ビジネスローン

【2021最新版】ビジネスローンのメリットとは?個人事業主におすすめのビジネスローンランキングを紹介!

個人事業主やフリーランスがビジネスローンが必要な理由とは?

事業を運営する時には、何よりもお金が必要です。

事業資金を調達するための手段としては様々な方法がありますが、代表的な手法はビジネスローンによる資金調達。

この記事では、個人事業主が事業資金を調達する際に便利なビジネスローンの使い方やおすすめのビジネスローンをビジネスローンをランキング形式で紹介していきます。

また、個人事業主がビジネスローンを利用するときの注意点、審査に通りやすくなる方法なども合わせて確認していきましょう。

資金調達は事業の要です。ビジネスローンで資金繰りを強化してビジネスを成長させよう!

個人事業主におすすめのビジネスローン!

ビジネスローン

個人事業主やフリーランスにつきものの問題といえば資金面の問題。

お金がなければ、事業が思うように進みません。

また、事業に必要な物資を調達するにも、人を雇うにもお金が必要です。お金は事業運営を進めるうえでの生命源ともいえるでしょう。

ビジネスローンで資金調達をすることで、効率的に資金調達をすることができます。

ビジネスローンで便利なのはスムーズに資金調達ができる点。

多くのサービスは無担保・無保証であり、Web申し込み可能で来店不要など。

便利なビジネスローンの使い方について、特徴などを確認していきましょう!

個人事業主におすすめのビジネスローンの特徴

個人事業やフリーランスにおすすめのビジネスローンの特徴とは?

ビジネスローンは借りやすく、すぐにお金が欲しいときなどに重宝するものです。

効率的にビジネスローンを活用することにより、ビジネスが円滑に進むでしょう。

ビジネスローンとは

ビジネスローンは事業(ビジネス)用の資金調達に特化した金融サービスのこと。

事業用のために必要なお金を借りて、少しずつ決まった額を返していくというサービス内容です。

例えば、事業に必要な金額が100万円必要な場合、100万円を先に借りることができます。

借りたお金は契約内容に応じて少しずつ返済していきます。

計画的な資金計画を立てるのに役立つサービスといえるでしょう。

事業の用途に使えるローン

ビジネスローンは事業の用途に使えるローン。

事業を進めるうえでは様々な資金が必要です。

例えば、お店を始める場合には店舗を借りたりお店に必要な備品などを揃えるためにまとまったお金が必要です。

また、従業員を雇う際のお金が急に必要なこともあるでしょう。

ビジネスローンは事業に必要なお金を調達することに特化した便利なサービスです。

Web申し込み可能

ビジネスローン

インターネットが発展し、ビジネスローンの多くがWeb申し込みが可能。

インターネット上で手続きが完了するので、忙しく時間が無いときにも重宝するサービスです。

パソコンやスマートフォンなどがあれば手続きを済ませられるため、忙しい事業者にも安心の仕組みです。

来店不要

Web申し込みをすることで、わざわざ店舗を訪問して手続きをするという必要がありません。

必要な手続きはすべてWeb上のデータでやりとりするため、手続きが大幅に簡略化されます。

ただし、一部は郵送など書類での手続きが必要となることもあります。

無担保・無保証

ビジネスローンの多くは無担保・無保証で利用することができます。

担保とはお金を返せなかった場合に設定する資産のこと。

また、保証人とはお金を返せなかった場合に代位弁済をする人のことを指します。

例えば、お金を借りる際に担保を設定する場合、返済が滞った場合に担保に設定した資産が返済に充てられるという仕組みです。

通常、担保や保証人を用意するにはそれなりの準備が必要であり、お金を借りる際に準備するのも手間がかかるでしょう。

無担保・無保証のビジネスローンを利用することで、担保や保証人を用意する手間を省くことができるのです。

急いでお金が欲しい時には便利な仕組みといえるでしょう。

銀行融資との違い

ビジネスローン

ビジネスローンは銀行融資と比較されることがあります。

銀行融資の特徴は低金利ではあるものの、お金を借りる際に必要な審査の手間がかかること。

また、審査の結果次第ではお金が借りられるとは限らず、スムーズにお金を借りる際はビジネスローンの方が便利でしょう。

ビジネスローンは銀行融資よりも手軽にお金を借りることが出来るというメリットがあります。

カードローンとの違い

ビジネスローンとよく似た商品にカードローンがあります。

カードローンとは事業以外の用途にも使えるローンで、使用用途に制限がありません。

生活資金など事業と無関係の資金でも調達することができるので、お金がないという利用者にも便利なサービスです。

ただし、総量規制などによって借りることのできるお金が制限されるなどの特徴があります。

貸金業法による総量規制

貸金業法とは金融機関で消費者がお金を借りる際に消費者を守るための法律とのこと。

貸金業法の具体的な内容としては、総量規制というものがあります。

総量規制とは金融機関が貸し出すお金のことを制限する規制のこと。

通常のカードローンでは総量規制により、年収の3分の1以上の金額を借りることを禁止されています。

しかし、ビジネスローンではこの総量規制の対象とならないことが多いため年収の3分の1以上のお金を借りることも可能です。

事業に必要なお金として、多額の資金が必要なこともあるでしょう。

ビジネスローンでは総量規制を超えるお金を借りることができるため、個人事業主にとって大きな味方であるといえるでしょう。

ビジネスローンの種類

ビジネスローン

ビジネスローンには大まかに分けて「消費者金融系ビジネスローン」「銀行系ビジネスローン」「信販系ビジネスローン」の3種類があります。

それぞれは運営する金融機関によって特色があり、金利の大小やお金を借りるまでのスピードに違いがあります。

一般的に、消費者金融系ビジネスローンは借りやすいが高金利、銀行系ビジネスローンは低金利だが借りるまでに時間がかかるという特徴です。

ビジネスを利用するうえでは、あらかじめそれぞれの特徴をおさえておくと便利です。

金利や借りやすさが違う

ビジネスローンは金利や借りやすさにおいてそれぞれ特色があります。

金利と借りやすさはトレードオフの関係、すなわち借りやすいサービスは金利が高く、借りづらいサービスは金利が安いというという傾向です。

消費者金融系のビジネスローンにおいては即日融資可能など、すぐに借りられる一方で金利が高めに設定されています。

お金を借りる際には金利を払わなければなりません。本当にお金を借りなければいけないのか、金利を安いサービスに切り替える手段はないのかということを視野に入れながらビジネスローンを上手に活用しましょう。

