、リスクを恐れないこと収益の仕組みを理解することが必要です。

競合が少ない市場では利益を出しやすいため、算入する市場を選ぶことにも注意してください。

儲かるフランチャイズの例として挙げられるのが、学習塾コンビニなどです。

本部の万全なサポートにより、少ない開業リスクで高い収益を期待できます

フランチャイズ経営のコツを抑えてビジネスを成功に導きましょう。

-未分類

© 2022 President Note Powered by AFFINGER5