法人向けお得情報 通信機器・ガジェット

法人向けの光回線を比較!選ぶポイントを解説!

光回線

いまはネット環境が整っていないとビジネスに影響が出る時代になってしまいました。

ですが、コストはできるだけ抑えたいですよね。

ここでは法人向けの光回線についてサービス内容を比較し、どのサービスを選ぶべきかポイントを紹介していきます。

通信技術が発展した現代において、通信サービスは企業を取り巻くインフラとして必要不可欠なものです。光回線を正しく利用して、ストレスなく仕事を進めていきましょう。

資金調達なら、簡単査定ができるファクタリング業者「資金調達.com」もおすすめ!
「資金調達.com」は、最短即日・スピード資金調達が可能です。また、全国どこでもOKで、最大1億円の資金調達が可能となっています。

 

法人向けの光回線

光回線

光回線とは光ファイバーを利用した高速な通信回線のことです。

光回線を使用することで、高速なデータ通信が可能になります。特に、会社などの法人は多数の従業員が通信を使用するため、大量のデータを利用したやり取りが必要になります。

通信技術が発達していくに伴ってビッグデータや画像情報、動画情報などの情報のやり取りも求められています。快適な光回線を選ぶことは、事業活動において重要になるでしょう。

法人向け光回線の特徴

法人向けに用意された光回線は、個人向けの光回線とは契約内容が異なります。

法人は事業活動を円滑に進めていくために光回線を利用します。そのため、常に環境が止まらない通信環境が求められるのです。

法人向け光回線の特徴としては、以下の通りです。

  • 固定IPが使える
  • セキュリティ面が強い
  • サポート体制が充実
  • 経費処理ができる

大容量で高速なデータのやり取りが可能

光回線

通信技術が発展し、大容量で高速なデータのやり取りをする機会が増大しました。

テレワークの普及により、ネットワーク回線があればどこでも仕事をする環境が整いつつあります。社内ネットワークへの接続やビデオ通話などによる情報のやり取りなど、現代の通信環境においてはその技術整備はますます需要を拡大しています。

通信技術の需要が高い現代では、光回線の存在はますます高まっています。現代でビジネスを進めていくうえで光通信はなくてはならないものといっていいでしょう。

固定IPアドレスが使える

法人向け光回線の特徴は固定IPアドレスが使えることです。

固定IPアドレスとは、企業など契約者に割り振られるアドレスのことです。固定IPアドレスを保有していることで、Webページの公開や外部からのアクセスが可能になります。

固定IPを使うことにより、ドメインを使用できます。ドメインとは、「http://***.com/」のように、URL上に表記されるアドレスのこと。固定IPを用いることによりWebページの公開が可能となります。

また、固定IPアドレスを保有していることで後述するVPN環境を構築することができます。固定IPを利用することにより、セキュリティ面に信頼のおける通信環境が利用可能となるのです。

セキュリティ面が強い

光回線

法人向けの光回線はセキュリティ対策が充実しています。

企業が取り扱う情報は顧客の機密情報も含まれるため、特にセキュリティ面を厳重にしなければなりません。

万が一顧客情報が漏れてしまうと、顧客に対して莫大な営業損害を与えてしまう恐れがあります。そういった事態に陥った場合、セキュリティ対策を万全にしておくべき企業の責任が問われてしまうでしょう。

企業は顧客の情報を守るためでなく、自社の責任を果たすためにもセキュリティ対策を入念にする必要があります。その意味で、セキュリティが強固な光通信を利用することは企業にとっても重要な経営課題であるといえるでしょう。

VPNサービス

VPN(Virtual Private Network)とは、仮想の通信を行うネットワークのこと。

VPNを利用することで、外部から遮断した閉鎖的なネットワークを構築することができます。これにより、社外からの接続を遮断することが可能になり、セキュリティ性の高い通信を実現できるのです。

また、自宅用のPCにVPNの設定をしておくことで自宅環境からでも社内ネットワークにアクセスすることが可能です。特に、テレワークなどで自宅から社内ネットワークに接続する際にVPNサービスが重宝します。