それぞれのビジネスローンの特徴

  • 消費者金融系ビジネスローン:借りやすい反面で、金利が高い。
  • 銀行系ビジネスローン:金利は安いが、借りるまで時間がかかる。
  • 信販系ビジネスローン:金利は安い。他の金融サービスと複合して便利に活用できる。

消費者金融系ビジネスローン

ビジネスローン

消費者金融系ビジネスローンは「ノンバンク系」ともいわれるように、銀行や信販系の会社から独立したサービスのこと。

一般的に、即日融資など借りやすいサービスである反面金利が高めに設定されているという特徴があります。

独自の審査システムから審査の日数が短く、借りやすいことが特徴です。

消費者金融系の例としては、プロミスやアイフルなどがあげられます。

消費者金融系の特徴やおすすめのビジネスローンについては、以下の記事で詳細をまとめてますので合わせてご確認ください。

銀行系ビジネスローン

銀行系ビジネスローンは銀行が提供するビジネスローンのこと。

都市銀行だけでなく、地方銀行など様々な銀行がビジネスローンのサービスを提供しています。

銀行系のビジネスローンは一般的に審査が厳格である一方、金利が低めに設定されているのが特徴です。

銀行系ビジネスローンの例としては、PayPay銀行などのネット銀行、三菱UFJ銀行やりそな銀行などの都市銀行、横浜銀行などの地方銀行と様々な銀行がビジネスローンのサービスを提供しています。

前述したように、通常の銀行融資よりも審査が簡略であり、スムーズに活用できる点がビジネスローンの強みです。

信販系ビジネスローン

信販系とは、クレジットカードなどを発行する信販会社が発行するビジネスローンのこと。

信販系のビジネスローンの特徴は、クレジットカードとの組み合わせでお得にビジネスローンを活用できること。

例えば、クレジットカードのポイントを貯めながらビジネスローンを活用するという使い方が可能です。

銀行系と同等の低金利で融資できる場合もあり、使い方次第で非常に便利に活用することのできるビジネスローンです。

信販系ビジネスローンの例としては、楽天スーパービジネスローンなどが挙げられます。

総合的な金融サービスの一環としてビジネスローンを利用できるのが特徴といえるでしょう。

おすすめのビジネスローンランキング!

ビジネスローン

ビジネスローンの特徴について見ていきました。

以下では、おすすめのビジネスローンをいくつかピックアップし、ランキング形式で紹介します。

金利やサービス内容について比べながら、ご自身の活用方法に合ったビジネスローンを探してみてください。

それぞれについてお得な使い方がありますので、便利な使い方を抑えて便利なビジネスローンを有効活用していきましょう!

PayPay銀行ビジネスローン(旧名:ジャパンネット銀行)

PayPay銀行

引用元:https://www.japannetbank.co.jp/business/loan/index.html

PayPay銀行ビジネスローンはコチラ

PayPay銀行(旧名ジャパンネット銀行)は低金利のビジネスローン!

2.8%~13.8%という金利はビジネスローンの中でもかなり安い条件での金利です。

ネット銀行ならではの便利なサービスが充実しており、PayPayなど様々な金融サービスと複合した便利なサービスを利用できます。

PayPay銀行のビジネスローンについては、以下の記事で詳しく解説していますので、合わせてご確認ください。

便利なネット銀行

PayPay銀行は決済サービスでお馴染みのPayPayグループの一員。

旧名ジャパンネット銀行でしたが、2021年4月よりPayPay銀行と改称されました。

ネット銀行ならではの便利なサービスが魅力であり、ネット申し込みで簡単にビジネスローンの申し込みが可能です。

キャッシュレスの推進!

PayPay銀行は「インターネット企業」と「銀行」の2つの顔を持っており、インターネットを介した便利なサービスが魅力です。

例えば、PayPay銀行の口座を持っていればATMに行かなくてもお手持ちのスマートフォンやパソコンから手続きを行えます。

店舗に行かずとも振込や入出金照会など様々なサービスを利用することができるので、便利にサービスを進めることが可能です。

VisaデビットやPay-easyなどのキャッシュレス決済を導入すれば資金調達をしながらキャッシュレスの導入を進めることができます。

PayPay銀行ビジネスローンの商品概要

PayPay銀行のビジネスローンは事業用資金の調達が可能。

また。2.8%~13.8%という低金利も魅力であり、有利な条件でお金を借りることができます。

口座の解説はPayPay銀行の口座を持っているとスムーズ、口座を持っていない場合もビジネスローンを活用することができるので、安心して利用できるでしょう。

用途 事業用資金
利用限度額 10万円から500万円
金利 2.8%~13.8%
契約期間 1年間(自動更新)
書類 なし
担保・保証人 不要
保証会社 アイフル株式会社

アイフルビジネスファイナンス(旧名:ビジネクスト)

アイフルビジネスファイナンス

引用元:https://www.aiful-bf.co.jp/lp/business-loan.html

アイフルビジネスファイナンスはコチラ

アイフルビジネスファイナンス(旧名:ビジネクスト)のビジネスローンはアイフルグループのビジネスローンを利用できます。

消費者金融系ならではの借りやすいサービスが魅力で、スムーズにお金を借りたい時に便利なサービスです。

アイフルビジネスファイナンスについては、以下の記事で審査の手続きなどを詳しく解説しています。合わせてご確認ください。

事業資金の調達ならアイフルビジネスファイナンス!

