資金調達

カードローンの融資が消費者金融よりもまず最初に銀行を選ぶべき理由

カードローンは銀行がおすすめ

急なお金が必要になった時、助けとなってれるのが「カードローン」ですよね。

カードローンを利用する際、テレビCM等で知名度がある消費者金融が頭に思い浮かびがちですが、実は銀行のカードローンの方が低金利で利用できるのをご存知でしたか?

結論から申し上げると、返済金額を抑えるためにも、カードローンは金利の低い銀行をまず初めに検討すべきです。

今回はカードローンは消費者金融よりも銀行の方がおすすめな理由はもちろん、基本的なカードローンについての知識や利用の流れについても解説していきます。

是非最後までチェックしてくださいね。

 

あわせて読みたい!おすすめ法人向けカードローン特集もあります

おすすめカードローンランキング

  1. プロミス|高い柔軟性が魅力!
  2. プロミスレディース|女性でも借りやすい安心感
  3. 三菱UFJ銀行カードローン「ビジネスローン」|大手の安心と信頼

また、簡単査定ができるファクタリング業者「資金調達.com」もおすすめ!
「資金調達.com」は、最短即日・スピード資金調達が強み。全国どこでもOKで、最大1億円の資金調達が可能となっています。

 

カードローンとは

カードローンとは

カードローンとは、個人に向けてお金を貸し出す個人向け融資サービスのことです。

銀行やコンビニATM等でローンカードを利用してお金を引き出したり、ネットから自分の口座へお金を振り込むことで借り入れを行うことができます。

カードローンの特徴

もう少し具体的にカードローンについて見ていきましょう。

カードローンの特徴として以下の3つが挙げられます。

  • 無担保・無保証人で借り入れができる
  • 利用目的は問われない
  • 借入限度額内なら自由に借入が可能

それぞれ個別に見ていきましょう。

1.無担保・無保証人で借り入れができる

お金を借りる=不動産などを担保にしたり、保証人を立てる必要があると思われがちですが、カードローンを利用する際は、基本的に担保や保証人は必要ありません

そのため、周りの手を借りることなく、スムーズにお金の借入を行うことが可能です。

ただし、銀行が提供する一部のカードローンでは、保証人が必要になるケースや、保証会社による保証が求められる場合もあります。

基本的には無担保・無保証人ですが、申し込み前は実際のところどうなのかをきちんと確認しておきましょう。

2.利用目的は問われない

ローンと言えば、自動車ローンや住宅ローンなどをよく耳にしますが、これらは利用目的が定められており、他の目的で利用することは禁止されています。

なので、自動車ローンであれば自動車の購入、住宅ローンであれば住宅の購入でしか借り入れを行うことができません。

しかしカードローンでは、借入の際、こういった利用目的は問われません

何かに限定されることなく、借り入れたお金を自由に使えることもカードローンの特徴の1つです。

3.借入限度額内なら自由に借入が可能

カードローンを契約する際、借入限度額が定められます。

この借入限度額はよく「枠」と呼ばれるのですが、枠内であれば自由にお金を借り入れたり返済することが可能です。

例えば借入枠が100万円だったとしましょう。

この場合、最初に100万円を借り入れ、後に50万円を返済し、さらにその後に30万円を借り入れるということができます。

キャッシングとカードローンの違い

クレジットカードキャッシング カードローン
金利相場 年15%~18%程度 銀 行 :年2%~15%程度
消費者金融:年3%~18%程度
融資スピード 最短1日~1週間程度 銀 行 :最短即日~1週間程度
消費者金融:最短即日
借入可能額 1~100万円 1~1,000万円

