ファクタリング 資金調達

ファクタリングの審査とは?ファクタリングの審査について徹底解説!

事業計画書の書き方

最近、多くの方が利用しているファクタリングですが、皆さんはファクタリングの審査基準をご存知でしょうか?

この記事では「ファクタリングの審査」について解説していきます。
結論からお話しすると、ファクタリングの審査は売掛金の信用力次第です。

本記事では、元銀行員の私が、そもそも「ファクタリング」って何?というところから説明します。ファクタリングについて知らない方でも安心です。

ぜひこの記事を読んで「ファクタリングの審査基準」について理解してくださいね。

こちらの記事では悪徳ファクタリング業者の見分け方を解説しています。併せてご覧ください。

ファクタリング業者といえば「資金調達.com」!
「資金調達.com」は、最短即日・スピード資金調達が強み。全国どこでもOKで、最大1億円の資金調達が可能となっています。

 

ファクタリングとは

ファクタリングとは

ファクタリングとは、売掛金等の売掛債権を利用して資金を調達する方法です。

お金を調達する方法というと、銀行融資やカードローンの利用を思い浮かべる方が多いと思いますが、ファクタリングは新たな資金調達方法として最近、非常に人気が高い資金調達方法になります。

しかし、ファクタリングと一口にいっても様々な種類があることをみなさん、ご存知でしょうか?

ファクタリングには様々な種類がありますが、今回は代表的なファクタリングの仕組みである2社間ファクタリングと3社間ファクタリングについて紹介します。

代表的なファクタリングは2つ!

この章では、代表的なファクタリングの仕組みである2社間ファクタリングと3社間ファクタリングについて説明をします。

他にも様々な種類のファクタリングがありますが、2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの仕組みがわかれば他のファクタリングについても簡単に理解することが可能です。

  • 2社間ファクタリング
  • 3社間ファクタリング

ファクタリングの仕組みについてしっかり理解してくださいね。

2社間ファクタリングの特徴

2社間ファクタリングとは、ファクタリング業者とファクタリングを利用したい会社の間で行われるファクタリングです。

売掛金を発行している会社に知られることなくファクタリングを利用することができることが最大の特徴になります。

2社間ファクタリングの仕組みは以下の通りです。

① ファクタリング業者は、ファクタリング利用会社に売掛金に応じた資金を渡す。

② 売掛金がファクタリング利用会社に入金されたタイミングで、ファクタリング利用会社はファクタリング業者にお金を返済する。

以上のような仕組みになっていますので売掛金を発行した会社に知られることなくファクタリングの利用ができるのです。

多くの企業では自社の売掛金がファクタリングに利用されることを嫌がるので、今後の取引に影響することなく資金を調達することができる事は2社間ファクタリングの大きなメリットといえるでしょう。

3社間ファクタリングの特徴

3社間ファクタリングとは、ファクタリング業者・ファクタリング利用会社・売掛先の3社間で行われるファクタリングです。

3社間ファクタリングの仕組みは以下の通りです。

① ファクタリング業者は、ファクタリング利用会社に売掛金に応じた資金を渡す。

② ファクタリング業者は、売掛先にファクタリング利用会社がファクタリングを利用した旨を伝え、売掛金の入金先をファクタリング業者に指定してもらう。

③ 売掛金の満期が来たら、直接ファクタリング業者に満期資金が入金になる。

以上のような流れで行われるのが3社間ファクタリングになります。

3社間ファクタリングは、資金を回収することができなくなる可能性が低くなるため、手数料は2社間ファクタリングに比べ低いことが一般的です。

ファクタリングの主な審査基準は4つ!

ファクタリング 審査 ポイント

売掛金を利用して資金調達をすることができるファクタリングですが、このファクタリングの審査基準はどのようなものなのでしょうか?

ファクタリングの審査には様々な基準がありますが、主な審査基準は4つに集約されます。

  • 売掛先の信用力
  • 売掛金の支払い期日
  • ファクタリング利用会社と利用金額のバランス
  • ファクタリング利用会社の信用力

ファクタリングの審査基準についてわかりやすく説明します。

売掛先の信用力

ファクタリングの審査で最も大切なのは売掛金の信用力です。

一般的な銀行融資やカードローンの審査の場合、お金を借りようとしている会社の信用が最も重要になりますが、ファクタリングの場合、お金を借りようとしている会社の信用力はあまり関係ありません。

それよりも、売掛金の信用力が最も重要になるのです。なぜなら売掛金の信用力が低いと売掛金の満期が来てもお金を回収することができない可能性があるからです。

逆に、お金を借りようとしている会社の信用が低くても、売掛先の信用力が高ければ売掛金の満期の時に確実に資金を回収することができます。

このように、一般的な銀行融資やカードローンと違い、ファクタリングではお金を借りようとしている会社の信用力ではなく売掛先の信用力が最も重要になるのです。

売掛先の信用力が低ければ手数料は安くなりますし売掛先の信用力が低ければ手数料が高くなることもファクタリングの特徴といえるでしょう。

売掛金の支払い期日

一般的に、売掛金の支払い期日が、短ければ短いほどファクタリングの手数料は安くなります。

なぜなら売掛金の支払い記述が短ければ短いほど売掛金の回収をすることができる可能性が高まるからです。

しかし、売掛金の満期までの期日が長いと資金に回収することができる可能性が低くなってしまうためファクタリングの手数料は高くなりますし審査に通りにくくなってしまいます。