アイフルビジネスファイナンスはアイフルグループのビジネスローン!

「事業者の頼れるパートナー」として様々な金融サービスを展開。

事業者にとって必要な資金調達の問題をビジネスローンで管理するサービスです。

サービス内容としては、一般的なビジネスローンのほかに不動産を担保とした不動産担保ローン、売掛債権を担保とした売掛債権ファクタリングなど、お手持ちの資産を活用したサービスを受けられます。

売掛債権ファクタリング

売掛債権を担保としたファクタリングサービスを実施。

ファクタリングとは売掛債権を担保とした融資のこと。

通常、現金化までに時間の要する売掛債権を資金化することで資金調達のサイクルを早めることができます。

商品概要

アイフルビジネスファイナンスは担保・保証人不要で申し込み可能!

最短即日~数日でお金を借りることができるビジネスローンです。

利用額は1万円から設定できるため、少額の借り入れから便利にお金を借りることができます。

用途 事業用資金
利用限度額 1万円~1,000万円
金利 3.1%~18.0%
必要書類 本人確認書類、確定申告書1年分など
担保・保証人 原則不要

りそな銀行ビジネスローン

りそな銀行

https://www.resonabank.co.jp/hojin/service/kakushu/businessloan/

りそな銀行は大阪に本部を置く都市銀行。

銀行系ならではの金利の低さで有利にお金を借りることができます。

りそな銀行ビジネスローンはコチラ

事業者のお悩みを解決!

りそなビジネスローン「活動力」は事業者の悩みを解決するビジネスローン。

事業に必要な様々な資金調達に役立つサービスです。

来店不要で申し込むことができるため、忙しい事業者にとっても使いやすいサービスです。

必要なときに引き出し可能!

りそなビジネスローン「活動力」は必要なときに必要なお金を引き出すことが可能。

融資の審査を受けていれば、限度額内でお近くのATMからお金を引き出せます。

急にお金が必要なときなどが多いでしょう。

事業者の困ったときに役立つサービスです。

商品概要

りそなビジネスローン「活動力」は6.0%~14.0%と銀行系ならではの有利な条件で利用できます。

また、担保・保証人不要で利用できるため、スムーズに申し込み可能です。

用途 事業用資金
利用限度額 10万円~500万円
金利 6.0%~14.0%
必要書類 本人確認書類、所得証明書類など
担保・保証人 不要
更新期間 1年
保証会社 アイフル株式会社

プロミス 自営者ローン

プロミス

https://cyber.promise.co.jp/Pcmain/APD67Control/APD67007

プロミス 自営者カードローンはコチラ

プロミスは消費者金融のプロミスグループの一員。

プロミスの自営者ローンでは個人事業主に向けたビジネスローンを提供しています。

プロミスのビジネスローンや審査の手続きについては以下の記事で詳細を解説していますので、合わせてご確認ください。

スピード審査!

プロミスはスピード審査ですぐにお金を借りることができる!

独自の審査システムで当日中のスピード感のある審査手続きが進むため、すぐにお金を借りたいときなどに重宝します。

また、利用限度額内であればいつでもお金を引き出すことができるので、急にお金が必要なときに特に便利なサービスです。

商品概要

プロミスの自営者ローンは事業費だけでなく、生計費などプライベートな資金にも利用できます。

急に出費が必要なときなど、事業費以外の用途にも活用できるので個人事業主の大きな味方となるでしょう。

用途 生計費および事業費
利用限度額 300万円まで
金利 6.3%~17.8%
担保・保証人 不要

アコム ビジネスサポートカードローン

アコム

https://www.acom.co.jp/lineup/business/

アコム ビジネスサポートカードローンはコチラ

アコムは消費者金融系のアコムグループの一員。

ビジネスサポートカードローンはスピード審査が魅力で迅速な資金調達をサポートしてくれます。

即日融資可能

アコムのビジネスサポートカードローンは即日融資可能!

独自のスピード審査で急な申し込みにも対応します。

ビジネスローンの申し込みした当日にはお金を借りることができるので、急な出費にも対応可能です。

商品概要

スピードが審査が魅力なアコムビジネスサポートカードローンは即日融資可能。

利用額も1万円から調整可能なので、融通の利く融資に対応します。

用途 自由
利用限度額 1万円~300万円
金利 12.0%~18.0%
必要書類 確定申告書1年分など
担保・保証人 不要

オリコ ビジネスローン「CREST for BIZ」

オリコCREST

https://www.orico.co.jp/business/loan/

オリコ ビジネスローンはコチラ

オリコのビジネスローン「CREST for BIZ」はオリコグループのビジネスローン。

オリコのビジネスローンの審査傾向や申し込み方法については以下の記事で詳しく解説していますので、合わせてご確認ください。

年収の3分の1以上を借りられる!

オリコのビジネスローン「CREST for BIZ」は総量規制の対象外であり、年収の3分の1を超えた額を借りることができます。

また、事業の用途であれば使途に制限がないため、事業者の大きな味方となるビジネスローンです。

ビジネスカードと併用

オリコグループのビジネスカードと併用することで、キャッシングのサービスなどを受けることができます。

キャッシングとは、与信の限度額内であればいつでもお金を引き出すことのできる制度のこと。

ビジネスカードは事業の経費精算などに大変役立つものです。

ビジネスローンと合わせてオリコのビジネスカードの利用をご検討ください。

商品概要

オリコのビジネスローン「CREST for BIZ」の商品概要は以下の通りとなります。

年会費無料、担保・保証人不要と申し込みやすいサービスです。

用途 事業資金
利用限度額 10万円~300万円
金利 6.0%~18.0%
年会費 無料
担保・保証人 不要

楽天スーパービジネスローン

楽天ビジネス

https://www.rakuten-card.co.jp/merchant/bizloan/

楽天スーパービジネスローンはコチラ

楽天スーパービジネスローンは楽天グループのビジネスローン。

楽天グループは楽天カードや楽天ペイなど様々な金融サービスと複合しており、お得にサービスを利用することができます。

楽天スーパービジネスローンの審査などについての詳細は以下の記事で紹介しておりますので、合わせてチェックしてみてください!

