ファクタリング 資金調達

企業が資金を調達する理由とは?資金調達のサービスを紹介

資金調達

中小企業でも個人事業主でも、資金調達を検討したことがある人もいるでしょう。
ビジネスでは安定的に資金調達ができるというのは非常に重要なことですよね。

今回は、企業の資金調達にフォーカスを当て、資金調達する理由や資金調達が可能なファクタリングやクラウドファンディングについてご紹介します。

キャッシュフローにお困りの方には、簡単査定ができるファクタリング業者「資金調達.com」がおすすめ!
「資金調達.com」は、最短即日・スピード資金調達が強み。全国どこでもOKで、最大1億円の資金調達が可能となっています。

 

企業が資金調達をする理由

資金調達

企業の経営には資金調達が必要不可欠です。企業経営において、事業の運営に必要な資金が揃っているとは限りません。しかし、事業を成長させるには適切な資金を注入する必要があります。投資をして事業利益を生み出すというお金の循環が企業経営に求められるのです。

本項では、 企業が資金調達する理由投資回収の必要性を解説していきます。適切な資金調達を行って企業経営を成功させましょう。

資金調達は何故必要か?

事業の存続には資金が必要です。資金を調達することで事業を成長させるための力を身に着けます。

資金調達がもっとも必要になるケースは、事業などを開始する段階でしょう。事業を始めるためには設備などの先行投資が必要になります。例えば、工場の経営では事業を始める前に工場設備や機械を購入する必要があるので、事業を開始する前に資金を用意するのです。

事業を始めるにあたっては一定の資金が必要になるため、あらゆる手段を使って資金調達を行います。

事業利益で投資を回収する

事業を運営するにあたってはキャッシュフローの考えを用います。キャッシュフローとは、キャッシュすなわち現金の動きを管理することです。

先に述べたように、事業においては先行投資を行うために開始時点で多額のキャッシュを流出することになります。キャッシュを流出することをキャッシュアウトといいます。

事業で利益を出すことにより、投資額を回収することになります。売上などをあげて現金を流入することをキャッシュインといいます。事業の運営においてはキャッシュインにより、先行投資したキャッシュアウトを回収する必要があります。

事業で利益を出してキャッシュフローを改善することにより、新たな事業に挑戦できるようになります。こういった循環を繰り返すことで事業は拡大していくのです。

企業が資金調達する方法

資金調達

企業が資金調達をするにはどのような方法があるでしょうか。

資金調達の方法には大まかに2通りの方法があります。1つは、自分のお金で賄うこと、もう1つは他人から利子をつけてお金を借りることです。それぞれについて詳しく見ていきましょう。

自己資本で調達する

自己資本で資金調達することをエクイティ・ファイナンス(Equity Finance)といいます。エクイティとは株主資本を表し、利子のかからない資金調達の手法です。自己資本の調達にはどのような手段があるでしょうか。

自己資金

自分で調達できるお金のこと。例えば、個人が法人を設立する時に準備する開業資金が挙げられます。自分で調達した資本であり、返済する必要がないので、利子は不要です。

自分で調達できるお金には限りがあります。多くの場合は、他人の力を借りて資金調達を賄うことになるでしょう。

投資を募る

株式を発行して資金調達をする手段もあります。株式を発行することにより、投資家から投資を募るという資金調達手段です。お金を借りるのではなく、事業に出資することで事業の成長に責任を持つことになります。株式を発行する場合は、配当金を分配する必要があり、経営権を掌握されるというリスクもあるため、慎重に行いましょう。

クラウドファンディング

資金調達

クラウドファンディング(Crowd Funding)とは、不特定多数の人に出資を募って資金を調達する手法です。クラウドファンディングでは主に新規事業を始める場合に協力者を募集。必ずしも出資額を返済する必要はなく、事業の成長に理解を示してくれる出資者の協力を得て事業を運営することができます。

クラウドファンディングには様々な形態があり、出資額の返済を必要としない手法もあります。例えば、商品やサービスを対価にする手法です。出資によって事業が軌道に乗った場合は、商品やサービスを対価として出資者にサービスを提供するのです。

