資金調達

【コロナ禍】ビジネスローンの組み方やおすすめのローン会社を解説

【コロナ禍】ビジネスローンの組み方やおすすめのローン会社を解説

新型コロナウイルスの影響で経営不振になってしまった……とお悩みの方は多いのではないでしょうか。この記事では「コロナ禍でのビジネスローンの組み方」について解説します。

経営不振になっている場合、個人事業主の方や中小企業を営んでいる方で資金調達に悩んでいるなら、ビジネスローンがおすすめ。

この記事は、資金調達をするのが初めての方でもわかりやすいようまとめています。

その他にも「ビジネスローン以外の資金調達方法」の説明や、「おすすめのビジネスローン会社」「ビジネスローンの特徴」についても説明していきたいと思いますので、ぜひこの記事を読んでコロナ禍の資金不足を解消していただければ幸いです。

なお、個人事業主がビジネスローンを組む前に押さえておくべきポイントについては別記事でご紹介していますのでぜひ参考にしてください。

また、簡単査定ができるファクタリング業者「資金調達.com」もおすすめ!

「資金調達.com」は、最短即日・スピード資金調達が可能です。また、全国どこでもOKで、最大1億円の資金調達が可能となっています。

コロナ禍の資金不足はビジネスローンで解決しよう

コロナ禍の資金不足はビジネスローンで解決しよう

Virus design

職種によっては新型コロナウイルスの影響で売り上げが低下し、経営不振となってしまった方もいるでしょう。

売り上げが低下したことで、事業を営むのに必要な資金が調達できずに悩んでいる中小企業や個人事業主は多いはず。

そんな方たちにおすすめする資金調達の方法は「ビジネスローンを組むこと」です。

とくにこのコロナ禍では個人事業主や中小企業の方に強くおすすめできる資金調達方法です。

資金調達の方法がたくさんあるなかで、なぜビジネスローンがおすすめなのか、解説したいと思います。

ビジネスローンには5つの特徴がある

ビジネスローンには5つの特徴がある

ビジネスローンを利用するまえに「ビジネスローンとはどんなものなのか」を知っておく必要があります。

今回はビジネスローンの大きな5つの特徴を挙げていきます。

良い点だけでなく悪い点も包み隠さず解説するので、その両方を理解したうえで利用を検討するとよいでしょう。

  • ビジネスローンは担保も保証人もいらない
  • ビジネスローンは最短で即日融資が可能
  • ビジネスローンは審査に通りやすい
  • ビジネスローンは金利が高い
  • ビジネスローンは融資してもらえる上限が低い

ビジネスローンは担保も保証人もいらない

通常、ローンを組む際には担保となるものや保証人が必要です。しかし、ビジネスローンは基本的に担保も保証人も必要ありません。

ビジネスローンは他のローンに比べ、融資の上限が低めに設定されているため、ローン会社が大きなリスクを背負わずにすむのです。

それによって必要以上のリスク管理をする必要はありません。つまりは顧客から保証人や担保を確保せずに貸し付けできる、というわけです。

資金の調達はしたいけど、担保になるものも保証人もすぐに用意するのは難しい、面倒だと感じる方もいるでしょう。

そのような方にとってはありがたいシステムですね。

ビジネスローンは最短で即日融資が可能

ビジネスローンは最短で即日に融資が可能です。

ビジネスローンは「スコアリングシステム」というシステムを採用しており、コンピュータに事業主の情報を入力すると自動で融資可能か否か、を判断してくれます。

このシステムによってスピード感のある融資が可能になっているわけです。

新型コロナウイルスの影響を受け、一刻も早く資金を調達する必要がある方もいるでしょう。

一刻でも早く資金がほしい方にとってこのスピード感で融資をしてもらえるのはかなり大きなメリットだといえます。

ビジネスローンは審査に通りやすい

ビジネスローンは審査に通りやすい

ビジネスローンは他のローンに比べ、審査に通りやすいです。

このあと詳しく解説しますが、ビジネスローンは融資の上限を低めに設定しているため、万が一返済してもらえなかったときのリスクは低いです。

逆に銀行など高額の融資を行っているところから借り入れをする場合、厳しい審査を通過しなければなりません。

新型コロナウイルスの影響を受け、できるだけ早く資金を調達したいのに「審査に落ちてまたイチからローン会社を探さなければいけない」という状況にならないためにも、審査に通りやすいビジネスローンを利用することをおすすめします。