売上充当方式

楽天のスーパービジネスローンで特徴的なのが、売上充当という返済方法。

通常、借入金の返済は口座振替など金融機関を通じて行います。

楽天スーパービジネスローンでは仕入れにかかった費用を調達し、売上金を返済資金に充当することができます。

楽天グループのサービスと併用

楽天グループにはスーパービジネスローン以外のサービスも充実しています。

例えば、楽天ペイと併用することにより決済の手段を大幅に簡略化、集客向上に繋げることができます。

楽天トラベルと併用することで、楽天トラベルに自社の店舗を出すことが可能になり、集客アップにつながるでしょう。

また、楽天グループのサービスと併用することで金利が割引になることがあるため、お得にビジネスローンを利用することができます。

商品概要

以下は楽天スーパービジネスローンエクスプレスの商品概要です。

楽天スーパービジネスローンには多くのプランが用意しておりますので、ご自身の事業に合ったお得なプランがあるかどうか、活用を検討してみてください。

用途 事業用資金
利用限度額 50万円~1,500万円(10万円単位)
金利 3.0%~14.5%
必要書類 本人確認書類、登記事項証明書類など
担保・保証人 不要

法人向けのビジネスローンおすすめランキング

ビジネスローン

ここまで、個人事業主向けのビジネスローンについて解説していきましたが、中小企業など法人向けのビジネスローンにはどのようなものがあるでしょうか?