クラウドファンディングで重要なのは、出資者への理解を得ることです。出資者にとって魅力的な事業であることを明確にすることで、資金調達を効果的に行えるでしょう。

借入を行う

借金など、他人からお金を借り入れて資金調達することをデット・ファイナンス(Debt Finance)といいます。デットとは、負債の意味で利子のかかる借入です。

どの方法で借り入れを行う場合も、事業に対するしっかりとした説明が必要です。事業を運営するに際し、何故資金が必要なのか、どのように事業の成長を行っていくかを詳細に説明しておく準備をしておきましょう。

金融機関からの借り入れ

資金調達

借入を行う相手は金融機関が一般的です。多くの金融機関は、資金が必要な企業に対して積極的な融資を行っています。金融機関の納得を得ることにより資金調達を行うことが経営者にとっても重要な課題といえるでしょう。

銀行などの金融機関から借り入れるには、金融機関の審査を通過する必要があります。金融機関はお金を貸すリスクを背負うので、必ず返してくれるところに貸し出します。貸したお金が返せなくなることを貸し倒れといいますが、金融機関はこの貸し倒れを極力回避しようとするのです。

金融機関の審査に通過するためには、資本力を強くすることが必要です。具体的には、資本を手厚くすること、利益の向上など損益計算書において成長性のある証拠を出すこと。金融機関にとって信用力のある取引先であることが重要になるのです。

金融機関でお金を借りる時は、利子がかかることに注意しましょう。お金を借りるには利子がかかるため、借りたお金を返済していくには利子を支払うことも考慮に入れなければなりません。

政府からの借り入れ

民間の金融機関だけでなく、日本政策金融公庫などの公的な機関から融資を受けることも一般的です。日本政策金融公庫は中小企業や小規模事業者など、大手の金融機関から借りることが難しい事業者向けに融資を行っています。

中小企業や小規模事業者にとっては比較的借りやすいことが魅力です。審査を受けるには一定の要件をクリアする必要があり、事業についてしっかりとした説明を求められます。

日本政策金融公庫では、特に創業期の事業者にとっての大きな味方です。創業期は返済能力が乏しいと見られがちですが、日本政策金融公庫は政策的な観点から融資を行うため、事業の成長性が見込まれれば借りやすくなります。もちろん、審査の際に返済する能力は見られるので、しっかりとした自己資本を準備しておきましょう。

補助金・助成金

資金調達

補助金や助成金は、一定の要件を満たしたうえで政策的な観点から給付されるお金です。

事業が正しく機能することを支援する目的で、健全な事業の成長をサポートしてくれます。

補助金や助成金の給付を受けるには、事業に関してしっかり説明する必要があります。国や地方の政策と事業の成長性がマッチしているかが重要です。

資金調達をする際の注意点

資金調達

資金調達をする際はどのような点に注意すればいいでしょうか。

お金はどう借りるかよりも、借りたお金をどうやって使っていくかが重要です。お金をどのように借りて、どのように使っていくか綿密に計画立てることにより事業の方向性も定まっていくでしょう。

事業を軌道に乗せる必要がある

資金調達をした後は、事業で利益を出してお金を返さないといけません。

お金を借りたら終わりではなく、借りたお金を使ってどのように事業を運用していけるかを考える必要があるのです。

お金を借りる際には、どれぐらいの期間で初期投資を回収するかを考えましょう。例えば、月間で10万円の利益を出すビジネスなら100万円の投資を10か月で回収することができます。

ただし、投資したからといってすぐに成果が出るわけではありません。商品化するまでの期間や、商品化した後に安定した収益が出せるかなど、不確定要素が多いのが事業運営です。資金調達をする際には、このような不確定要素とどう向き合っていくかを考えましょう。

投資家への説明

資金調達

資金調達をする際は、投資をしてくれる投資家などに対して、投資の必要性を分かってもらう必要があります。

資金調達をするにはお金の使い道を考えなければなりません。投資する側にしても、お金の用途が分からないものに投資しようとは思わないでしょう。

事業運営に対する十分な説明と、資金調達によってどのような準備をしておくのかが重要です。

返済する必要がある

金融機関などからお金を借りた場合は、借りたお金を返さないといけません。

借りたら終わりではなく、計画的な資金運用が必要になるのです。しっかりと返済できるかどうかはもちろん、どのぐらいの期間で返済できるかという見通しを立てることも考えておきましょう。

