ビジネスローン 資金調達

【最新サービス比較】審査の甘いビジネスローンを提供する会社を紹介!審査に通るコツも解説。

「銀行のローン審査に通らず、資金調達方法に困っている。」

「審査の甘いビジネスローンがどこか今すぐに知りたい。」

あなたは、資金調達についてこんな悩みを抱えてはいませんか?

資金調達方法の中で、ビジネスローンはかなりメジャーで、多くの事業者が審査を申請しています。

しかし、審査に通らず困っている事業者がたくさんいることも事実です。

本記事では、審査の甘いビジネスローンを厳選し、審査通過のためのコツと共に解説

本記事を読めば、審査の甘いビジネスローンがどこかだけではなく、審査に通るために必要な項目も理解できるので、審査通過への道が開けます。

 

無担保で利用できるビジネスローンってあるの?おすすめビジネスローンを解説しています

ビジネスローンランキング

  1. オリックスVIPローンカード BUSINESS|大手オリックスグループの安心と信頼
  2. CREST for Biz|個人事業主専門で金利優遇サービスを補償あり
  3. アイフルビジネスファイナンス「ビジネスローン」|高い柔軟性が魅力!

また審査が不安な方に、簡単査定ができるファクタリング業者「資金調達.com」もおすすめ!
「資金調達.com」は、最短即日・スピード資金調達が強み。全国どこでもOKで、最大1億円の資金調達が可能となっています。

 

ビジネスローンは銀行融資より審査が甘い!

ビジネスローンは審査が甘い

ビジネスローンは、銀行よりも金利が高い代わりに法人でなくても、気楽に資金調達をするための手段です。

ビジネスローンの金利は銀行よりも高く設定されているため、貸倒リスクをカバーできます

そのため、ビジネスローンは銀行融資よりも審査が甘くなっているのです。

また、ビジネスローンを申請する際は決算書を元にしたスコアリングシステムを使った審査が一般的となっています。

ビジネスローンの審査が銀行融資の審査よりも簡単であることも、審査を簡単に終えられる理由です。

銀行融資の審査に通らなかった場合でも、ビジネスローンの審査には通る可能性が十分にあるので、前向きに検討してみましょう。

審査の甘いビジネスローン5選

ビジネスローンは銀行融資よりも審査に通りやすいですが、その中でもより審査の甘いビジネスローンがあります。

審査の甘いビジネスローンは以下の5つです。

審査の甘いビジネスローンを知れば、誰でも簡単に資金調達が可能になります。

アイフルビジネスファイナンス「ビジネスローン」

審査甘いビジネスローン アイフル

アイフルビジネスファイナンス株式会社が提供するビジネスローンで、信頼性が高いサービスと言えます。

なぜなら、アイフルビジネスファイナンス株式会社は大手消費者金融の子会社だからです。

個人事業主だけでなく、法人経営者用のビジネスローンも組めるので、会社の設備資金や仕入れ資金、資金繰りなど様々な方法で使えます。

アイフルビジネスファイナンスのビジネスローンは、大手ならではの信頼性と使いやすさを誇るサービスです。

アイフルビジネスファイナンスの詳細はコチラ

 