個人事業主向けのビジネスローンと法人向けのビジネスローンは、実はそんなにサービス内容に違いがありません。

個人であるか法人であるかは信用度合いに違いがありますが、サービス内容は金利などの条件はそこまで変わらないのです。

同じ「事業者」である括りである個人事業主と法人は何が違うのか、法人成りのメリットについてあらためておさらいしておきましょう。

個人事業主と法人の違い

法人とは法律上認められた特別の人格のこと。

株式会社などが代表的ですが、非営利法人や学校など法人には様々な組織形態があります。

法人になることを「法人成り」と呼びますが、法人となることで一般的に社会的な信用力が増すなどのメリットがあります。

ちなみに、一般的な人間のように個別に生命を持っている人のことを自然人と呼びます。

自然人である個人事業主と法人ではどのような違いがあるか、確認していきましょう。

金融機関からの信頼度が高くなる

一般的に、法人のほうが個人事業主よりも信用力が高いことが多いです。

法人として成るためには法人情報などを登記する必要がありますが、登記された情報は閲覧することができるため、金融機関からの信用も高くなるのです。

信用力が高くなると、借りられるお金の限度額が高くなるというメリットがあります。

ビジネスローンの場合、法人が申込をする場合には本人確認書類として代表者の本人確認書類を求められる場合が多いです。

取引先からの信頼度が高くなる

ビジネスローン

個人事業主よりも法人の方が信頼が高くなる傾向にあります。

この理由は金融機関からの信頼度が高くなる理由と同様で、身分証明をしっかりできるため、取引先からも信頼して仕事を任せることができるのです。

特に、法人と法人との取引の場合には大きな効力があるでしょう。

法人間とのビジネスを進める場合、法人であることメリットを受けることが出来るので、事業規模を拡大したい時には法人成りを検討してみましょう。

税制で優遇を受けられる

法人になると税制で優遇を受けられる場合があります。

事業者が事業によって得た利益には税金を支払う必要があります。

個人事業主(自然人)が事業で儲けたお金は「所得」となり、所得税が課せられます。

一方で、法人が事業で儲けたお金は法人税が課せられることになるのです。

所得税と法人税では課税の計算方法が異なりますが、ある程度の事業規模がある場合には法人税の方が税負担が少なくなります。

これは、所得税が所得の額に応じて変動する累進課税であるのに対して法人税の金額は事業規模に関わらず一定である(比例課税)ためです。

また、法人成りした場合、自身への給与(役員報酬)を給与所得控除とできるため、税負担が軽減されます。

法人成りでビジネスを進める

ビジネスローン

個人事業主が会社を作るなどして法人を立てることを法人成りといいます。

法人成りしてビジネスを進めることで、事業者としての信頼が増してお金が借りやすくなるなどのメリットがあります。

その他にも、法人成りすることは様々なメリットがあるでしょう。

法人成りのメリットや法人成りの手続きについて紹介します。

法人成りのメリット

法人成りをすることで、社会的な信用度合いが高くなります。

取引先や金融機関からの信用度が高くなると、ビジネスを優位に進めることができます。

法人成りのデメリット

一方で、法人として登録することで法規制など様々な注意点があります。

法人として登記するためには煩雑な手続きが必要であり、相当な事務負担が求められるのです。

法人所得の申告を行う際にも慎重な貴重業務が必要であり、経理などの事務負担が高くなるでしょう。

また、法人として登記するには手数料がかかります。

法人成りの手続きが煩雑である等、法人成りする際には事務手続きなど様々な点に注意しましょう。

法人成りの手続き

法人成りをするには様々な手続きを経る必要があります。

法人(会社)としての基本事項を定めるために定款を作成し、法人設立の届け出を出します。

このとき、個人事業者としての廃業届けを出しましょう。

法人(会社)を設立した後は税務署への書類提出、社会保険の加入手続き、労働保険の加入手続きなど様々な準備が必要です。

事務処理が抜けることがないように、しっかりと準備をして法人成りの手続きを進めましょう。

MRF

MRF

https://www.mrf-c.co.jp/

MRFはコチラ

MRFは事業者をサポートする様々なアイデアが練りこまれたビジネスローン。

専門知識が豊富なスタッフが事業者をサポート。

ファイナンシャルプランナーなどの専門資格を有したスタッフが事業者の課題解決のため、親身な相談で事業をサポートします。

商品概要

MRFは事業者の事情に応じて様々なプランを用意。

以下は、長期間元金据置プランと呼ばれる制度。

不動産を担保とした融資であるため、有利な条件で資金調達を行うことができます。

用途 事業性資金
利用限度額 100万円~3億円
金利 15.00%以内
担保・保証人 不動産
必要書類 本人確認書類、所得証明書類、権利証)など

三菱UFJ銀行 BIZLENDING

biz-lending

https://lending.corporate.bk.mufg.jp/

三菱UFJ銀行 BIZLENDINGはコチラ

三菱UFJ銀行のBIZLENDINGはペーパーレス、オンラインに特化した法人向けのビジネスローン。

融資の審査に面倒な手続きを必要とせず、AIなど最先端のITでスムーズに資金調達が可能です。

ペーパーレス

三菱UFJ銀行のBIZ LENDINGではペーパーレス、オンラインに特化し、スムーズな審査手続きを実施。

従来の銀行融資や銀行のビジネスローンでは審査に時間がかかり、迅速な資金調達が難しかい状態でした。

AIの力を活用し、新しい審査を取り入れることで審査のスピードを大幅に向上することに成功。

法人が登録している口座の入出金を元に審査の可否を判定するため、スムーズな審査が可能になったのです。

決算書も不要であるため、忙しい事業者にとっても便利にビジネスローンの申し込みが可能になるでしょう。

スピード融資

三菱UFJ銀行のBIZ LENDINGではスピード融資が可能!

銀行系のビジネスローンは時間がかかることがネックになっていましたが、審査の手続きを簡略化することで大幅に審査の所要日数を簡略化しています。

申し込みから入金まで最短2営業日までで実施可能。

今までの銀行系ビジネスローンにはないスピード感のある資金調達が可能になりました。

商品概要

三菱UFJ銀行BIZ LENDINGの商品概要は以下の通りです。

最短2営業日で資金調達が可能でありながら、最大15.0%という金利はビジネスローンの中でも際立って有利な条件といえるでしょう。

用途 運転資金、納税資金、設備資金、賞与資金 等
利用限度額 50万円~1,000万円
金利 ~15.0%
担保・保証人 不要

セゾンファンデックス「不動産担保ローン」

セゾンファンデックス

https://www.fundex.co.jp/

セゾンファンデックス「不動産担保ローン」はコチラ

セゾンファンデックスの不動産担保ローンは不動産を担保としたビジネスローン。

不動産を担保とするため、通常のビジネスローンよりも有利な条件で資金調達が可能です。

不動産担保ローンとは

不動産担保ローンとは不動産を担保とするローンのこと。

通常のビジネスローンでは無担保・無保証であるため、金利は高めに設定されます。

不動産を担保とすることで、金融機関が貸し出しリスクを抑えることができるために低金利で貸し出し可能となるのです。

お手持ちの資産を有効活用した資金調達といえるでしょう。

抵当権について

セゾンファンデックスでは抵当権は二番目以降でも利用できます。

抵当権とは不動産を担保とする順位のこと。

複数の金融機関からお金を借りる場合、抵当順位をそれぞれ設定していきます。

抵当順位が1番でなければ融資ができないという金融機関もある中で、2番目以降でも利用できるため、資金調達がスムーズに進みます。

商品概要

セゾンファンデックスの不動産担保ローンでは不動産を担保としたビジネスローンを提供。

申し込みの際には本人確認書類のほかに、本人の所得や不動産を所有することを証明する書類が必要です。

用途 事業用資金
利用限度額 100万円~3億円
金利 2.65%~4.45%(変動金利)
4.5%~9.9%(固定金利)
必要書類 本人確認書類、所得証明書類、納税証明書(固定資産税)など
担保・保証人 不動産

三井住友銀行のビジネスセレクトローン

smbc-business

https://www.smbc.co.jp/hojin/financing/chusho/bloan/

三井住友銀行のビジネスセレクトローンはコチラ

三井住友銀行のビジネスセレクトローンは都市銀行の三井住友銀行が運営するビジネスローン。

三井住友銀行のビジネスセレクトローンの詳細や審査についての説明は以下の記事で紹介していますので、合わせてご確認ください。

最大1億円!ワイドな融資額

三井住友銀行のビジネスセレクトローンでは最大1億円とワイドな融資限度額が設定されています。

大きな事業に挑戦するとき、多額の資金を調達したいときに役に立つでしょう。

商品概要

三井住友銀行ビジネスセレクトローンの商品概要は以下の通りとなっています。

また、金利は2.125%からとビジネスローンの中ではかなり低い金利で利用可能です。

金利 2.125%~
借り入れ期間 最長7年
担保 不要
保証人 第三者保証不要
借り入れ限度額 1億円

東京スター銀行スタービジネスカードローン

東京スター銀行のビジネスローン

https://www.tokyostarbank.co.jp/hojin/financing/sbcl.html

東京スター銀行スタービジネスカードローンはコチラ

東京スター銀行の「スタービジネスカードローン」は無担保・無保証で融資!

来店不要でWeb申し込み可能!

全国対応かつスピーディーに利用できるので、迅速な資金調達にピッタリです!

東京スター銀行のビジネスローンについては以下の記事で詳細を解説していますので、ご確認くださいませ。

東京スターダイレクト

「東京スターダイレクト」を利用すればスマホやパソコンからいつでも借り入れ可能!

