経営者の健康から企業経営の成長を考えてみませんか

経営者のための
健康経営セミナー

2017

「経営者の健康管理」×
「助成金で会社を強くする仕組み」

経営者の健康は、企業の経営基盤であり、事業成長のためのエネルギーの源です。経営者を取り巻く最新の医療システム。そして、あなたの企業を守る「あるべき企業の健康管理」をテーマにセミナーを開催します。さらに、健康に意識の高い経営者のために使える最新の助成金についても併せて解説していきます。

日時 2/28 15:00-18:00
場所 TKP東京駅前カンファレンスセンター 5A
入場無料
定員 50名

セミナー参加をご希望される方は、ホームページ、FAX、よりお申し込みください。定員になり次第、締め切りとさせて頂きます。

プログラムProgram

  • 第1部

  • 「経営者はガンで死んでも、ボケてもいけません!」 ?超早期予防で会社と従業員を守るために?

    宇都宮セントラルクリニック理事 
    佐藤 俊彦 氏

    高齢化社会の中でのリスクは、長生きによる発がんリスクと認知症リスクと言えます。
    中小企業経営者や士業で生計を立てている皆様におかれましては、会社の運命を社長様が担っているといっても過言ではありません。
    超多忙な皆様は、進行した状態でガンや認知症が見つかった場合、治療に専念することができなくなってしまう現実があります。したがって、超早期予防が重要となってくるわけです。
      高度な画像診断だけでは不十分で、ステージ0のガンを見つけるために、テロメスキャンとの組み合わせが重要です。また、認知症は、最近アミロイド仮説に異論が呈される中、イーライリリーが、認知症薬の開発を中断しました。これはアミロイド仮説そのものを否定する結果となり、長谷川先生のホモシステイン酸仮説が有力と考えられています。ホモシステイン酸を無毒化するには、サプリメントによる方法とワクチンによる方法があります。まずは、画像診断でMCIの状態で認知症を早期発見し、サプリメントでホモシステイン酸を下げるのが現在最もベストな方法です。

    佐藤 俊彦(さとう としひこ)

    講師プロフィール

    佐藤 俊彦(さとう としひこ) 
    昭和35年9月17日生 福島県

    【経歴】
    1985年 福島県立医科大学卒業、同大学放射線科入局
    1987年 日本医科大学 第一病院放射線科助手
    1989年 獨協医科大学 放射線科助手
    1993年 鷲谷病院 副院長
    1995年 (有)ドクターネット(現(株)CMC)代表取締役社長
    1997年 宇都宮セントラルクリニック(現(医)DIC宇都宮セントラルクリニック)設立
    代表就任
    2002年 (株)ドクターネット 代表取締役社長 (2011年 退任)
    2008年 (医)DIC 理事 就任
    2010年 (株)AIIM JAPAN 設立 代表取締役社長 就任
    2011年 Medical Research(株)設立 顧問 就任
    (株)共生医学研究所 取締役 就任(2015年2月退任)
    (株)フリール 取締役 就任
    2012年 米国財団法人 野口医学研究所 常務理事 就任
    野口記念インターナショナル画像診断クリニック(現医療法人NIDC) 設立
    院長 就任
    2014年 東北福祉大学 特任教授 受任(2016年3月まで)
    NPO法人 ピンクリボンうつのみや 設立 理事長就任
    2016年 トーマスジェファーソン大学 客員教授 就任
    【現在】
    宇都宮セントラルクリニック 理事
    セントラルメディカル倶楽部 顧問医
    (株)AIIM JAPAN 代表取締役社長
    Medical Research(株) 顧問
    株)フリール 取締役
    米国財団法人 野口医学研究所 理事
    NPO野口医学研究所 専務理事
    トーマスジェファーソン大学 客員教授
  • 第2部

  • 「健康経営実現のために 
    2017年 使える助成金最新情報」

    株式会社GIコンサルティングパートナーズ 
    代表取締役 
    赤澤 宣幸 氏

    皆様、まずはW助成金WとW補助金W、この違いをご存知ですか?
    助成金や補助金の恩恵を受けることによって見違えるような躍進を見せている企業は年々増加傾向にあり、あまり知られていませんが、有名上場企業の中にも毎年多額の助成金・補助金を得ている企業は、実は少なくありません。
    そういった初歩的な部分のお話から最新の助成金情報まで、そして獲得にあたってのポイント・留意点など含め、実例を交えながら具体的にお伝えしてまいります。

    赤澤 宣幸(あかざわ のりゆき)

    講師プロフィール

    赤澤 宣幸(あかざわ のりゆき)

    【経歴】

    富士ゼロックス(株)、(株)船井総合研究所で経営コンサルティングの経験を積み重ねた後、独立。経営戦略から業務改革・集客マーケティングまでをトータルで企業経営を強力に支援。 中小企業に強い経営コンサルタントとして多くの実績を持つ。全国に多くのクライアント企業をかかえ、非常に高い成果の出せる経営コンサルタントとして活躍している。

