事業融資 資金調達

法人の銀行融資で審査を通りやすくするには?銀行から融資を受ける方法を解説

資金調達

ファクタリング業者なら「資金調達.com」!
「資金調達.com」は、最短即日・スピード資金調達が強み。全国どこでもOKで、最大1億円の資金調達が可能となっています。

 

法人が銀行融資を受けるには

資金調達

事業の運営には資金調達が必要です。特に事業を運営していくにははじめに準備が必要で、開業資金を調達するために資金調達を行わなければなりません。

個人に比べると法人は銀行の融資を受けやすいです。個人よりも法人の方が返済の支払い能力に優れており、まとまった融資を受けるには法人は有利に存在になるでしょう。返済能力に優れた法人であることを示すことが、銀行融資を受けるのに必要といえます。

銀行融資を受けるには、所定の審査を受ける必要があります。本項では、法人が銀行融資を受ける際に審査を通りやすくする方法や、銀行から融資を受ける方法を紹介していきます。

事業には資金調達が必要

利益を生み出すためには資金が必要です。資金の入出管理をするにはキャッシュフローの考えが役に立ちます。設備投資などで資金が流出することをキャッシュアウト(資金の流出)、売上など収益をあげることで資金が流入することをキャッシュイン(資金の流入)といいます。

事業の運営には総合の期間で見てキャッシュインがキャッシュアウトを上回り、黒字を出さなければなりません。しかし、キャッシュアウトは事業の初期段階で大きくなりがちです。事業の初期段階には大規模な設備投資や土地を借りる必要があり、多額の資金が必要になるのです。

事業を運営するためには、初期費用を捻出するために資金調達が必要になるのです。

銀行融資の審査

資金調達

銀行融資には審査を受ける必要があります。

銀行融資の審査はどのよう手順で行われるでしょうか。詳細を確認していきましょう。

銀行融資には審査が必要

銀行でお金を借りるには審査が必要です。銀行は貸し倒れのリスクを回避するために、しっかりと返済能力があるか審査する必要があります。貸し倒れとは、銀行にとって貸したお金が倒産などの事由により回収できなくなることです。銀行融資を受けるためには、こうした貸し倒れのリスクが少ない事業者であることをアピールすることを念頭に入れておきましょう。

融資を受けるには、銀行の相談窓口で融資の申し込みをします。審査を受けるには、お金を貸してもらうために提出する書類を準備します。決算書や確定申告書など、企業の財務状況が分かるものを用意しましょう。

銀行融資の審査は、以下の手順です。

銀行融資の窓口に相談

審査に必要な書類を提出する

審査を受ける

銀行融資により資金を調達する

返済条件に基づき、借入金の返済を行う

審査に受かるためには

資金調達

審査に受かるためにはどのようなことに気を付ければいいでしょうか。

銀行は提出された決算書類などを元に、企業の格付けを行っていきます。財務状況が健全で、返済能力が十分あることを認められれば格付けの高い企業とされていきます。

財務状況を改善する

融資を受けやすくするには、財務状況を改善する必要があります。銀行が融資をする際に一番気を付けるのは、返済能力があるかどうかです。融資をしたのに倒産などにより貸したお金が返ってこなくなることを貸し倒れといいます。銀行はこの貸し倒れのリスクを回避するために、しっかりと企業の財務状況をチェックします。

財務状況が健全であることをアピールするには、財務諸表をチェック。財務状況が健全である状況とは、資本金が手厚いこと、利益をあげていることが挙げられます。

資本金が手厚いことは、貸借対照表に表示されている資本金の金額が多い状況です。資本金が手厚いと、会社に万一のことがあっても返済能力があるとみなされます。

資本金を分析するには、自己資本比率などの財務指標を見る必要があります。自己資本比率とは、総資産のうちどれだけ自己資本が占めているか表す指標です。例えば、総資産が1,000万円の企業で、資本金が400万円ある会社だと400万円/1,000万円=40%という自己資本比率です。1,000万円の企業で、資本金が100万円の会社の場合は100万円/1,000万円=10%という自己資本比率です。自己資本比率が高い企業ほど、返済能力が高い企業であるといえるのです。