全国のATMを活用してスムーズに必要なお金を引き出すことができます。

最大1,000万円という利用額、金利も4.5%~14.5%とお得に利用可能です。

「スタービジネスカードローン」の商品概要

東京スター銀行「スタービジネスカードローン」の商品概要は以下の通りとなっています。

金利上限14.5%と、リーズナブルな金利で利用可能です。

用途 事業性資金
利用限度額 50万円~1,000万円
金利 4.5%~14.5%
担保・保証人 不要
契約期間 1年(自動更新)

横浜銀行

横浜銀行

https://www.boy.co.jp/hojin/fast/index.html

横浜銀行のビジネスローンはコチラ

横浜銀行は神奈川県横浜市に本部を置く地方銀行。

神奈川県や東京都町田市などの地域にお住まいの方を対象にした金融サービスです。

地方銀行では最も規模の大きい銀行であり、地方銀行の雄ともいわれることがあります。

横浜銀行のビジネスローンのサービス内容や審査については以下の記事で解説していますので、合わせてご確認ください。

横浜銀行 ビジネスファストローンの商品概要

横浜銀行の法人向け「ビジネスファストローン」商品概要は以下の通りとなります。

金利 2.75%~
担保 無担保
融資期間 最長5年
保証人 必要に応じて代表の方
借り入れ限度額 1,000万円
用途 事業資金

資金調達は何故必要?

ビジネスローン

資金調達は何故必要でしょうか?

事業を進めるうえにおいて、資金はすべての場面で必要となります。

事業を動かす資源のことを経営資源と呼びますが、経営資源を構成するのが「ヒト・モノ・カネ」です。

企業の場合、ヒトを管理する人事部、モノを管理する総務部、カネを管理する経理部という区分があるほど。

ヒトを雇うにもカネが必要ですし、モノを整えるのにもカネが必要です。

また、お金はこれらの経営資源を整えるのに先んじて必要となります。

事業運営におけるカネについて、詳しく流れを見ていきましょう。

事業運営のお金の流れ

事業運営においてお金はどのように流れていくでしょうか?

事業活動をして利益を出すためには、先んじてお金が必要になります。

従業員を動かすためには給料を支払わなければならず、給料を支払うためにはお金が必要です。

多くの場合、売上利益がお金になる前に支出があるので、このタイミングを調整するために資金調達が必要となります。

お金は先に必要

一般的に、お金は先んじて必要とされるものです。

例えば、コンビニなどで食べ物を商品を買うときのことを想定してみてください。

物を買う時は基本的に前払いで、商品の効果を得る前にお金を払う必要があるでしょう。

それと同じで、会社経営においても事業活動をする前に事前にお金が必要になるのです。

お金を先に手に入れるためには適切な資金調達が必要であり、計画的な資金繰りをしなければなりません。

キャッシュフローの考え方

ビジネスローン

資金管理をするためにはキャッシュフローの考え方が有効です。

キャッシュフローとは事業の運営をお金の動きで管理する経営手法のこと。

お金が入るキャッシュインの時期とお金が出ていくキャッシュアウトの時期を調整する必要があります。

キャッシュインの例としては、売上収入や資本金の調達、借入金による入金。

キャッシュアウトの例としては、仕入れ支出や従業員への給与支払いによる出金などが挙げられます。

キャッシュフロー管理においては、現金が不足して支払いが滞ることがないように常にキャッシュのバランスを常に取らなければなりません。

ビジネスローンを活用する際においては、適切にキャッシュフローのバランスを考えてキャッシュフローのバランスを調整する必要があります。

黒字倒産に注意

事業利益がプラスである、すなわち黒字であるにも関わらず倒産してしまうことを黒字倒産といいます。

黒字倒産の原因としては、キャッシュが不足してしまうことが主な原因です。

利益があるにも関わらず、キャッシュが不足する状態だと仕入先や従業員など適切な支払いができなくなります。

また、借り入れがある場合に返済が滞ってしまうと事業者としての信頼を失ってしまうでしょう。

事業を管理する場合には、単に利益が上がるかどうかだけでなく常にお金を切らさないかということにも気を付けなければなりません。

資金を管理するにおいては、事業利益を考慮したうえで資金計画を策定し、ビジネスローンなどで適宜資金調達をしましょう。

売掛金とファクタリングサービス

売掛金を担保に資金を調達する手法のことをファクタリングといいます。

売掛債権などを有効に活用する場合にファクタリングでの資金調達は有効です。

ファクタリングのサービスについては以下の記事で詳しく解説していますので、ファクタリングでの資金調達をご検討の場合につきましては合わせてご確認ください。

事業資金の種類

ビジネスローン

事業資金にはどのような種類があるでしょうか?

ひとくちに事業資金といっても、事業の段階において様々な種類のお金が必要になります。

事業を始める段階においては開業資金が必要。

また、継続して事業を続けていくにおいては運転資金(ランニングコスト)が必要。

事業を拡大する段階においては設備投資資金(イニシャルコスト)が必要になるなど、事業の段階に応じて必要となるお金が異なります。

適切に資金調達するために、自身の事業がどのような段階に置かれているかを認識するといいでしょう。

開業資金

事業を行う際にまとまったお金が必要になる段階の例としては、開業するときに準備するお金があげられます。

開業資金にはお店を運営するために必要な設備や不動産を取得するための費用などがかかります。

その他にも、開業する際に必要な手数料や租税公課などが必要です。

多くの場合、開業資金は事業として何も成果が出ていない段階で始めることになるため、開業資金を調達するのは大変な準備が必要でしょう。

ビジネスローンを有効活用することで、こういった開業資金の調達をスムーズに進めることができるでしょう。

運転資金(ランニングコスト)