また、借りたお金には利子が伴います。利子を含めて確実に返済していけるような事業計画を考えてください。

資金調達のサービスを紹介

資金調達

企業が資金調達を行うにはどのようなサービスがあるでしょうか。

資金調達のサービスをいくつか紹介していきます。

ファクタリング

近年、資金調達の手法として注目されているのがファクタリングによる資金調達です。

ファクタリングとは、売掛金などの債権を現金化することで資金調達をする手法です。売掛金は現金化するのに時間がかかるため、債権が回収するまで資金が不足する状態になってしまいます。ファクタリングのサービスを利用することにより、債権を即時に現金化することが可能になるのです。

企業経営においては黒字倒産に悩まされることも少なくありません。黒字倒産とは、利益が出ているにも関わらず資金が足らずに、返済の支払いが行えずに倒産してしまうことです。ファクタリングによって債権を回収することで、そういった黒字倒産を防ぐことができます。

ウィット

ウィット

ウィット」では、ファクタリングのサービスにより資金調達を行えます。ウィットの魅力は、小口専門で小規模なファクタリングも行えることです。他のファクタリング会社から断られてしまった個人事業主でもサービスを利用することができます。

また、完全非対面でサービスを利用することが出来るため、ネット環境さえあれば申し込みが可能です。

個人事業主や小規模事業者であっても資金調達をしやすいのがウィットの魅力でしょう。

ウィットの詳細はコチラ

いーばんく

いーばんく

いーばんく」では中小企業をはじめとする事業者の資金調達が可能なファクタリングサービスを行っています。

最短で即日の入金が可能なため、すぐに現金が欲しいときに重宝するサービスです。審査通過率は90%を超えており、金融機関などから借りられない場合でもいーばんくのサービスを利用して資金調達ができるという声が多いです。

全国どこからでもお申込みできるという利便性もあります。

いーばんくの詳細はコチラ

クラウドファンディング

資金調達

クラウドファンディングで資金調達をする企業も増えています。

クラウドファンディングでは事業に賛同してくれる出資者を募る必要があります。自社の事業の魅力を伝えることにより、多くのファンを集めるのです。

融資型のクラウドファンディングも人気で、投資家からも非常に注目を集めています。クラウドファンディングの運用により、既存の金融機関から資金を調達できない場合でも、積極的に事業への投資を行えるようになるのです。また、クラウドファンディングには商品やサービスをPRできるという効果もあります。

金融機関からの融資だけでなく、クラウドファンディングによる資金調達も考慮に入れてみましょう。

資金調達を有効活用して事業を成功に導く

資金調達

企業が資金調達をする理由について見ていきました。

資金調達は事業を適切に運営するにおいて必要不可欠なことです。事業を進めていくにあたって何故資金が必要か、どのように資金を活用していくか考えることが事業を成功に導くことに求められるでしょう。

事業を進めていくにあたっては、キャッシュフローの考えが重要です。事業のスタートアップ期にどれだけのお金が必要か、事業を始めてからどれだけの期間で初期投資額を回収できるかを綿密に計画立てましょう。

資金調達には、投資家などから資金を集める方法と、金融機関などから負債というかたちでお金を借りる方法があります。いずれにせよ、お金を出してくれる人に対しては事業の概要に関してしっかりとした説明をしなければなりません。

ビジネスにおいて資金調達をするには、事業計画をしっかりと練ることが必要です。健全な事業の運営を行うためにも、しっかりと事業の計画を練り、資金調達を進めていきましょう。

最短即日で資金調達|おすすめのファクタリング会社3選

  1. 株式会社ウィット|個人事業主でも利用可能、完全非対面で利用OK
  2. いーばんく|最短で即日の入金が可能、審査通過率90%超
  3. ファクタリングZERO|福岡~大阪の西日本に特化、保証人不要

-ファクタリング, 資金調達
-, , , , , ,

© 2021 President Note Powered by AFFINGER5