アイフルのビジネスローン「アイフルビジネスファイナンス」特集記事はこちら!あわせてご覧ください

サービス概要

アイフルビジネスファイナンス「ビジネスローン」のサービス概要を説明していきます。

サービス利用に伴う、返済金利の利率は3.10%~18.0%で、最大の借入可能金額は1000万円です。

1000万円という借入金額は審査の甘いビジネスローンの中でも、最も大きな金額を誇っています。

このような高額の融資が、最短即日で利用可能です。

現在まで、累計10万口座以上の利用をされてきており、人気が非常に高いビジネスローンと言えます。

オリックスVIPカードローン「BUSINESS」

審査甘いビジネスローン オリックスVIP

オリックス・クレジット株式会社が提供しているビジネスローンで、法人だけでなく個人事業主でも利用可能となっています。

大手のオリックスグループが運営する消費者金融サービスなので信頼性が高く安心です。

オリックス「VIPローンカードBUSINESS」の詳細はコチラ

サービス概要

オリックスVIPカードローン「BUSINESS」のサービス概要を解説していきます。

借入の金利は6.0%~17.8%で、最大の借入可能額は500万円です。

金利の上限が17.8%と、他のビジネスローンよりも低水準となっています。

最短60分から審査を完了でき、即日融資が利用可能です。

ビジネスパートナー「スモールビジネスローン」

審査甘いビジネスローン ビジネスパートナー

株式会社ビジネスパートナーが提供しているビジネスローンで、個人・法人ともに利用可能です。

株式会社ビジネスローンは、消費者金融サービスの中では中堅に属しています。

ビジネスパートナー「スモールビジネスローン」の詳細はコチラ

サービス概要

ビジネスパートナー「スモールビジネスローン」のサービス概要を解説していきます。

金利は9.98%~18.0%で、最大借入可能額は500万円です。

他の業者に比べ、最低の金利が比較的高めに設定されています。

しかし、最短で即日審査・即日融資が可能だったり、セブン銀行ATMで24時間利用可能というメリットも。

使いやすさを求める人には、おすすめのビジネスローンです。

オリエントコーポレーション「CREST for Biz」

審査甘いビジネスローン オリエントコーポレーション

クレジットカード大手の株式会社オリエントコーポレーションが提供している個人事業主向けのビジネスローンです。

大手の安心感を感じつつ、ビジネスローンの利用ができます。

オリコビジネスサポートプランの詳細はコチラ

サービス概要

オリエントコーポレーション「CREST for Biz」のサービス概要を解説していきます。

金利は6.0%~18.0%で、最大借入金額は300万円です。

最大借入可能額が300万円と少額なので、ビジネスローンを少し利用したい人におすすめできます。

また、ATMでの借り入れや返済が可能なので、使いやすいです。

Carent「ビジネスローン」

審査甘いビジネスローン Carent

株式会社IPGファイナンシャルソリューションズが提供するビジネスローンです。

株式会社IPGファイナンシャルソリューションズは消費者金融サービス業界の中では、中堅に属しています。

Carent「ビジネスローン」の詳細はコチラ

サービス概要

Carent「ビジネスローン」のサービス概要について解説していきます。

金利は7.80%~18.0%で最大借入可能額は500万円です。

これは、業界では比較的標準の設定と言えます。

ネットキャッシング型のビジネスローンなので、とても使いやすいビジネスローンです。

 

ノンバンクのビジネスローンを検討している方はこちらもご覧ください!

ビジネスローンの審査難易度の評価方法5選

ビジネスローン評価方法

ビジネスローンの審査難易度を図るためには、ビジネスローンの業者について詳しく知っている必要があります。

審査難易度を評価する基準を把握しておけば、ある程度勝算のある状態でビジネスローンの申請が可能です。

ビジネスローンの審査難易度の評価方法は以下の5つが挙げられます。

  • ビジネスローンの業態
  • ビジネスローンのローンタイプ
  • ビジネスローンの金利
  • 事業者向けか、消費者向けも含むか
  • 有担保ローンの取り扱いがあるか

ビジネスローンの業態

ビジネスローンを提供している所は、信用金庫からネット銀行、消費者金融まで様々です。

業態によって、ビジネスローンの審査難易度が違います。

業態ごとのビジネスローンの審査難易度としては以下の通りです。

業態 審査難易度
消費者金融
信用金庫 標準
地方銀行 標準
ネット銀行
大手銀行

ビジネスローンのローンタイプ

ビジネスローンには大きく分けて2種類のローンタイプがあります。

ローンカード型のローンと証書型のローンです。

ローンカード型のローンは、指定の範囲内で何度でも借入ができるビジネスローンを指します。

一方、証書型のローンは、一度だけ借入するビジネスローンのことです。

証書型のローンの方が、貸倒リスクが低いので、審査難易度としては低くなります。

ローンカード型と証書型(フリーローン)の違いについてはこちら

ビジネスローンの金利

ビジネスローンの金利は高ければ高いほど、審査難易度が下がります

なぜなら、ビジネスローンを提供している業者も利益を出したいからです。

金利が高いほど、業者の利益も大きくなります。

そのため、高金利のローンは業者もなるべく利用してもらいたいと考えているのです。

事業者向けか、消費者向けも含むか

ビジネスローンには、事業者向けのサービスと、消費者向けも含むサービスの2種類に分かれます。

審査難易度としては、事業者向けに特化したビジネスローンの方が低いです。

なぜなら、事業者向けのローンサービスだけで利益を出しているから。

消費者向けも含むビジネスローンの場合は、事業者でなくても利益を出せるので、事業者が審査に通らないことが起こります。

一方で、事業者向けのビジネスローンのみを提供している業者は事業者の審査を通さないと、利益が立ちません

そのため、事業者向けに特化したビジネスローンの方が、審査に通りやすくなります。

有担保ローンの取り扱い

ビジネスローンは一般的に無担保で第三者の保証人が要らないローンを指します。

担保や保証人が必要ない分、審査が厳しいのです。

しかし、不動産担保ローンといった有担保ローンであれば、審査が一気に甘くなります

担保があることで、返済できなくなった場合の信頼性が高いからです。

 