キャッシングとカードローンの違いがあまり分からず、ごちゃごちゃになってしまいがちですよね。

簡単に解説すると、キャッシングとは、現金を借りられるサービスの総称なので、カードローンはキャッシングの一種だという位置づけになります。

よく「カード付帯サービスのキャッシング」と聞くことがありますが、これはクレジットカードに現金を借り入れるキャッシング機能がついたもののことです。

カード付帯サービスのキャッシング、通常のようにショッピング等の支払いも行えますし、いざという時に現金も借り入れることができます。

カードローンは消費者金融よりも銀行の方が良い理由

いよいよ本題に入りますが、カードローンを利用する際は消費者金融等のノンバンク系よりも、銀行のカードローンを最初に検討するようにしましょう

なぜならば、消費者金融よりも銀行の方が低金利でカードローンの融資を受けることができるからです。

消費者金融と銀行の金利比較

具体的に、銀行と消費者金融の金利相場を見ていくと以下のようになります。

銀行 消費者金融
金利相場 年2%~15%程 年3%~18%程

消費者金融の金利が年3%~18%程度なのに対し、銀行の金利は年2%~15%程度と、低く設定されています。

返済金額が増加しないためにも、なるべく金利が低いところでカードローンを利用したいものですよね。

したがって、金利相場の低い銀行でカードローンを利用するのがおすすめなのです。

金利以外の3つの違い

銀行 消費者金融
審査基準 比較的厳しい 比較的甘い
融資スピード 最短即日~1週間程度 最短即日~翌日
総量規制

銀行と消費者金融では、金利以外にも「審査基準」、「融資スピード」、「総量規制」の点で違いがあります。

それぞれ個別に見ていきましょう。

1.審査基準の違い

審査基準は銀行よりも消費者金融の方が甘い傾向にあります。

これは金利が高いことに通ずるのですが、消費者金融は審査が甘く、融資スピードが早いため、お客様一人一人の返済能力を厳密には評価していません。

ということは、消費者金融がお金を融資しても、そのお金がちゃんと返済されるかどうかの確証はなく、貸し倒れのリスクがあるということです。

したがって、消費者金融は金利が高く、審査基準は甘いという仕組みになっています。

反対に銀行は審査が比較的厳しいので、銀行側から見た貸し倒れリスクを限定することができ、低金利でカードローンサービスを提供することができるのです。

2.融資スピードの違い

融資スピードにも違いがあり、銀行よりも消費者金融の方が審査基準が甘い分、融資スピードは早いです。

テレビCM等でも「最短即日で借り入れ可能!」と宣伝している消費者金融が多いですよね。

反対に銀行だと、しっかり審査されるので、最短即日~1週間ほどのリードタイムがあるのです。

3.総量規制の有無

総量規制とは、賃金法によって定められているもので、消費者金融などの賃金業者からお金を借り入れる際は借入額総額の上限を規制するという法律です。

具体的には、「年収の3分の1を超えてお金の借り入れることはできない」というもの。

例えば年収が600万円の方であれば、その3分の1の200万円までしか借り入れはできません。

この総量規制は賃金業者、すなわち消費者金融からお金を借り入れる際に適用される法律です。

そのため、銀行からお金を借り入れる際は総量規制はありません。

銀行審査に落ちた場合は消費者金融へ

銀行と消費者金融を比較すると、金利は銀行の方が低く、審査は消費者金融の方が甘く設定されています。

そのため、「今すぐお金が必要だ!」という状況ではない限り、金利の低い銀行でのカードローン利用を一番に検討するのがおすすめです。

もし、銀行の審査に落ちて銀行から融資が受けられない況に陥ったり、即日お金が必要な場合は、審査基準が甘く、融資スピードの早い消費者金融でお金を借りるといいでしょう。

 

