ビジネスアイデア

フランチャイズの始め方を5つのステップで解説

フランチャイズの始め方を5つのステップで解説

本記事ではフランチャイズの始め方を5つのステップで紹介します。フランチャイズを始めるにあたり下記のようなお悩みはないでしょうか?

「フランチャイズの始め方の全体の流れが分からない」
「初心者でも挑戦しやすい業種が知りたい」
「フランチャイズチェーンの選定ポイントが知りたい」

これからフランチャイズを検討している方向けに、フランチャイズの始め方やポイントを紹介しています。本記事を参考にしてフランチャイズを成功させましょう。

フランチャイズを始めるなら「フランチャイズの窓口」がおすすめ

無料の電話サポートサービスが設けられているので気軽に相談することができる手厚いサポートが特徴の「フランチャイズの窓口」
「フランチャイズの窓口」で自分にあったビジネスを見つけてみましょう。

フランチャイズの窓口の詳細はコチラ

フランチャイズとは

フランチャイズとは

フランチャイズとは、企業の傘下に加盟することで「看板」「ブランド」「商品」などを扱う権利が与えられる仕組みです。コンビニなどがフランチャイズの代表例といえるでしょう。

フランチャイズでは、開業した後に月々の売り上げからロイアリティを本部に対して支払う必要がありますが、経営ノウハウなどのサポートも受けることができます。

フランチャイズの種類は、下記3つに分類されます。

フォーマット型

フォーマット型は、フランチャイズで代表的なビジネスモデルです。チェーン店として確立されている加盟店に加入するモデルとなるため、フランチャイズと言えばこのモデルをイメージする方も多いと思います。

フォーマット型フランチャイズは、自身で店舗の物件を探し、内容業者の選択も行います。日本ではほぼこのフォーマット型フランチャイズが採用されています。

ターンキー型

ターンキー型は、店舗立地や内装工事などの開業準備を全て本部が一括して行ってくれるフランチャイズです。オーナーは本部から鍵をもらえばすぐに開業することができるのでターンキー型フランチャイズといわれています。

店舗立地にこだわりがなく、営業に集中したい方にはおすすめのフランチャイズです。

コンバージョン型

コンバージョン型は、ホテル業や不動産業に多いフランチャイズ形式です。既に事業を行っている企業とフランチャイズ契約を結ぶ組織化するモデルです。不動産業では、センチュリー21ホテル。ホテル業界では、コンフォートホテルなどがこのコンバージョン型となります。

 

どんな業種で開業するのが正解?フランチャイズ開業に人気の5業種を紹介しています

フランチャイズの始め方を5つのステップで解説

フランチャイズの始め方を5つのステップで解説

フランチャイズの始め方を5つのステップで解説します。

【フランチャイズの始め方①】業界の選定

はじめに業界を選定します。フランチャイズには「小売系」「飲食型」「サービス業」など様々な業界があります。業界ごとのメリット・デメリットを加味した上で業種を決定します。

【フランチャイズの始め方②】フランチャイズチェーンの選定

次にフランチャイズチェーンの選定です。1つの業種でもフランチャイズチェーンは数多くあるため、情報収集をおこないましょう。

いきなり、フランチャイズチェーンを選定するのではなく、説明会に参加し各フランチャイズチェーンの特徴を加味した上で決定しましょう。

【フランチャイズの始め方③】フランチャイズチェーンとの契約

次にフランチャイズチェーンと契約します。本部の担当者と面談を繰り返し行い、不明な点がなくなるまで面談してから契約を行いましょう。

【フランチャイズの始め方④】開業準備

次に開業準備をします。フォーマット型フランチャイズの場合、自分で店舗物件を探す必要があります。本部からのサポートを受けながら開業準備を進めましょう。

また、税務署への開業届も必要です。従業員を雇用するかによって書類が変わるので余裕をもって準備しましょう。

【フランチャイズの始め方⑤】オープン

開業準備が終わればオープンとなります。

始めてでも開業しやすいフランチャイズの業種とは

フランチャイズの始め方を5つのステップで解説

始めてでも開業しやすいフランチャイズの業種について紹介します。

おすすめの業種は下記3つです。

おすすめの業種

  • 小売系
  • 飲食型
  • サービス業

各業種のメリット・デメリットを紹介しますので、自分に合った業種を見つけてみましょう。

【おすすめの業種①】小売系

おすすめの業種1つ目は、小売り系です。仕入れた商品を販売する業種です。

主な種類は下記の通りです。

  • コンビニ
  • アパレル
  • リサイクルショップ
  • 自動車販売

また小売業には「はんこ屋さん」「金券ショップ」のような専門店のフランチャイズもあります。知名度があるチェーンであれば集客に関しての不安もないため初心者におすすめです。

メリット

小売系の最大のメリットは、本部の知名度を活用し集客できる点です。ある程度知名度があるフランチャイズチェーンであれば開業直後から集客が可能です。

また、フランチャイズの実績が多くある企業は、それだけ成功するためのノウハウを確立しているのでメリットと言えます。

デメリット

小売系のデメリットは、自由度が低い点です。フランチャイズチェーンによっては、商品のラインナップや仕入先等が細かく決められている場合があります。そのため、自分好みのお店を開業したいという方にはデメリットとなります。