ビジネスローン

事業を運営するには継続的な資金が必要です。

事業を継続して運転するための資金のことを運転資金、あるいはランニングコストといいます。

運転資金には例えばお店を運営するための家賃・賃料や従業員へ支払う給料など、毎月定期的に発生する費用のことを指します。

ランニングコストを支払えなくなると、取引先など様々な相手から信用を失ってしまうでしょう。

従業員への給与支払いが滞った場合、貴重な従業員も辞められてしまうかもしれません。

ランニングコストは事業者にとって生命線となりうる費用であるため、切らすことがないように資金管理を行う必要があります。

設備投資資金(イニシャルコスト)

まとまった資金が必要になるのは事業の開始段階だけでなく、事業を拡大するときにも必要です。

例えば、お店の経営が上手くいって経営を増やしたいとき、設備を新しくして生産力をあげたいときなど、設備投資をすることで事業経営を効率化することができます。

事業の拡大をする場合は、既存のビジネスが上手くいっている場合に剰余利益を設備投資に回す方法などがあげられます。

しかし、自前で投資金額を賄えることばかりではないため、ビジネスローンなどの手法で足りない資金を補うことで積極的な設備投資が可能になります。

返済資金

ビジネスローンなど、金融機関からお金を借りた場合には必ず借りたお金を返済しなければなりません。

特に、ビジネスローンでは少しずつ借りたお金を返すことになるため、計画的な資金管理が必要です。

借りたお金を返せないと、金融機関からの信用を失ってしまい、取引の進行の妨げになってしまうことがあります。

また、返済が滞った場合に返済遅滞に関する料金も払わなければならないため、計画的な資金運用を行いましょう。

資金計画と資金調達

ビジネスローン

事業を進めるうえでは資金計画が必要です。

注意するべき点は、リスクを恐れず積極的に資金調達をすること、そして借りたお金をしっかりと返済するように努めること。

相反している2つのことですが、これを両立するのが事業者ならびに財務担当者として必須のスキルとなります。

攻めるところは攻めて、守るところは守り、押し引きを絶妙に調整することが資金計画の運用に求められます。

資本コスト

資金調達をする場合に支払う金利のことを資本コストと呼びます。厳密には資金の調達を維持するための費用が資本コストです。

時間の経過は事業者にとって大きな財産。

例えば、1ヶ月お金を借りる場合に1万円の金利を支払う場合、1ヶ月あたり1万円の資本コストがかかることになります。

事業者にとって、この1万円という資本コストは単に金利手数料とするだけでなく、資金を維持するために必要な出費といえます。

重要なのは、1ヶ月という時間の中で資本コスト以上の利益を出すこと。

1万円の金利を支払っても、10万円の利益を得ることができれば事業全体としてはプラスです。

事業者においては、資本コストをおそれず積極的な投資を行い、資金計画に努めてください。

ビジネスローンを選ぶポイントは?

ビジネスローン

ビジネスローンを選ぶ際にはどのようなポイントに注目すればいいでしょうか?

注目するべきポイントは金利の低さ、借りやすさ、サービス内容といった3点。

ビジネスローンを利用するときは、すぐにお金を借りられるかということも重要になってきます。

金利を抑えてお得にお金を借りるだけでなく、借りやすいサービスであることも重視しましょう。

金利の低さ

ビジネスローンを利用する際は金利に注目。

金利が低いほど金融機関に支払う手数料を抑えることができるため、有利にお金を借りることができます。

金利が1.0%違うだけでも年間で支払う手数料は大きく変わってきます。

ビジネスローンを選ぶ際はなるべく金利の低いものを選択するといいでしょう。

金利とは

金利とは、お金をかかる際にかかる手数料のこと。

ビジネスローンにおける金利は一般的に年間の利率、つまり年利で計算されます。

金利が15.0%のビジネスローンは1年間で18.0%の金利がかかるということです。

月割りで計算されるため、年利18.0%の場合は1ヶ月あたり1.5%の手数料がかかります。

例えば、1,000万円を年利18.0%で借りた場合、1ヶ月あたりの金利は15万円という計算です。

金利が安いほど手数料を抑えられるため、お得にお金を借りることができます。

金利はお金を借りた期間に応じて変動します。

ビジネスローンによっては返済金額を調整することができるので、余裕のある月は多めに返済することで金利を抑えることが可能。

まとまった金額を払って金利を抑えることを繰り上げ返済といいます。

- 1年で払う金利 1ヶ月で払う金利
18.0%で1,000万円を借りた場合 180万円 15万円
12.0%で1,000万円を借りた場合 120万円 10万円

借りやすさ

ビジネスローン

ビジネスローンを利用するときは借りやすさにも注目。

事業を進めるうえでは、取引先に支払いしなければならないなど、急にまとまった金額が必要になる場合も多いです。

そのような場合、すぐにお金を借りることのできるサービスは重宝するでしょう。

借りやすいサービスであるかどうかは、実際にお金を借りるまでの期間や審査手続きの素早さなどを比較してください。

即日融資

一般的に、即日融資が可能なのは消費者金融系のサービスのみです。

消費者金融系は借りやすいサービスであることが特徴であり、便利にお金を借りることができます。

サービス内容

ビジネスローンを利用する場合にはサービス内容にも注目。

例えば、信販系のビジネスローンにおいてはグループ会社の金融サービスを利用するとポイントが貯まりやすくなるなど、お得にサービスを受けることができます。

事業の内容に応じて、どのサービスを利用すれば有利になるか考えながらビジネスローンを選んでみてください。

ビジネスローンを使うときの注意点

ビジネスローン

便利にお金を借りられるビジネスローンですが、いくつか注意点があります。

第1に、借りたお金は返さなければならないということを忘れてはいけません。

また、お金を借りすぎると金利がかさんでしまい、毎月多額の金利手数料を支払わなければなりません。

ビジネスローンを利用する場合には、事業規模に見合った資金計画を立てましょう。

返済計画を立てる

ビジネスローンに限らず、お金を借りる場合にはしっかりとした返済計画を立てる必要があります。

借りたお金はどのように使うか、どのように返済していくかなどを考慮したうえで返済計画を立てます。

事業利益をどのように出すか、資金調達と返済はどのように進めていくかを考えていくことは経営者としての腕の見せどころです。

借りすぎない

ビジネスローンを利用するときは借りすぎに注意。

ビジネスローンの利用実績は個人情報として登録されます。

そのため、年収に対して借りすぎたり返済が滞ったりすると新たにお金を借りることができなくなってしまいます。

お金を借りるときは事業規模にあった金額であること、返済していける計画があることを確認したうえで資金調達を行いましょう。

審査に通りやすくするには?