このように売掛金の支払い期日がいつであるかもファクタリングの審査にとっては非常に重要な項目なのです。

ファクタリング利用会社と利用金額のバランス

ファクタリング利用会社の売り上げ規模とファクタリングの利用金額のバランスも重要です。

例えば1年間の売り上げが1000万円程度の会社が、1億円のファクタリングの利用を申請してきたら皆さんはどのように思うでしょうか?

運転資金ではなく違うことにお金を使うのではないかと疑わないでしょうか?

最悪の場合、持ち逃げしてしまうリスクもあると考えることが一般的でしょう。

このようにファクタリングの審査ではファクタリング利用会社の売り上げ規模とファクタリングの利用金額のバランスも重要な審査項目になります。

ファクタリングを利用する際は、売り上げ規模大樹過大な金額を申請することはやめましょう。

ファクタリング利用会社の信用力

売掛先の信用力がファクタリングの利用には最も重視される項目ですが、ファクタリング利用会社の信用力も審査基準になります。

なぜなら、税金や社会保険料等を延滞している会社がファクタリングを利用すると、ファクタリング業者からお金が入った瞬間に差し押さえになってしまうリスクがあるからです。

差し押さえになってしまうと、ファクタリング当社はお金を回収することができません。

お金を回収することができないと当然ですがファクタリング業者は大きな負債を負ってしまうことになりますのでファクタリング利用会社の信用力もある程度は見ます。

しかし、銀行融資やカードローンの利用と比べると、ファクタリング利用業者の信用力はあまり関係ないので信用力に自信がない会社でもファクタリングは利用することが可能です。

ファクタリングの審査で落ちてしまう主な理由は2つ!

ファクタリング 審査 落ちる

自社の信用力が低くても利用することができるファクタリングですが、ファクタリングは100%利用することができる資金調達方法ではありません。

ファクタリングの審査で落ちてしまう主な理由は2つです。

  • 売掛先の信用力が低い
  • 売掛金が本物か証明できない

ファクタリングの審査に落ちてしまう主な理由についてわかりやすく説明していきます。

売掛先の信用力が低い

ファクタリングの審査で最も重要なのは先ほどから述べている通り売掛先の信用力です。

売先の信用力が低いと、どんなに自社の信用力が高くてもファクタリングは利用することができませんので注意するようにしてくださいね。

売掛金が本物か証明できない

ファクタリングを利用しようとしている会社の中には残念ながらファクタリング業者を騙そうと思っている会社もあります。

例えば売掛金の偽造です。売掛金が本物かどうかしっかり証明することができないとまずファクタリングを利用することができませんので注意してください。

ファクタリングの審査でファクタリング会社が考えていること

ファクタリング会社 警戒

ファクタリングの審査でファクタリング会社が考えている事は主に2つになります。

  • だまそうとしていないか?
  • ファクタリング会社の説明内容に齟齬はないか?

ファクタリングの審査を受ける際の役に立ててください。

だまそうとしていないか?

ファクタリング業者は、何よりもファクタリング利用会社が、騙そうとしているのではないかということを気にしています。

残念ながらファクタリング利用会社の中にはファクタリング業者を騙そうと売掛金の偽造などを行う会社があるのです。

ファクタリング業者はもし騙されてしまったら資金を1円も回収することができないので何よりも騙そうとしていないか気にする傾向にあります。

ファクタリング会社の説明内容に齟齬はないか?

ファクタリング会社は騙されることを1番嫌がりますのでファクタリング利用会社の説明内容に齟齬がないかしっかりチェックします。

ファクタリングを利用する際の面談などで態度などはしっかり見られますのでファクタリングを利用する際は理論整然に説明し堂々とした態度で臨むようにしましょう。

まとめ

融資スピード

ファクタリングは自社の信用力が低くても審査に通る資金調達方法です。

一般的な銀行融資やカードローンでは自社の信用力が低くてはお金を調達することができません。

売掛先の信用力を利用して利用することができるファクタリングの利用価値は高いといえるでしょう。

ぜひ、資金調達の1つの方法としてファクタリングを検討してみてはいかがでしょうか。

 

おすすめ優良ファクタリング業者はこちらの記事で紹介しています!

最短即日で資金調達|おすすめのファクタリング会社3選

  1. 株式会社ウィット|個人事業主でも利用可能、完全非対面で利用OK
  2. いーばんく|最短で即日の入金が可能、審査通過率90%超
  3. ファクタリングZERO|福岡~大阪の西日本に特化、保証人不要

-ファクタリング, 資金調達
-, , , ,

© 2021 President Note Powered by AFFINGER5