ビジネスローンは融資してもらえる上限が低い

ビジネスローンは他のローンに比べ、融資してもらえる金額の上限が低いです。

ビジネスローンの特徴の1つに「審査が甘い」ことを挙げました。これは言い換えれば「融資するハードルが低い」と言えます。

100%返済をしてくれる事業主であれば高額の融資をしやすいですが、返済能力が高いことを証明するにはより多くの手続きや厳しい審査をしなければなりません。

しかし、それでは審査のハードルが上がり、融資までの期間も長くなってしまいます。

ビジネスローンのメリットを殺さないために、融資の上限は意図的に低めに設定されているわけですね。ですが、この点はあまり大きなデメリットにはならないと思います。

そもそもビジネスローンは中小企業や個人事業主が利用できるローンですが、個人事業主が何億円単位の巨額な資金を必要とすることはまずないからです。

融資してもらえる上限が低いとはいえ、ビジネスローンで1,000万円前後の融資を受けられるので「運転資金の足しにしたい」「設備資金が少し足りない」などのほとんどの悩みはカバーできるはず。

ビジネスローンは金利が高い

ビジネスローンは金利が高い

正直、ビジネスローンは他のローンに比べ、金利は高めに設定されています。

先ほど「ビジネスローンは融資してもらえる上限が低い」と解説しました。そのため、ビジネスローン会社が利益を得るには金利を高めに設定しなければなりません。

銀行のように融資の上限が高ければ低金利でも利益はでますが、ビジネスローンはそうはいきません。メリットとデメリットは裏表ですね。

この金利の高さがビジネスローンを組む上で一番のデメリットになるでしょう。

とはいえ、資金不足が解消されることで売り上げの向上が期待できるなら、ビジネスローンを利用しても問題ありません。

ビジネスローンを組んだほうがよいパターン

ビジネスローンを組んだほうがよいパターン

ビジネスローンはあくまでローンであるため、当然金利を払わなければいけませんし、それがデメリットでもあります。

ビジネスローンを組む前に「自分は本当にビジネスローンを組んだ方がよいのか」を確認しておきましょう。

パターン①新型コロナウイルスの影響で経営不振になった

新型コロナウイルスの影響で経営不振になってしまい、事業に回す資金が足りない方はビジネスローンを利用するとよいでしょう。

新型コロナウイルスはいつおさまるかわかりません。しかし、必ずいずれおさまる日がきますし、売り上げも回復するでしょう。

つまり、新型コロナウイルスが原因で低下した売り上げは新型コロナウイルスがおさまればもとに戻るはず。

「新型コロナウイルスが落ち着くまでのつなぎ」として足りない資金をビジネスローンでおぎなう手段は有効だといえます。

パターン②事業資金があれば売り上げアップが狙える

運転資金や設備投資資金を増やすことで売り上げが向上するなど、資金があればそれ以上のリターンが返ってくる場合もビジネスローンを利用したほうがよいでしょう。

この場合は「ビジネスローンは金利がかかるから」といってビジネスローンを利用しないほうが、利益向上の機会を損失してしまっているのでもったいない、といえます。

今までビジネスローンを組んだことがない方にとってローンを組むのはややハードルが高く感じると思いますので、より大きな利益を見込めるのであれば試しに少額の融資から利用してみるとよいかもしれません。