UTM

法人向けの光回線ではUTM(Unified Threat Management)が充実しています。

UTMとは、ネット回線に必要なセキュリティ機能を統合した装置のこと。日本語では統合脅威管理と呼ばれます。従来のセキュリティ対策としてはファイヤウォールやウイルス対策ソフトを個別に用意するといった対策をとっていましたが、UTMを導入することで統合したセキュリティ対策を行うことができます。

UTMを導入することでセキュリティが強化され、ネット回線における様々な脅威から身を守ることができます。

サポート体制が充実

光回線

法人向けのサービスは個人向けのサービスよりもしっかりしている傾向にあります。

企業が使う通信環境に障害が発生すると、ビジネス上において大きな損失を招いてしまいます。通信障害によって業務が止まっている間、作業が進められず機会損失が発生してしまいます。作業が止まっている時間の分だけ作業工数も嵩んでしまうため、実費損害も出てしまうでしょう。そのため、何かトラブルがあった時は迅速に対応しなければなりません。

法人向けのトラブル発生をサポートしてくれるために、サポートオプションを付随します。業務を止めないためにコストを惜しむべきではなく、万全のサポート体制をつける必要があります。法人向けに万全のサポートをしてくれる光回線の契約は、企業にとっても大きな味方になるでしょう。

経費処理が可能

法人契約をすることで、通信料の経費処理が可能です。

個人契約の場合は事業に使用する経費であるか認められることが難しいですが、法人契約をすることで事業に必要な経費として全額経費処理をすることが可能です。契約者の名義が法人となることで、事業に必要な経費であることを証明することができるのです。

経費処理をすることで節税効果を得ることができるため、経費処理を出来る点も法人契約をするメリットの1つであるといえるでしょう。

 

法人向けレンタルサーバー特集はこちら!

法人向け光回線を選ぶポイント

光回線

法人向けの光回線サービスを選ぶときはどのようなポイントに着目すればいいでしょうか。

  1. 固定IPが使えるか
  2. 請求書の名義を法人向けにできるか
  3. 対応エリア
  4. 通信速度
  5. 通信料金

固定IPが使えるか

法人向けの光通信を選ぶときに重視したいのが、固定IPが使えるかどうか。

固定IPを使うことで様々なメリットがあります。例えば、ドメインを取得することによるWebページの公開や、VPNなどセキュリティに信頼のおけるネットワークの構築などが挙げられます。

固定IPを利用するには、通信料以外にも料金が発生します。しかし、法人向けのサービスにおいてセキュリティ面で信頼のおける固定IPの利用はほぼ必須といえるでしょう。

法人向けの光通信サービスを選ぶ際は、固定IPを利用できるサービスを選択するべきでしょう。

請求書の名義を法人向けにできるか

光回線

通信料は経費計上できるため、契約先を法人名義に設定する必要があります。

経費計上を行う際には請求書や領収書など、支払いの根拠となる証憑が必要です。書類の名義を個人向けではなく、法人向けに設定することで法人の経費としての費用計上が認められるでしょう。

通信速度

通信速度は光通信において重要な要素となります。

通信速度が速いサービスほどデータのやり取りが円滑になり、業務効率も増していきます。

通信速度は最大1Gbpsのサービスが多いです。ウェブを閲覧するだけの用途だと通信速度は重要ではありませんが、ビデオ会議などで大量のデータを通信する場合は通信速度は重要になります。極端に遅い通信を使うとデータのやり取りにストレスを感じて効率的ではありません。光通信のサービスを選ぶときは高速な通信を行える事業者を選びましょう。

対応エリア

光回線のサービスを選ぶ際は対応エリアも重視する必要があります。

場所によっては通信が届かないエリアもあり、業務に支障が出てしまう恐れがあります。そういったことを避けるためにも、対応エリアが広域なサービスを選ぶことが重要です。

サポート体制

光回線

光通信を選ぶときはサポート体制も重要です。

業務に使う回線がストップしてしまうと、業務もストップしてしまいます。業務を止めないためには、トラブルがあってもすぐに普及できるような充実したサポート体制が必要あります。