利益をあげていることは、企業に定期的な収入があることを示します。利益をあげている状況であれば、定期的な収入を返済に回すことが出来ます。

利益を分析するには、自己資本利益率などの財務諸表を確認しましょう。自己資本利益率(ROE)とは、自己資本のうち利益がどれぐらい占めているか割合を示すものです。例えば、資本金が400万円の会社で利益を50万円あげている場合、自己資本利益率は50万円/400万円=12.5%という数字になります。この数値が高い企業ほど返済能力が高い企業であるといえます。

経営計画を作成する

契約

財務状況を改善することが重要ですが、特にスタートアップ期の会社の場合はアピールする実績がないこともあります。

将来的に利益を生み出せるビジネスモデルであることをアピールしましょう。例えば、成長市場であること、十分な事業運営ノウハウがあるというエビデンスを示すことで、客観性が備わった納得いく経営計画を示すことができるでしょう。

融資を受けるために経営企画を作成する際は、調達した資金の説明も細かに明示する必要があります。調達した資金をどのように使うか、どのように運営していくことで利益を生み出していくかをストーリー立てて説明するのです。事業が収益をあげる計画に無理がないか、資金の返済スケジュールのないものであるかを確認されるのです。

銀行の融資を受けるためには、客観性のある経営計画を作成しましょう。

事業の健全性をアピールする

設備

銀行の審査を受けるには、事業の健全性をアピールする必要があります。事業の健全性とは、安定して収益をあげられること、事業を継続して運営できることです。

事業の健全性をアピールするには、事業計画の作成や、調達した資金をどのように使っていくか、どのように返済していくかを長期的に計画していくことが求められます。利益を生み出すことで、資金繰りに余裕ができるため、融資の返済や更なる資金調達へと回っていき、事業を成長するサイクルへと育っていくでしょう。

計画的に事業を運営していくことをアピールすることで、審査も通りやすくなるでしょう。

銀行から融資を受ける方法

資金調達

銀行から融資を受けるにはどのような方法があるでしょうか。

おすすめなのがネット銀行です。

ジャパンネット銀行のビジネスローンを例に銀行で融資を受ける方法を見ていきましょう。

ジャパンネット銀行のビジネスローン

ジャパンネット銀行

ジャパンネット銀行では、ネットで簡単に審査申し込みをできます。来店不要なので、時間が限られているビジネスマンにとっては非常にありがたいものです。

来店、担保、保証人が不要で、ご利用限度額以内であれば何度でも借入ができるなどの使いやすさも魅力です。

審査の手順としては、所定の書類をメールやFAX、郵送などで送ります。送付した書類を元に審査が進められていき、融資の可否が決まります。

具体的な手続きを見ていきましょう。

口座を開設する

借入を行うためにはジャパンネット銀行のアカウントを作成します。

審査自体は口座が無くても手続きは進められますが、借入にはジャパンネット銀行の口座が必要です。融資するときのことを考えて、あらかじめ準備しておくといいでしょう。

審査に申し込む

資金調達

融資を受けるには所定の審査が必要です。

審査を受けるには、決算書など一定の書類が必要です。案内に従って必要な書類が求められるので、案内に従って書類を準備しましょう。

必要な書類とは、確定申告書や貸借対照表、損益計算書などの財務諸表です。

借入には業歴2年以上、あるいは2期以上の決算が必要です。個人事業主から法人成りした場合は、2年間の業歴があれば利用することができます。

借入の手続き

審査に通ったら、借入の手続き。

ジャパンネット銀行ではオンライン上で簡単に借入の処理を行えます。オンライン上のシステムにログインして、必要な金額を入力するだけで指定の金額へ入金されます。

ジャパンネット銀行では、ビジネスローンとしてカードローンを利用することが可能です。ネットで申し込みを行うため、来店不要で申し込めることが特徴。

ビジネスローンには他の金融機関と同様に審査が必要です。ジャパンネット銀行のビジネスローンでは、定められた借入限度額内であればいつでも借入が可能など迅速な資金調達が可能です。