ビジネスローンは消費者金融よりも銀行に行くべき?理由を解説しています

審査に通るためのコツ5選

審査に通るためのコツ

ビジネスローンの審査に通るためには、資産の余裕を持たせて、信頼を担保することが一番です。

しかし、信頼性の担保が確実ではない人も多いでしょう。

以下の5つのコツを抑えれば、ビジネスローンの審査に通りやすくなります。

  • 上限金利が高い会社を選ぶ
  • 借入希望額を少額にする
  • 来店が必要なサービスを利用する
  • 保証人を準備する
  • 担保を準備する

上限金利が高い会社を選ぶ

前述した通り、金利が高いほど審査は甘くなる傾向にあります。

なぜなら、ビジネスローンを提供する業者も利益を出したいからです。

信頼性の担保ができていない人は、まず金利の高いビジネスローンを検討してみましょう。

しかし、金利が高い場合、返済には時間がかかります。

そのため、返済の余地を必ず残した状態で、借入をするようにしましょう。

借入希望額を少額にする

借入希望額を少額にすることで、審査に通りやすくなります

信頼のない事業者が100万円を借り入れるのと、1000万円を借り入れるのとでは、審査の通過率はまったく変わりますよね。

ローンを返済できる信頼が担保できない状態の場合、少額の申請から行うと良いでしょう。

少額のローン返済を繰り返していくことで、信頼性が増し、段々と高額のローンを組めるようになります。

来店が必要なサービスを利用する

来店が必要なサービスを利用することで、審査に通る可能性が高くなります

通常、ビジネスローンの申請は決算書を使って行いますが、来店が必要なサービスの場合は違います。

もちろん決算書も使いますが、直接担当者と話をすることで、より総合的に審査をしてもらえる可能性が高くなるのです。

保証人を準備する

保証人を準備しておくことで、審査に通りやすくなります

返済力のある保証人を立てることで、返済の信頼性が高くなるのです。

仮に、借入した事業者が返済不可能な状態になったとしても、保証人に返済を求めることができるので、ビジネスローンを提供する側としては保証人がいるに越したことはありません。

保証人を準備することは、審査に極めて通りやすくなる方法と言えます。

担保を準備する

担保を準備することでも審査に通りやすくなります

担保としては、不動産が最も一般的です。

仮に、借入した事業者が返済不可能な状態になったとしても、担保を処分することで、貸し倒れを防止することができます。

担保があることで、決算内容が悪かったとしても融資を受けられるケースもあるので、積極的に活用していきましょう。

担保って何?詳しくはこちらの解説記事へ

ビジネスローン以外の資金調達方法3選

ビジネスローン以外の資金調達方法

どうしても資金調達をしたいが、ビジネスローン以外の方法も知りたい人のために、ビジネスローン以外の資金調達方法も紹介します。

ビジネスローン以外の資金調達方法は以下の3つです。

  • ファクタリング
  • 有担保ローン
  • 公的融資

ファクタリング

ビジネスローン以外の資金調達方法1つ目は、ファクタリングです。

ファクタリングとは、売掛債券をファクタリング会社へ売却することで資金調達をする方法を指します。

ファクタリング会社に売掛債権を売却することで、即日の資金調達が可能です。

税金の未納や金融事故を起こした経歴のある事業者であっても、ファクタリングであれば利用できる可能性があるので、積極的に検討してみましょう。

しかし、ファクタリング手数料が取られるので、売掛金の満額を手に入れることはできないことに注意が必要です。

優良ファクタリング業者をお探しですか?こちらの記事で紹介しています!

有担保ローン

前述の通り、有担保ローンも有効な資金調達の手段です。

一般的にビジネスローンでは担保や保証人を必要としません。

しかし、有担保ローンは担保がある分、返済する事業者の信用が高まります

返済が不可能となった場合には、その代わりに担保を売却しなければなりません。

公的融資

政府系金融機関や地方公共団体といった公的な機関から融資を受けることも可能です。

営利目的の銀行と違い、事業の促進のみならず地方の活性化を目的としているので、決算の状態で審査が行われることがありません。

実は、公的機関の融資には様々な種類があり、事業者の方は必見の資金調達方法と言えます。

公的融資と民間融資の違い解説記事はこちら

まとめ

審査の甘いビジネスローンと、審査に通るためのコツなどを解説しました。

審査の甘いビジネスローンを探すことも大事ですが、それ以上に審査に通るためのコツを抑えることが必要です。

本記事で解説したポイントを抑え、安全に資金調達をしていきましょう。

ビジネスローンランキング

  1. オリックスVIPローンカード BUSINESS|大手オリックスグループの安心と信頼
  2. CREST for Biz|個人事業主専門で金利優遇サービスを補償あり
  3. アイフルビジネスファイナンス「ビジネスローン」|高い柔軟性が魅力!

-ビジネスローン, 資金調達
-, , , ,

© 2021 President Note Powered by AFFINGER5