資金調達にはいろいろ方法がある!自分に合った資金調達方法まとめもご覧ください

カードローン利用までの流れ

カードローン利用の流れ

次にカードローン利用の流れを解説していきます。

「申し込み」→「審査通過」→「ローンカード受取」→「借り入れ」→「返済」の順序が一連の流れです。

1.申し込み

最初に資金融資を受けるための審査申し込みが必要です。
申し込みには基本的に以下の書類が必要になってきます。

  1. 運転免許証等の本人確認資料
  2. 源泉徴収票などの収入証明書類

これらの提出書類は各金融機関によって違ってくる場合があるので、申し込みの際は、事前に必要資料をきちんと確認しておきましょう。

2.審査通過

申し込み後は審査があります。

無事審査に通過したならば、融資を受けることができます。

3.ローンカードの受け取り

審査通過後、ローンカードが郵送にて自宅へ届きます。

もし即日で資金が必要な場合は、銀行振り込みで対応してくれるので心配いりません

4.ローンカードの利用

実際にローンカードを使う際は、コンビニや銀行ATMなどで必要なお金を引き出します

借入枠内であれば何度でも自由にお金を引き出すことが可能です。

ただし、自由にお金を引き出すことができるからと言って、無計画にお金を使うのは止め、計画的に借り入れるようにしましょう。

5.返済

カードローン返済方法は以下の2つがあります。

  1. 登録口座より引き落とし
  2. ATMでの返済

口座引き落としの場合は、毎月自動的に登録口座からカード利用料金が引かれます。

毎月計画的に返済したい方や、翌月1回払いで返済したい方は口座引き落としで返済すると良いでしょう。

一方ATM返済では、提携ATMを利用すればいつでも好きなタイミングで返済を行うことができます。

借入金を返済する際は、自分に合った返済方法を選び、返済期限に遅れないようにしましょう。

カードローンを選ぶ上での5つのポイント

カードローン5つのポイント

最後に、どこのカードローンを利用するかを検討する際、チェックしておいてほしいポイントについて解説します。

カードローンを選ぶ際は「金利」、「融資のスピード」、「ATM手数料の安さ」、「WEB完結」、「申し込み条件」の5つをチェックしてくださいね。

1.金利

金利が低いかどうかはカードローンを選ぶ際の最重要項目ですよね。

銀行であれば年2~15%程度、消費者金融であれば年3%~18%程度が相場になります。

ただし、知名度があまりないのに不自然に金利が低い業者があった場合、詐欺会社の可能性があるので注意しましょう。

2.融資のスピード

今すぐお金が必要という場合は、即日融資に対応しているカードローンを選びましょう。

先ほど紹介した通り、銀行だと最短即日~1週間程度で、消費者金融だと最短即日~翌日程度のリードタイムがかかります。

そのため、お急ぎの場合は消費者金融のカードローンを利用し、あまり急いでおらず、1週間ほどの時間的余裕がある場合は、銀行のカードローンを利用すると良いでしょう。

3.ATM手数料の安さ

カードローンではATMを使ってお金を借り入れたり、引き出すことがよくありますが、その際、いちいち手数料がかかっていたらもったいないですよね。

ですので、ATMを多用する人は、手数料の安さも併せてチェックしておきましょう。

以下にカードローン提供会社のATM手数料をまとめて見たのでちぇっくしてみてください。

会社 自社ATM 提携ATM
1万円以下の借り入れ
提携ATM
1万円以上の借り入れ
提携ATM
1万円以下の返済
提携ATM
1万円以上の返済
アコムのカードローン 無料 108円 216円 108円 216円
SMBCモビット 無料(三井住友銀行) 110円 220円 110円 220円
楽天銀行スーパーローン なし 原則無料(一部有料) 原則無料(一部有料) 無料 無料
みずほ銀行カードローン 無料 月4回まで無料 月4回まで無料 月4回まで無料 月4回まで無料
三菱UFJ銀行カードローン 無料 無料 無料 無料 無料

4.WEB完結

多くの銀行や消費者金融でWEB窓口を設けており、支店に赴かなくても、全てWEB上で完結することが可能です。

移動の時間が短縮でき、お急ぎの時でもスマホ一つでスムーズに借り入れができるので大きなメリットですよね。

もちろん、WEB完結に対応しているところもあるので事前にチェックしておきましょう。

5.申し込み条件

消費者金融のカードローンを利用する際は特に気にしなくてもいい項目ですが、銀行カードローンを利用する際は申し込み条件が定められている場合が多いので、事前にチェックしておきましょう。

主に以下のような申し込み条件が設けられていることが多くあります。

  • 満20以上満69歳以下
  • 原則安定した収入がある方
  • 保証会社の保証を受けられる方

これらの条件をクリアしていれば、問題なく申し込みが可能です。

低金利なカードローンで無理なく返済しよう

カードローンの基礎知識から、カードローンの選び方について解説してきましたがご理解いただけましたでしょうか。

今回紹介した通り、カードローンは消費者金融よりも銀行の方が金利を低金利で利用できるため、まずは銀行カードローンの利用を検討するようにしましょう

ただし、銀行カードローンを申し込んだとしても、100%審査に通るわけではありません。

また、24時間以内に急なお金が必要となった場合も、銀行では即日融資が難しいことも多いです。

こういった状況の場合は、審査基準が甘く、融資スピードが早い消費者金融を利用するといいでしょう。

計画的に返済していくためにも、自分にあったカードローンを見つけるようにしましょう。

低金利のカードローンなら三井住友カードがおすすめ

引用元:三井住友カード公式HP

三井住友カードは、現在キャンペーン実施中です。

≪キャンペーン内容≫
期間中にお申し込みいただくと、入会後最大3ヵ月間はご返済時のお利息が0円となります。

≪キャンペーン期間≫
2021年9月1日(水)~2022年5月31日(火)
※詳細はリンク先の公式ページをご確認ください

≪お利息0円になるご返済月≫
①2021年9月入会 ⇒ 2021年10月、11月、12月
②2021年10月入会 ⇒ 2021年11月、12月、2022年1月
※9月・10月お申し込みで11月入会の場合は、2021年12月、2022年1月の最大2か月間が対象となります。
※上記期間内にお申し込みいただいた場合でも、審査状況によってご入会は上記期間外になり、特典が受けられない場合がありますのでご注意ください。

≪キャンペーンのご注意≫
※キャンペーン対象ご利用期間終了(お利息0円期間の最終お支払い日前月の締切日)の翌日から、通常の金利が適用されます。

金利が年1.5%~年15.0%と低めで、申込みから契約までWEBで手軽に完結できます。全国の銀行やコンビニのATM、ネットや電話での利用も可能です。

三井住友銀行のカードローンと名前が似ているので間違えやすいですが、三井住友カードは別会社のカードローンです。三井住友カードのカードローンは、三井住友カード株式会社が提供しています。

このカードローンには、適用利率引き下げサービスがあります。1年間、遅延なく返済実績を積み重ねることで、翌年度利率が0.3%引下げ可能です。

また、最大で年1.2%優遇になるので、お得な金利がさらにお得になるのです。長期に渡る返済を行う場合は、有効なサービスと言えるでしょう。

今すぐ三井住友カードのカードローンに申し込む

おすすめカードローンランキング

  1. プロミス|高い柔軟性が魅力!
  2. プロミスレディース|女性でも借りやすい安心感
  3. 三菱UFJ銀行カードローン「ビジネスローン」|大手の安心と信頼

-資金調達
-, , , ,

© 2021 President Note Powered by AFFINGER5