ビジネスにおいては資金の調達が不規則になることもあり、資金繰りの都合がつかないこともあるでしょう。一定の限度額であれば、借入中であっても繰り返し難度でも借入を行えます。そういった場合でも、柔軟に資金調達のできるサービスを利用できるのです。

返済

資金調達

借りたお金は返さなければなりません。

ジャパンネット銀行では口座引き落としにより返済を行うので、返済の期日までに指定の口座に入金しておくだけで返済することができます。

返済日を10日、20日、月末と指定できるのも資金繰りには嬉しいポイントです。繰り上げ返済や一部返済をすることで、利子の負担を軽くすることもできます。

融資の返済には計画的な資金繰りが必要です。事業を適切に運営すると共に、資金の入出の管理を適宜行うことが求められます。借りたお金を返せなくなると、信用情報を損なってしまう場合があるので、融資の返済は厳守しましょう。

銀行以外からの資金調達

資金調達

資金を調達するには民間の金融機関以外から資金を調達する方法もあります。

例えば、手持ちの資産を現金化するという手法です。ファクタリングは売掛債権などの資産を現金化することで、迅速な資金調達が可能になります。民間の金融機関以外にも政府の金融機関を活用するといった方法も考慮しておきましょう。

このように、民間の銀行以外から融資を受けるサービスは多数存在するのです。柔軟な資金調達をするために、あらゆる方法を選択肢に入れてください。

政府からの融資

jfc

日本政策金融公庫(以下、日本公庫)は財務省が管轄する政策金融機関です。公益性のある事業や、スタートアップ期の企業を対象に融資を行います。

日本公庫では特にスタートアップ期など融資のリスクが高い事業者への融資を積極的に行っています。民間の金融機関では融資が敬遠されがちである小規模事業者や中小企業へ融資をすることで、地域経済の活性化に寄与するのです。中小企業にとって、日本公庫は資金調達の際に大切なビジネスパートナーといえるでしょう。

日本公庫でお金を借りる際は、民間の金融機関と同様に審査が必要になります。日本公庫では中小企業に積極的に融資をしていますが、審査が通りやすいということはありません。リスクのある投資先であるからこそ、事前に納得性のある融資の必要性を説明する必要があるのです。

審査には事業計画書の提出および面談、必要に応じて店舗や工場などの視察が行われます。

ファクタリング

ウィット

融資以外にも、売掛債権などの資産を現金化するファクタリングなどの手法があります。ファクタリングとは、売掛債権など将来現金化する予定のある資産を現金化するサービスです。企業の資金繰りがスピーディになるため、特に資金繰りの回転が早い事業者にとって貴重なサービスです。

ウィット」では法人などの事業者向けのファクタリングサービスを実施しています。完全非対面でサービスを利用できるため、来店不要でスマートフォンやPCから申し込みが可能です。小口の取引も行っており、すぐにまとまった資金が必要という場合に重宝するでしょう。

迅速な資金調達を行うためには、ファクタリングなどのサービスを利用することも考慮に入れましょう。

融資を有効活用して事業運営をする

公園

法人が資金調達を行う必要性と、銀行融資を受ける方法について見ていきました。

銀行の融資を受けるためには、所定の審査をクリアする必要があります。そのためには、財務状況を改善して返済能力をアピールすること、納得性のある事業計画を作成して資金調達の必要性を理解してもらうことが必要です。

審査のために事業計画を作成することで、自身の事業について理解を深めることができるでしょう。何のために資金を調達するのか、資金をどう使えば事業が拡大していくか綿密に計画立てることがビジネス成功の鍵といえます。

資金調達は企業を成長させていくのに重要なことです。積極的に資金調達をして事業を拡大させていきましょう。

 

銀行融資において鍵となるのは事業計画書。事業計画書の作成方法をこちらの記事で紹介しています!

最短即日で資金調達|おすすめのファクタリング会社3選

  1. 株式会社ウィット|個人事業主でも利用可能、完全非対面で利用OK
  2. いーばんく|最短で即日の入金が可能、審査通過率90%超
  3. ファクタリングZERO|福岡~大阪の西日本に特化、保証人不要

-事業融資, 資金調達
-, , , , ,

© 2021 President Note Powered by AFFINGER5