    【これまでに獲得をご支援した助成金(実績ベース)】

    キャリアアップ助成金/キャリア形成助成金/職場定着支援制度/トライアル雇用奨励金/特定就職困難者雇用開発助成金/高年齢者雇用開発特別奨励金/高齢者雇用安定助成金/中小企業労働環境向上助成金/両立支援等助成金/ものづくり・商業・サービス新展開補助金/創業補助金/小規模事業者持続化補助金/市場開拓助成事業・・・など多数実績あり。

会場案内Access

会場

TKP東京駅前カンファレンスセンター5A

東京都中央区八重洲1丁目5-20
石塚八重洲ビル 5F

アクセス

  • JR東京駅八重洲北口から徒歩1分
  • 東京メトロ銀座線 日本橋(東京都)駅 A3出口 徒歩3分
  • 都営浅草線 日本橋(東京都)駅 A3出口 徒歩3分
  • 東京メトロ丸ノ内線 大手町駅 B9出口 徒歩3分
  • 東京メトロ千代田線 大手町駅 B9出口 徒歩3分
  • 東京メトロ半蔵門線 大手町駅 B9出口 徒歩3分
  • 都営三田線 大手町駅 B9出口 徒歩3分

書籍紹介Books

セミナー講師 佐藤俊彦著書の書籍をご紹介いたします。

がんでは死なない!ボケにもならない! / 佐藤俊彦著・メタモル出版

がんでは死なない!ボケにもならない!

佐藤俊彦著・メタモル出版

医療崩壊 回避できず / 佐藤俊彦著・デジタルメディスン

医療崩壊 回避できず

佐藤俊彦著・デジタルメディスン

100歳まで現役で生きる人のシンプルな習慣 / 佐藤俊彦著・幻冬舎

100歳まで現役で生きる人のシンプルな習慣

佐藤俊彦著・幻冬舎

だから放射線科医はおもしろい! / 佐藤俊彦著・現代書林

だから放射線科医はおもしろい!

佐藤俊彦著・現代書林

福島原発事故「2015年問題」の真実 / 佐藤俊彦著・現代書林

福島原発事故「2015年問題」の真実

佐藤俊彦著・現代書林

最先端検査が実現した 超早期乳がん最新治療 / 佐藤俊彦著・現代書林

最先端検査が実現した 超早期乳がん最新治療

佐藤俊彦著・現代書林

がん消滅 「見えないがん」を見つけて叩く / 佐藤俊彦著・現代書林

がん消滅 「見えないがん」を見つけて叩く

佐藤俊彦著・現代書林

ボケは止められる! / 佐藤俊彦著・パブラボ

ボケは止められる!

佐藤俊彦著・パブラボ

あなたのがんは「これ」で9割防げる / 佐藤俊彦著・幻冬舎

あなたのがんは「これ」で9割防げる

佐藤俊彦著・幻冬舎

薬いらずで、認知症は防げる、治せる! / 佐藤俊彦共著・イースト・プレス

薬いらずで、認知症は防げる、治せる!

佐藤俊彦共著・イースト・プレス

CMCについてCentral Medical Club

セントラルメディカル倶楽部は、顧問医、テーラーメイド医療、最新検査機器によって、がんや成人病などから健康を守る健康管理システムをご提供しています。


お問い合わせ・ご相談は
tel. 028-657-5215 fax. 028-657-5216
受付時間:月?土 9:00?18:00
セントラルメディカル倶楽部
株式会社CMC
〒321-0112 栃木県宇都宮市屋板町561-10

機器のご紹介

PET-CT検査
PET-CT検査

CMCでは、がんの全身検索に有用とされているPE T/CT装置を導入しております。
この装置は、CT画像を同時に撮影することにより、機能画像と形態画像をスピーディーに取得する事ができます。

PEM
PEM

PEM(ペム)は、医療の最先端を行く欧米を中心に全世界で約70施設でしか導入されていない最新鋭の乳房専用PET検査装置(病理精密検査対応装置)です。
乳がんの早期発見・再診の「正確さ」と「見つけやすさ」が飛躍的に向上しています。

MRI検査
MRI検査

SIEMENS社の3.0T-MRIを追加導入し、既存のPHILIPS社製のMRI2台をアップグレードしました。これにより、全てフルデジタルとなり早期に高性能の機器で検査を行っております。

お申し込み・お問い合わせContact


「お名前」「住所」「ご連絡先」「参加人数」
をご記入の上、ご送信ください。


お問い合わせ・お申し込みフォーム

必須 お名前
必須 メールアドレス
必須 ご連絡先電話番号
必須 ご住所
必須 参加人数
 人
任意 メッセージ本文
個人情報のお取り扱いについて