ビジネスローン

ビジネスローンを利用するには所定の審査を受ける必要があります。

審査とは、貸し手である金融機関がお金を貸すときに判断する手順のこと。

審査の基準としては、きちんとお金を返していける事業者であるかといったことが主な争点となります。

ビジネスローンの審査については、以下の基準で詳しく解説していますので、合わせてご確認ください。

事業計画を作成する

お金を借りる際の審査に通過するには事業計画を作成することが必要。

事業計画とは、事業がどのような利益を出していくかということ。

また、借りた資金をどのようにお金をどのように運用していくか、どのような返済計画を立てていくかということも重要です。

ビジネスローンの場合はきちんとした事業計画書の提出を求められることは少ないですが、事業計画を作成しておくことで自分の事業についての責任を再確認することにも繋がります。

しっかりとした事業計画を作成することで、将来の方針が見えてくるでしょう。

資本力を高める

ビジネスローン

審査に通りやすくなるためには、資本力を高めることが必要。

審査の基準としては、借りたお金をきちんと返していけるかといったことが重視されます。

資本力の高い事業者は返済能力が高いとされ、審査が通りやすくなるでしょう。

資本力とは事業者が持っている資産のこと。株式会社の場合には自己資本が多いことも審査の要件となります。

ビジネスローンの申し込みでは事業者の資産状況や年収などが確認の対象となることがあります。

しっかりと返済できるだけの資産を持っているかといったことがチェックされるのです。

また、事業規模に際して借り入れ金額が多すぎないかといったことも確認しましょう。

信用情報を確認する

審査が通るかどうか不安な場合は事前に信用情報を確認しましょう。

信用情報を確認するためには、国が指定した信用機関に情報を請求することでご自身の信用情報を確認することができます。

借入金の滞納などがあると信用情報に情報が残ってしまうため、注意しましょう。

信用機関

信用情報を確認したい場合は、信用機関に情報を請求することでご自身の信用情報を確認できます。

以下に代表的な信用機関のリンクを掲載しますので、必要に応じて確認をしてください。

CIC(貸金業法指定信用情報機関) https://www.cic.co.jp/
JICC(日本信用情報機構) https://www.jicc.co.jp/

信用情報のブラックリストとは?

信用情報に傷が残ったり金融事故を起こしてしまうと、いわゆるブラックリストに載ってしまいます。

返済が滞ったり、自己破産をした場合にブラックリストに掲載されます。

金融機関は審査の際に個人の信用情報を確認するため、ブラックリストに掲載されてしまうと新たに借り入れをすることが難しくなってしまうでしょう。

ブラックリストに1度載ってしまっても永遠に載り続けるわけではなく、5年~10年ほどでリストから解除されます。

ビジネスローンで資金繰りを強化しよう!

ビジネスローン

便利なビジネスローンのおすすめランキングを紹介していきました。

事業を進めるにおいて、便利にお金を借りることのできるビジネスローンは大いに役立つものでしょう。

事業の運営には資金が必要であり、資金は事業を成り立たせるための力の源といえます。

資金運営を計画に行うことで、事業の方針も見えてくるでしょう。

ビジネスローンの特徴は借りやすいこと。

無担保・無保証で借りられるサービスも多く、来店不要でWeb申込で利用可能など忙しい事業者にも便利なサービスがたくさんあります。

ビジネスローンを選ぶ際には金利や借りやすさに注目。

すぐにお金が必要か、あるいは金利を少しでも抑えたいか、事業の状況に応じてサービスを選びましょう。

多くの金融機関が便利なビジネスローンのサービスを提供しており、事業者の資金調達にとって大いに役立つ存在となっています。

おすすめのビジネスローンは以下の通り。

事業の運営の大きな味方であるビジネスローンを有効活用し、効率的な資金調達に役立ててください!

 

個人事業主におすすめのビジネスローンランキング

  1. PayPay銀行|低金利が魅力のネット銀行系ビジネスローン
  2. アイフルビジネスファイナンス|借りやすさが魅力の消費者金融系ビジネスローン
  3. りそな銀行ビジネスローン「活動力」|低金利の銀行系ビジネスローン
  4. プロミス自営者カードローン|用途自由の個人事業者向けビジネスローン
  5. アコムビジネスサポートカードローン|即日融資で借りやすい消費者金融系ビジネスローン
  6. オリコビジネスカード「CREST for BIZ」|オリコグループの信販系ビジネスローン
  7. 楽天スーパービジネスローン|楽天グループの事業者向けビジネスローン

法人向けにおすすめのビジネスローンランキング

  1. MRF|専門性豊富なスタッフがサポートするビジネスローン
  2. 三菱UFJ銀行 BIZLENDING|スピーディーな審査が魅力の新しい銀行系ビジネスローン
  3. セゾンファンデックスの不動産担保ローン|不動産を担保としたビジネスローン
  4. 三井住友銀行ビジネスセレクトローン|最大1億円のワイド融資
  5. 東京スター銀行スタービジネスカードローン|東京スター銀行のビジネスローン
  6. 横浜銀行ビジネスファストローン|横浜銀行のビジネスローン

 

-ビジネスローン
-, , ,

© 2021 President Note Powered by AFFINGER5