ビジネスローンを組むまでの流れ

ビジネスローンを組むまでの流れ

ビジネスローンの利用を検討されている方に向けて、ビジネスローンを組むまでの流れについて書きます。

この章を読めばビジネスローンを組むまでの全体的な流れや準備に必要なものが分かります。

ビジネスローンを組むステップ

ビジネスローンを組むまでのステップは以下の通り。

  1. 借り入れたい資金の金額を計算する
  2. ビジネスローンを契約する会社を決める
  3. 審査を申し込む
  4. 融資スタート

このような簡単なステップになりますが、1つだけ気をつけてほしいことがあります。

それは、借り入れたい資金の金額はできるかぎり正確に計算する、ということ。

さきほども言ったように、ビジネスローンの金利は決して低くはありません。

本当は100万円の資金でこと足りたのに、1,000万円資金を借り入れてしまうと、本来払う必要のなかった900万円分の金利を払う必要があります。

かといって必要な資金より少ない融資しかもらわなかった場合、けっきょく事業をうまく営むことができず、融資をもらった意味がなくなってしまいます。

ですので、ビジネスローンを組む際には「どのくらいの融資をうけたいのか」「その金額は多すぎないか、逆に少なすぎないか」を計算しましょう。

準備するもの

ビジネスローン会社によって必要となる書類は変わりますが

  • 本人確認書類(運転免許証、国民健康保険証、パスポート)
  • 所得証明書
  • 事業計画書
  • 納税証明書

などが必要になります。

自分が融資してもらいたいビジネスローン会にどのような書類が必要か、一度電話で確認することをおすすめします。

コロナ禍でおすすめのビジネスローン会社は「令和カード」

コロナ禍でおすすめのビジネスローン会社は「令和カード」

ここまで記事を読んでビジネスローンの利用を検討しているものの、どのビジネスローン会社を選べばよいかわからない、という方に向けておすすめのビジネスローン会社を紹介します。

おすすめのビジネスローン会社は「令和カード」です。

私が令和カードをおすすめする理由は「ビジネスローンに求められている要素を完璧に満たしているから」です。

令和カードには以下の特徴があります。

即日融資も可能

令和カードはビジネスローンの一番のメリットである「融資までのスピード感」を十分に備えています。

また契約の際に必要となる書類は

  • 免許証
  • 保険証
  • 所得証明

の3つだけと非常に少ないため、すぐに審査を申し込めます。

担保や保証人も必要ないため、そのまま即日に融資をしてもらうことも可能です。

インターネット上で契約は完結するため来店不要

インターネット上の申込フォームに必要事項を入力するだけで契約ができてしまうため、わざわざ店まで出向く必要はありません。

そのうえ日本全国対応しているので、遠方からの申し込みであっても問題なしです。

融資の上限が高い

ビジネスローンの融資の上限は低く、一般的には1,000万円前後であることが多いです。

対して令和カードの上限は2,000万円。

2,000万円もの資金を調達できればまず問題ないでしょう。

個人事業主が資金集めで2,000万円もの額を借りることはあまりないですよね。要するに十分な金額を借り入れできるということです。

下限は100万円から借り入れが可能なので、そこまで大きな額の借り入れは望んでいない方にもおすすめできます。

令和カード

以上、3つの点から令和カードをおすすめします。

ビジネスローンの利用を検討しているかたは一度こちらの公式サイトをのぞいてみるとよいでしょう。

令和カード公式サイトはこちら

日本政策金融公庫から借り入れるという手もあり

日本政策金融公庫から借り入れるという手もあり

資金調達にアタマを悩ませているなら、ビジネスローン以外に「日本金融支援公庫」から借り入れる手段もあります。

日本金融支援公庫とはビジネスローンと同様に中小企業や個人事業主に融資をしている金融機関です。

日本金融支援公庫には以下の特徴があります。

  • 新規事業の立ち上げにより力をいれている(運転資金、設備資金の融資も行っている)
  • 厳しい審査がある
  • とにかく金利が安い

なかでも特筆すべきは「圧倒的な金利の低さ」と「審査が厳しい」点です。

審査が厳しくさまざまな手続きが必要となるため、すぐに資金を調達したい方には不向きだといえます。

審査の際には面談を行ったうえで合否を判断されるなど、融資してもらうためのハードルも高いです。

その代わり金利はかなり安く、その安さと言えば、ビジネスローンはもちろん銀行の金利をもはるかにしのぐほど。

  • 資金の調達を焦っていない
  • 返済能力を十分にアピールできる
  • 新規事業の立ち上げを検討している

以上の項目に当てはまるかたは日本政策金融公庫からの借り入れも検討してみてはいかがでしょうか。

コロナ禍の経営不振はビジネスローンで乗りきろう

コロナ禍の経営不振はビジネスローンで乗りきろう

新型コロナウイルスの影響を受け、一時的に経営不振になったしまったとしても、ビジネスローンを利用することで資金を確保できます。

金利を上乗せして返済しないといけない、などのデメリットもありますが、そもそも事業が安定しなければ売り上げを出すことも困難です。

まずはビジネスローンで資金を調達し、事業を安定させたうえで返済を行えば、コロナ禍での経営も乗り切れるはず。

-資金調達
-,

© 2021 President Note Powered by AFFINGER5