【おすすめの業種②】飲食系

おすすめの業種2つ目は、飲食系です。食材を自身で仕入れて料理を提供する業種です。

主な種類は下記の通りです。

  • ファストフード
  • 居酒屋等
  • 喫茶店
  • レストラン

飲食系も知名度があるフランチャイズチェーンであれば、開業時から集客可能です。個人で飲食店を開業するよりも集客の難易度が下がるため初心者にはおすすめです。

メリット

飲食系のメリットは、キャッシュフローが良い点です。有名フランチャイズチェーンであれば大量に食材を仕入れているため原価を安くできます。

そのため個人で飲食店を開業するよりも、多くの利益を確保することが可能です。

デメリット

飲食系のデメリットは、ライバルが多い点です。飲食系の業界は入れ替わりが激しくフランチャイズとしてもチャレンジしやすい業種のため、常にライバルを意識して望む必要があります。

また、自由度が低いフランチャイズの場合ライバルとの差別化が難しくなることもあるので、入念な経営企画が必要となります。

【おすすめの業種③】サービス系

おすすめの業種3つ目は、サービス系です。形のない商材を提供する業種です。

主な種類は下記の通りです。

  • 美容・サロン系
  • スクール
  • マッサージ店
  • レンタル業

メリット

サービス系のメリットは、利益率の高さです。今回紹介する業種中では一番の利益率を誇ります。

例えば、自宅で英会話レッスンスクールを開業する場合、自宅なので店舗を用意する必要もないですし、何かを仕入れる必要がありません。開業における初期費用を多く削減できるのもサービス業のメリットと言えます。

デメリット

サービス系のデメリットは、スキルが必要になる場合が多い点です。

サービス業の内容にもよりますが「美容系」「マッサージ」「スクール」など形のない商材を提供するということは、自分自身にスキルを提供する必要があります。サービス業としてお客様からお金が取れるスキルがない方は、選択肢の幅が狭まります。

フランチャイズチェーンの選定ポイント

フランチャイズの始め方を5つのステップで解説

続いて、フランチャイズチェーンを選択する上で重要なポイントを紹介します。

ポイントは下記の3つです。

【ポイント①】収益性で判断する

1つ目のポイントは収益性での判断です。その業種やフランチャイズチェーンの将来性を見るということです。フランチャイズチェーンの説明では、担当者が「月の売上100万円達成可能」というように説明をするかも知れません。

その言葉を鵜呑みにせず、必ず自分でも業界の市場調査や口コミ調査をおこなって下さい。

その結果が担当者と説明とあまりにもかけ離れている場合は、別の業界やフランチャイズチェーンを選定する必要があります。

【ポイント②】サポート体制で判断する

ポイント2つ目はサポート体制での判断です。店舗経営の経験がない場合、本部からのサポートがなければ目標達成するのが困難となります。

フランチャイズチェーンごとにサポート体制は異なるため、下記内容を考慮してフランチャイズチェーンを選定するようにしましょう。

  • 開業までの研修内容
  • 経営ノウハウの取得方法
  • 開業後のバックアップ体制

【ポイント③】開業資金で判断する

ポイント3つ目は開業資金での判断です。フランチャイズを始めるには開業資金が必要です。開業するにあたりいくら必要になるかもフランチャイズチェーンにより異なるので、こちらの比較を忘れずに行います。

また、フランチャイズは開業時だけではなく、開業後も加盟金や研修費が発生します。研修内容等も含め総合的に判断しましょう。

 

資金調達ってどうすればいいの?ビジネスの資金調達方法まとめはこちら!

フランチャイズ始めるなら「フランチャイズの窓口」がおすすめ

フランチャイズを始めるなら「フランチャイズの窓口」がおすすめ

出典:フランチャイズの窓口

フランチャイズの窓口は、フランチャイズで開業を検討しているフランチャイズ初心者のための検索比較サイトです。検索機能は「業種」「エリア」「開業資金」「キーワード」の4つの項目から検索が可能です。

また、フランチャイズの窓口では『どんな業種でフランチャイズを始めていいか分からない』という方向けに、無料の電話サポートサービスが設けられているので気軽に相談することが可能です。

フランチャイズの窓口は「企業数」「顧客満足度」「探しやすさ」の3冠を掲げています。フランチャイズを検討している方は是非、利用してみましょう。

詳しくはコチラ

フランチャイズを始めてみよう

フランチャイズを始めるにはまず業者を選定しましょう。初心者には「小売系」「飲食型」「サービス業」の業種がおすすめです。業種が決まった後は、フランチャイズチェーンの選定です。「収益性」「サポート体制」「開業資金」の3つの要素から選定をおこないましょう。

フランチャイズチェーンを探す際は「フランチャイズの窓口」がおすすめです。「フランチャイズの窓口」で自分にあったビジネスを見つけてみましょう。

フランチャイズを始めるなら「フランチャイズの窓口」がおすすめ

無料の電話サポートサービスが設けられているので気軽に相談することができる手厚いサポートが特徴の「フランチャイズの窓口」
「フランチャイズの窓口」で自分にあったビジネスを見つけてみましょう。

フランチャイズの窓口の詳細はコチラ

-ビジネスアイデア
-, , , ,

© 2021 President Note Powered by AFFINGER5