法人向けのオプションサービスでは、24時間稼働しているサポート体制がついてきます。時間を問わずに通信を止めないことが、ストップしない業務を生み出すのです。

光回線のサービスを選ぶときはオプションサービスの充実度も考慮に入れましょう。

料金

光回線のサービスを選ぶときは料金も重要になります。

10台以上の接続を想定する場合は大量のデータ通信が必要になるので、法人向けの契約が有効です。

事業の規模に合わせて料金も変わってくるので、それぞれの事業規模に合わせた契約を選びましょう。

 

法人向け携帯電話をお探しですか?おすすめポイントを解説します

法人向け光回線のおすすめを比較!

光回線

法人向け光回線にはどのようなサービスがあるでしょうか。

先に述べたようなポイントを抑えることで、おすすめの光回線のサービスを比較することができます。どのサービスを選ぶべきか、詳しく見ていきましょう。

ビッグローブ光

biglobe

ビッグローブ光」はビッグローブが運営する光通信サービス。

NTT東西の光回線を借りて提供しているため、高速な通信を実現しています。また、IPv6接続を採用しているので、通信量が増加しても高速で通信をすることが可能です。このように、高速・高品質な通算サービスがビッグローブ光の特徴です。

法人専用に窓口が設けられているため、通信障害により業務が止まってしまう心配を軽減することができます。

ビジネスで使えるオプションサービスも充実しています。例えば、MDM(Mobile Device Management)を活用することによってモバイル端末のセキュリティを向上することが可能です。

また、プロバイダに加入している場合はセット割を利用することもできます。お得に高速で高品質な光通信を利用したい事業者向けにおすすめなのがビッグローブ光です。

Softbank光

softbankhikari-2

Softbank光」はソフトバンクの通信回線を利用した光通信サービス。

Softbank光は最高速度1GBbpsと、光通信の中でも高速な通信が可能です。ソフトバンクグループの様々なサービスと連動することもできるので、広範なITサービスとして活用することができます。例えば、携帯電話と併用することで割引を受けることができるなどお得な使い方が可能です。

Softbank光では「BBセキュリティ」というセキュリティソフトを安価で利用することができます。BBセキュリティでは、「マカフィー」などセキュリティソフトがパックになっています。

BBIQ

bbiq

BBIQ(ビビック)」は九州地方限定の光通信サービス。九州電力が出資しているサービスで、電力系光回線という位置付けで、九州地方で大きなシェアを有しています。

BBIQの法人向けサービスでは、固定IPが標準装備されているため、何度接続してもIPアドレスが変わらないことが魅力です。また、通信量が自由であることからトラフィックフリーなど快適な通信を利用することができます。

光回線をお得に使ってビジネスを進めよう!

;

法人向けの光回線サービスについて見ていきました。

通信技術は日に日に進歩しており、高速で大容量のデータ通信が求められています。特に法人企業においてはビジネスを進めるために通信が必要不可欠です。高速で大容量の光通信を活用してビジネスを円滑に進めていくことが求められます。

テレワークなどが普及する現代では、ビデオ通話などを使用した仕事の進め方が当たり前になっています。ネット回線さえあれば場所を選ばない働き方が出来る状況では、ネット回線の存在は重要です。

光通信を選ぶ際には、セキュリティ面も意識する必要があります。企業は顧客情報など機密情報を取り扱っています。その取り扱いは厳重にしなければならず、万全の対策をしなければなりません。その意味で、セキュリティ面が強固な光通信のサービスは法人にとって必要不可欠でしょう。

また、法人向けの光回線では通信を止めないために充実したサポート体制も必要です。オプションサービスとして24時間対応している窓口を契約することにより、業務が止まる心配が軽減されるでしょう。

光回線を効果的に利用することで、ビジネスを前進させていきましょう。

-法人向けお得情報, 通信機器・ガジェット
-, , , ,

© 2021 President Note Powered by AFFINGER5